string(38) "https://www.e-begin.jp/article/374816/"
int(1)
int(1)
  

驚異のクッション性を誇るNB「フレッシュフォーム」シリーズの人気ロット「880 v12」に、アルペン限定のモノトーンカラーが登場。走ってよし・歩いてよしのマルチプレーヤーっぷりへ、街着への合わせやすさという新たな魅力が加わりました。となればその汎用性は“∞”大! スポーツ好きモデルの呉山賢治さんとともに、新世代NBの底ヂカラに迫ります!!

“880の底ヂカラ”Reporter

モデル
呉山賢治さん

モードもカジュアルもこなす全方位型の人気モデル。スポーツ万能で、ヨガインストラクターとしても活動する。旅先でもジムを探してはランニング、フィットネスなどをこなすスポーツ好きで、もちろんニューバランスも愛用。数年前に買ったランニングモデルは「スーツにもジムにも超万能!」とは本人の談。

―What’s “Fresh Form 880”?―
超人気モデルが限定カラーでもっとマルチに!
コンセプトに“360°コンフォート”を掲げる先進の「フレッシュフォーム」シリーズ。その中核モデルである「フレッシュフォーム880 v12」が、モノトーンカラーを纏いシックにイメチェン。ファッションとの親和性がグッと増した。もちろん、抜群のクッション性や軽量性といったパフォーマンスはそのまま♡ 一度履いたら、運動からお出掛けまで、いつでも履きたくなっちゃうことウケアイだ。1万4300円(アルペンお客さま係☎052-559-0160 https://store.alpen-group.jp/

880が持つ“∞”の底ヂカラ
ソールがすごい!並外れた【コンフォート性】@RUNNING

ニューバランスのフーデッドウーブンジャケット1万2100円、ジョガー8800円、ロングスリーブTシャツ5280円、ビーニー3850円(以上、アルペンお客さま係)

【“底”がPOINT!①】接地の衝撃を和らげる高いクッション性

ミッドソールの「フレッシュフォームX」は、優れた衝撃吸収性に加えて、軽量性や柔軟性、反発弾性といった、ランニングパフォーマンスに求められる性能を高次元で備えたコンパウンド。本モデルはこれを硬度の異なる2種類組み合わせているのが特徴で、接地時の衝撃吸収性がキモとなる後部には、柔らかなそれを用いている。衝撃をソフトにいなしてくれるため膝にも優しく、ロングランにも頼もしい。

【“底”がPOINT!②】蹴りだしをサポートする優れた反発力

硬度の異なる2つの「フレッシュフォームX」を使用している旨は①で述べたが、トウ側の前足部には硬めのそれが用いられている。そのため蹴り出す際に沈み込み過ぎて推進力を逃がしてしまうことがなく、蹴り出しを力強くサポートしてくれるのだ。また、トウとヒールが丸まった“揺りかご”のようなロッカー構造とのコンボにより、スムーズな足運びを促す。

【“底”がPOINT!③】安定した走行&歩行を促すアウトソール

アッパーから大きくせり出したソールは、足位に対してかなり幅広。これがNBならではのアーチサポートやしっかりした踵のホールドと相まって、走行や歩行の安定性を高めてくれる。荷重によって溝を除く全面が接地する「フルグラウンドコンタクトソール」設計も、ブレの少ない安定したライドのキモだ。

【“底”がPOINT!④】“外側は凹・内側は凸”のミッドソール

フレッシュフォームの核心部、テクノロジーの粋は、実はナッツ型の凹凸にある。NBは、衝撃や荷重によって生じるミッドソール各部の変形を徹底解析。凹を入れるのと凸を入れるのでは変形のしやすさに違いがあり、外側のセクションには“変形しやすい”凹を配して衝撃をいなし、内側のセクションには“変形しづらい”凸を配して倒れ込まないようしっかり保持する──。といった具合に、各部に求められる性能に即して、凹凸を最適なバランスに配置し変形を調整しているのだ!

 

ニューバランスのライトパデッドベスト8800円、ジョガー8800円、ロングスリーブTシャツ5280円、ビーニー3850円(以上、アルペンお客さま係)

クッション性が素晴らしいですね。でも前は沈み込みすぎないからスッと蹴り出せる。新鮮な感覚でした。これなら長時間でも気持ちよく走れそうです。


“∞”の底ヂカラで街にもフィット!
普段着にも合うオールマイティな【ファッション性】@TOWN

ニューバランスのオーバサイズ テックフリースフーディ8800円、ワイドテーパードパンツ9700円(以上、アルペンお客さま係)

【普段使いPOINT①】モノトーンカラーが着こなしを邪魔しない

原色バキバキのランニングシューズは、スポーツスタイルには滅法映えるが、その一方で普段使いしづらい。その点、アルペン限定の本モデルは馴染みのよいシックなモノトーンカラー。色合わせを気にする必要もないため、ご覧のとおり、ガッツリ普段着に合わせられるのだ!

【普段使いPOINT②】ロゴの主張が控えめ=タウンユースに合う

Nロゴは大振りなのだが、輪郭のみで表現して中を抜いたデザイン。輪郭もあえてすべてをなぞらない意匠になっていて、下には豆粒大の小Nロゴが。モノトーンカラーと併せて、ロゴの主張が控えめなのもタウンユースしやすい所以だ。

【普段使いPOINT③】ヒールの反射材は見た目のアクセントにも◎

補強を兼ねて付けられたヒールパーツは、リフレクター仕様。ちょっとしたアクセントを添えるとともに、夜間のジョギングやウォーキング、自転車移動にも心強い。
ちなみに、アッパーは二層のダブルジャカードメッシュ仕様。大小の穴から下層の黒が覗き、メランジ調の豊かな表情を醸すのもポイントだ。黒が覗く大小のこの穴が、実はアッパーの“伸び”を考慮して計算づくで配置されている──というのはまた、別の話。

 

 

 

キレイめのパンツに合わせても、ホントに違和感がありませんね。履き心地がとにかくイイし、これは街でも履きたい!


結論!「880」は∞の万能性を秘めている!

硬軟の異なる2種の「フレッシュフォームX」を組み合わせた先進のミッドソールや、ダブルジャカードメッシュが織りなす360°のコンフォート──。日本ではライフスタイルモデルの人気が高いNBですが、この超快適にして安定感のある履き心地を一度味わえば、海外の主力が実は「フレッシュフォーム」シリーズだという話も頷けるでしょう。かつ、シックなモノトーンカラーでファッション性も◎となれば、全方位死角ナシ。“∞の万能性”って例えも大袈裟じゃありません。オーセンティックなNB好きなアナタにも、自信を持ってオススメする次第です!!

限定カラーは他にも!

今回のモノトーンを含めた限定カラーは、メンズ、レディスともに2色ずつ展開。いずれもアルペンとニューバランス(直営店・EC)限定での取り扱いとなる。各1万4300円。


■シューズ(フレッシュフォーム880)の問い合わせ先
アルペンお客さま係
☎052-559-0160
https://store.alpen-group.jp/lp/contents1/3019

■ニューバランスアパレル(THE CITY コレクション)に関するお問い合わせ先
アルペンお客さま係
☎ 052-559-0160
https://store.alpen-group.jp/campaign/sportsdepo_alpen/brand/newbalance/the-city/

ニューバランス ジャパンお客様相談室
☎ 0120-85-7120

※表示価格は税込み


写真/山本雄生 文/秦 大輔 スタイリング/飯塚 峻 ヘアメイク/北村達彦

特集・連載「New Balance」の最新記事

ニューバランス「フレッシュフォーム880」は“∞”の底ヂカラ!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ