「アルタス」のフリース

これまたレトロな顔の新星に首ったけ♡

パタゴニアのフリース、レトロXジャケットの人気が去年に増して爆発している今日この頃。まだ暑いこの時期から予約完売が続出していたり、メル○リなんかではプレミアまでついて売られている事態に、欲しいけど買えないヨと嘆く人も多いことでしょう。

でも、そんなフリースショックを手練れのセレクトバイヤーが座して見ているわけもなく。コッチのみ~ずもあ~まいぞ♪と一斉にプッシュを始めた存在があるのです。それが「アルタス」のフリース!!

アルタスは今なおカナダ生産を貫く、知る人ぞ知るアウトドアブランド。登山家などのプロに向けた製品も手掛けてきた実力派で、防寒アウターは十八番のアイテムなんですね。

そしてココの製品の魅力は何といっても、シルエットや色みに、どこかヨーロピアンな匂いがするということ。タフな作りでいながら、ファッション視点での洗練が感じられるわけです。

おまけに、たとえばビューティ&ユースが色別注をかけた下のフリースは、まさかのリバーシブル仕様! カラーも風合いも、両面がまるで別人の面持ちでして、コーデの幅もグッと広がります。

てな具合に、蘊蓄も顔も着回しもバッチリ♡と全役が揃った感のあるアルタスのフリース。パタゴニアを買えなくとも、むしろコチラの方がグッと語れる逸品だ!と本誌は自信をもって断言します。
 

ベーシック服にVery Mutch!

ALTUS × BEAUTY&YOUTH[ビューティ&ユース×アルタス]リバーシブルジャケット

ALTUS × BEAUTY&YOUTH[ビューティ&ユース×アルタス]リバーシブルジャケット
バンクーバーメイドの本格フリース

ALTUS × BEAUTY&YOUTH[ビューティ&ユース×アルタス]
リバーシブルジャケット

ボアフリース面のポケットからは、イエローのリップストップ生地がチラリ。BEAUTY&YOUTHのカラー別注による配色かわいい一枚は、ユルッと肩の落ちたシルエットがまた、スラウチな気分にぴったり♪ 2万8000円。(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)
 

一枚で二度おいしい大トロフリース♪

シックな赤面の生地は、リップストップナイロン。光沢が控えめで派手すぎず、気負わず着られる。ビームスのカットソー8500円(ビームス 原宿) セラードアーのパンツ1万7000円(ユナイテッドアローズ 原宿本店) ハイマートのニット帽7700円(シップス 渋谷店) コンバースのシューズ5800円。(コンバースインフォメーションセンター)

セレクトSHOPが続々LOVEコール♡

Journal Standard[ジャーナル スタンダード]リバーシブルブルゾン

Journal Standard[ジャーナル スタンダード]
リバーシブルブルゾン

かつて人気を誇ったモデルを、別注によってリプロダクト。ボアフリースは黒糸が交じった杢の風合いを再現したもので、ニュアンスも満点だ。艶やかなナイロン面とのコントラストが、これまた新鮮! 10月上旬発売予定。1万7800円。(ジャーナル スタンダード 表参道)

Journal Standard[ジャーナル スタンダード]リバーシブル(裏面)
リバーシブル(裏面)

URBAN RESEARCH DOORS[アーバンリサーチ ドアーズ] フリースフーディ

URBAN RESEARCH DOORS[アーバンリサーチ ドアーズ]
フリースフーディ

スウェットパーカ感覚で着れるプルオーバータイプのこちらは、カタチからの完全別注。デッドストックのフリース生地は、ソフト&なめらかなタッチ♡ クラシックながら今どきのシルエットになっている。1万5800円。(アーバンリサーチ ドアーズ マルイ吉祥寺店)

ALTUSってこういうブランド

ALTUS ロゴ

正式名称を「アルタス マウンテン ギア」。カナダのバンクーバーにて1986年からブランド展開を始め、極寒地に暮らす人々やプロ向けのウェアを作り続けている。今なお本国生産を貫く希有な存在だ。

MADE IN CANADA

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ