string(38) "https://www.e-begin.jp/article/364362/"
int(1)
int(1)
  

UNITED ARROWS BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

UA(ユナイテッドアローズ)が創業時から掲げているスローガンが「進化する老舗」。その名前の通り、時流に応じた“欲しい”から生まれたレーベルやコンセプトショップが数多くあります。

買ったモノやよく行くショップを振り返れば、あれもこれもユナイテッドアローズのレーベルだったなんてことも(笑)。そこで、ユナイテッドアローズのメインレーベルをちょっとおさらい。ここを覗けば、必ず欲しいに出会えますよ!

「進化する老舗」
UNITED ARROWS[ユナイテッドアローズ]

 

1989年 START

UNITED ARROWS ユナイテッドアローズ

「あらゆるジャンルで最高のモノを扱う」&「最上の接客」をテーマに始まったご存知ユナイテッドアローズのフラッグシップレーベル。WHCやオールデンなどのド定番から旬なアイテムまで、最高品質の本モノが揃う。

UNITED ARROWS ユナイテッドアローズ

1997年 START
THE SOVEREIGN HOUSE[ザ ソブリンハウス]

THE SOVEREIGN HOUSE ザ ソブリンハウス

クラシックの真髄を追求した丸の内の名店

「sovereign(ソブリン)」=「至上の(形)」という名の示すとおり、ユナイテッドアローズのなかでもハイエンドなストアレーベル。大人のための超一流品のみを取り扱う、丸の内の名店だ。

2000年 START
District UNITED ARROWS[ディストリクトユナイテッドアローズ]

District UNITED ARROWS ディストリクトユナイテッドアローズ

創造性と職人精神を標榜し服を楽しむ

クラシコ全盛時にアンチテーゼのように生まれ、先端デザイナーをセレクト。反面、ニューバランスの2000番台にイチ早く注目するなど、ディストリクト発信の通なスタイリングは数知れず。

2007年 START
Camoshita UNITED ARROWS[カモシタ ユナイテッドアローズ]

Camoshita UNITED ARROWS カモシタ ユナイテッドアローズ

海外でも評価される世界のカモシタ

ユナイテッドアローズの創業メンバーであり、同ブランドのクリエイティブアドバイザーである鴨志田氏が、自らディレクターを務めるレーベル。海外でも賞を獲得するなど、世界的に評価が高い。

2010年 START
UNITED ARROWS&SONS[ユナイテッドアローズ&サンズ]

UNITED ARROWS & SONS ユナイテッドアローズ&サンズ

大人が着られるストリートカルチャー

ユナイテッドアローズの敏腕バイヤーであった小木“Poggy(ポギー)”基史氏がディレクターを務めるコンセプトレーベル。氏のスタイル同様、クラシックとストリートのミックスを得意とする。

カジュアルラインブルーレーベルが進化

ギンガムチェックのBDシャツがこのレーベルを象徴していたように、老若男女のためのベーシックなカジュアルウェアを展開していた。「ビューティ&ユース」の前身である。

「美しく若く」
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS[ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ]

 

2006年 START

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ

ブルーレーベルから発展して生まれたカジュアルウェアを得意とするレーベル。ベーシックなアイテムもどこかヒネリを加えて、自由な発想と、服を着る楽しさ、遊び心を与えてくれる。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ

1994年 START
monkey time BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS[モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ]

monkey time BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ

ストリートとモードの感性のミックススタイル

ブルーレーベルで誕生したオリジナルレーベルであり、確かなモノ作りをベースに、ストリートの自由な発想とモードの感性のミックススタイルを基調としたスタイル提案を行う。

2013年 START
STEVEN ALAN[スティーブン アラン]

STEVEN ALAN スティーブン アラン

北米からやってきた著名人も愛する名ストア

1994年にNYにてオープンしたセレクトショップ。1999年にオリジナルブランドを立ち上げ全米で評価された後、2013年にユナイテッドアローズと提携し日本進出。シャツにファンが多い。

2014年 START
EN ROUTE[アンルート]

EN ROUTE アンルート

着る東京をイメージしたレーベル

ファッションとスポーツを軸に、都会的なライフスタイルをコンセプトにしたレーベル。とくにランニングに力を入れており、ランステーションなどもショップに併設していた。

2016年 START
H BEAUTY&YOUTH[エイチ ビューティ&ユース]

H BEAUTY&YOUTH エイチ ビューティ&ユース

東京に根ざしたスポーツカジュアル

東京大人のクールな服をテーマに、ジェンダーレスなど現代的なエッセンスを組み込んだレーベル。古着をバイイングするなど、ユナイテッドアローズのなかでもかなり異色の存在だ。

※表示価格は税抜き


[ビギン2019年12月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「ユナイテッドアローズの“BULL”」の最新記事

ユナイテッドアローズの派生レーベルを1分でおさらい

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ