アーバンリサーチ

信頼ある名門は、定番が進化していくものです。そこで時代の変化を感じる今こそ、名門の新定番バッグをチェックしておくべし。この先10年、心地よく使える鞄がこちらです!

【フィルソン】の新定番バッグ
軽量化しても無骨でいられるワケ

FILSON フィルソン オイルフィニッシュ リュックサック

フィルソンの名品として数えられる、オイルドのティンクロスのバッグも、じつは心地よく進化を遂げている。

丈夫で水に強いティンクロスを継承しながら、レザーパーツをナイロンに替えて軽量化に成功。フロントのストラップは開閉容易なフック式、ハーネスと背面にはクッション性と通気性に優れたパッドを備える。

さらにメイン室はPCスリーブ付きで、クラシカルな表情と現代的なディテールを両立。名門の良心を感じさせる新定番だ。
 

オイルドクロスとレザーコンビの定番が……

FILSON フィルソン

 

クラシカル顔で現代の装備に進化!

FILSON フィルソン オイルフィニッシュ リュックサック

FILSON[フィルソン]
オイルフィニッシュ リュックサック

従来レザー製だったハーネスやフラップの留め具などをナイロンに変更し軽量化。中にはPCスリーブも設置し無骨な顔立ちながらも現代的な仕上がりに。W13×H17×D7cm。3万1900円(フィルソン トーキョー ストア)

FILSON フィルソン オイルフィニッシュ リュックサック
ハーネスと背面もクッション性と通気性に優れる

ティンクロスのティンって?

カウボーイ

米国北西部では過酷な環境下で働くためのワークウェア、バッグの素材のスタンダードとして知られるティンクロス。ティンとはTin(スズ)を指し、缶のように保護機能と防水性に優れるということを意味していた。

FILSON フィルソン

 
ラギッドワーカー御用達
FILSON[フィルソン]
Since 1897 アメリカ

シアトルにて、ゴールドラッシュに挑むためのアウトドアメーカーとして設立。マッキーノクルーザーといったウェアをはじめ、鞄も名品として知られる。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年6月号

Begin 2022年6月号

靴&鞄ブランド大研究

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「靴&鞄ブランド大研究」の最新記事

クラシカル顔で現代の装備に進化した! フィルソンのリュックサック

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ