シップス×Begin

木村石鹸 12/JU-NI ヘアシャンプー・コンディショナー

創業96年を迎えた大阪の老舗せっけんメーカー「木村石鹸」から生まれたシャンプー&コンディショナー「12/JU-NI(ジューニ)」。クラウドファンディングの先行予約販売では目標を大幅に超える約1700%の支援を達成し、SNSには「寝癖が消えた」「カラーを繰り返したダメージヘアに輝きが蘇った」とユーザーから感動の声があふれました。長年、猫っ毛に悩まされていた筆者もトライアルセットを試したところ、目を見張る効果が!

前編では「12/JU-NI(ジューニ)」誕生の背景となった木村石鹸の自由な環境と、開発者の多胡健太朗さんが作りたい理想のヘアケア製品について訊きました。後編は、いよいよシャンプー&コンディショナー開発秘話と、寝癖がなくなるメカニズム、完成後に起こった予想外な反響など、気になるアレコレを伺います。

前編はこちら

今回のビギニン

木村石鹸 多胡健太朗
木村石鹸 多胡健太朗

1981年生まれ。兵庫県加古川市出身。ヘアケア原料メーカー、化粧品会社を経て、2013年、木村石鹸に入社。技術開発部に所属し化粧品を中心に様々なプロダクトを生み出す。現在は伊賀工場に勤務。髪はシャンプー&コンディショナーの補修効果を身をもって確認するためブリーチしている。シュノーケリングが趣味で、綺麗な海を見るとアイデアが湧いてくるそう。料理好きでジャム作りも得意。

struggle:
コラーゲン、入れすぎ!?

木村石鹸 多胡健太朗

OEMの製造依頼や木村社長から任される仕事に励みながら「とにかく髪に良いものを!」と空いた時間で、自らが理想とするシャンプー&コンディショナーを追求し始めた多胡さん。ちなみに木村石鹸では、自由な研究開発に取り組めるよう、通常の業務量や労働時間の面でも配慮がされているんだそう。そんな“誰もが自由に開発できる”という環境を活かし、試行錯誤を続けること5年、ついに納得いくものが完成します。

コンセプトは超ダメージケア。

「ブリーチを繰り返した金髪でも充分補修できるものを目指しました」というだけあって市販品で用いられることが珍しい高濃度コラーゲンを大量に使用。傷んでパサパサになった髪は中に穴があきます。コラーゲンにはそれを埋めて補修する効果があるそうです。

しかしコラーゲンはたんぱく質の一種。量を増やすと、腐りやすくなるなど安定性の維持が困難に。また独特の匂いもあるため、マスキング(他の香りで匂いを包み隠すこと)では、何十種類もの香りのサンプルを作ったそう。
それに加え、成分の量、混ぜる順番、pHのコントロールなど製造過程もシビアで、一般的なシャンプーと比べ、倍の手間がかかり、量産化にも時間を要したと言います。

木村石鹸 12/JU-NI ヘアシャンプー・コンディショナー
12/JU-NI(ジューニ)は使用成分を全て表記し、ユーザーが自分に合うか自身で判断できるよう配慮されている。

reach:
運命のシャンプー

そんな経緯で完成した「12/JU-NI(ジューニ)」。
その秘めたるポテンシャルを最初に目の当たりにしたのは他でもない社長の木村祥一郎さんでした。木村さんは寝癖のつきやすい髪質でしたが、多胡さんから手渡されたサンプルを使うと一晩でクセが落ち着き整いました。

効果は明らかでしたが、その魅力を一言で伝えるキャッチーな表現が見つからず当初はどう販売するか悩んだそう。またモニターテストでも熱狂的な反応がある一方、髪が健康な状態の人や、ボリュームが欲しい人には、重たくなりすぎて合わないという結果がでました。

「12/JU-NI(ジューニ)」は万人受けするものではない、その代わり受けいれられる人には熱狂的に支持される。そこで、一般リリースの前段階として、クラウドファンディングを利用し、予約販売という形で需要を見ることになりました。

寝癖のメカニズム

木村石鹸 多胡健太朗
髪は湿ると曲がり、乾く際、その形で固まる性質があります。傷んだ髪はスポンジのようにスカスカで、湿りやすく乾きやすい。なので、しっかり乾かしても就寝時の汗で癖がつくのです。12/JU-NI(ジューニ)は、髪の中に成分を浸透させ、表面をコーティング補修。髪を健康な状態に戻すので、寝癖にも効果が表れたようです(多胡さん)

木村石鹸 12/JU-NI ヘアシャンプー・コンディショナー
開発者への敬意を表して、12/JU-NI(ジューニ)のボトルには多胡さんのサインが入っている。

クラウドファンディングの結果は、冒頭でもお伝えした通り。目標の1700%もの支援を受け、一般販売も2020年の4月にスタート。SNSでは温度の高いユーザーのコメントで溢れました。

「ようやく自分に合うシャンプーが見つかった!」

「くせ毛が初めて落ち着いた」

「シャンプージプシーから卒業できた」

「12」という名前の由来は、髪の適切な水分量が「12%ぐらい」だったり、髪の悩みから「自由に」なるという意味でつけられたそうですが、お話を聞いていると、コラーゲンの量、そして込められた熱量も、十二分(十分すぎるほどたっぷり)だと感じました。それは商品に封入されているリーフレットの数々にも表れています。

創業100年を迎えようかという老舗の会社とは思えない、自由さ、そして楽しさ。こうした空気が「12/JU-NI(ジューニ)」を生んだのです。

商品に同梱される「ちょっとレター」
商品に同梱される「ちょっとレター」では木村石鹸の活動を報告。壁新聞のような手書きの雰囲気が楽しいです。

木村石鹸 12/JU-NI ヘアシャンプー・コンディショナー

12/JU-NI
ヘアシャンプー・コンディショナー

ダメージケア成分の加水分解コラーゲン誘導体が、髪の奥まで浸透し損傷部分に吸着。ドライヤーの熱を加えると「ヒートアクティブ効果」で毛髪に結合し、内側から補修します。即効性もあり、使ったその日から手触り&ツヤ感がアップ。シャンプーとコンディショナーを併用することで、効果がより高まりサロンスタッフも驚く仕上がりに。くせ毛やパサパサ&ボサボサヘアーに悩んでいる方、カラーやパーマで傷んだ髪にオススメです。シャンプー、コンディショナーともに500mlボトルで各3000円(税込)。

(問)木村石鹸
https://12-juni.jp/
https://twitter.com/kimurasoap


写真/中島真美 文/森田哲徳

特集・連載「ビギニン」の最新記事

寝癖がつかない!? 運命のシャンプーのビギニン[後編]【ビギニン#04】

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ