目の肥えたファッション業界人が愛用しているアイテムってなんだろう?(宣伝とか抜きでね)。そんな“ガチでリアルにお気に入り♪”の溺愛モノを教えてほしい!ってことで始めた本企画(週イチ更新!……したい)。初回はビギンの大好物アイテムが揃うビームスから、モノ好きとして確かな審美眼を持つことで知られる名物プレス、前田さんの“本人私物”をうかがいました!

今週のMr.モノ好き

ビームス プレス
前田太志さん

同社のモノ好きといえば!な名物プレス。クラシックなアメカジからドレスファッションまで、幅広い知識量を誇る。最近は体力維持のためランニングや体幹トレーニング、そして休日には英会話レッスンを始めるなど、さまざまな分野にチャレンジするアクティブ派。

【前田さんのガチな愛用品 No.1】
サリーズのコンパクトウォレット

「コンパクトなのに大容量♡」

できるかぎり手ぶらで過ごしたいんです。この財布はコンパクトなポケットINサイズなんですが容量は十分!の優れモノ。

普段から「極力荷物を持ちたくない」という前田さん。そんな彼のお眼鏡に適ったのがこのミニ財布です。「手のひらサイズなのに、札とカード、小銭の仕分けができて、しかもガッツリ詰め込んでもコンパクトにまとまるところがいいんです。ビニール素材なので多少乱暴に扱っても平気ですし、フェスやアウトドアで遊ぶときでも雨や汚れを気にすることもありません。購入当初はセカンド財布として持とうかと思っていましたが、これひとつで事足りるのでメイン財布に昇格しちゃいました(笑)」。

●ブランド
【SALLIES/サリーズ】
●モデル
【Packet Pal/ポケット パル】
●価格
【3000円くらい】
●購入年
【2018年だと思う】

【ガチな愛用品 No.2】
ビルケンシュトック×ビームスのチューリッヒ

「ビームスといえばコレです!」

ビームスを象徴するマスタピースのひとつ。靴下との合わせ技で上品な抜け感を演出できるのが愛用理由です。

「ビルケンシュトックのチューリッヒは、ビームスに携わる者として持っていて当たり前のアイテム。これはオールスエード仕様で、ソックスとのコーディネートが楽しめるサンダルとして、夏場に重宝しています。それにゴールドの金具を使うことで上品に仕上がり、ココもブツヨクを掻き立てられたポイントですね」。大学生のときから履き始め、販売員、現在のプレス職に至るまで、10足ほど買い足し続けているほどのビルケンラバー。夏コーデの一軍選手として、この先も手放せないそうです。

「素足履きもOKですが、ソックスとの合わせ技を楽しめるのもこのサンダルの魅力。ベージュのアッパーにグリーンの靴下が、抜け感のある着こなしにまとめてくれます」。

●ブランド
【BIRKENSTOCK×BEAMS/ビルケンシュトック×ビームス】
●モデル
【Zurich/チューリッヒ】
●価格
【1万8000円くらい】
●購入年
【2019年】

【ガチな愛用品 No.3】
N.ハリウッド×ポーター×B印 ヨシダのデイパック

「大人が似合う上品デイパ」

一歩間違えると子供っぽくなりがちなデイパックですが、コレはツヤのあるオールブラック生地で大人っぽい雰囲気で◎。

「カジュアルなアイテムは、上品さがあることを第一条件にセレクトしています。特にデイパックは吟味が必要。コレはツヤのある生地を用い、オールブラックでまとめることでエレガントな仕上がりに。なので洋服を選ばずに持てるところがいいんです。それと容量サイズも抜群なうえ、止水ジップなど機能面も満足しています」。仕事は基本カジュアルスタイルがベースの前田さんですが、日々変わるコーディネートにしっかりと対応できるこのデイパ。この先もよき相棒として活躍を期待しているそうです。

「ほんのりツヤのあるオールブラックのデイパには、シックなトーンのコーデと相思相愛。肩掛けでもほら、サマになるでしょ?」

●ブランド
【N.HOOLYWOOD×PORTER×B JIRUSHI YOSHIDA/N.ハリウッド×ポーター×B印 ヨシダ)
●モデル
【BACK PACK S/バックパックS】
●価格
【3万円くらい】
●購入年
【2017年だと思う】

 

取材・文/宮嶋将良(POW-DER) 写真/鈴木克典

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ