ドイツ工場取材でわかった ビルケンシュトックのビ・ル・ケ・ン・シュ・トッ・クな理由!?

かなり暑くなってきましたが、この夏のサンダルの準備はいかがでしょうか?
シャワサン(シャワーサンダル)、スポサン(スポーツサンダル)などが手軽で楽チンということで人気ですが、ホントに足のことを考え抜いた定番サンダルはビルケンだ! と世界的に評価されているのが、ご存じビルケンシュトック。その実力を探りに、e-Begin編集長 ナカムラがドイツの工場まで行ってきました。

●●

取材した工場はドイツの東端にある”ゲルリッツ”という街(ほぼポーランド!?〔笑〕)。ちなみにドイツにおける靴に携わる人の4分の1がビルケンシュトックで働いているらしい。


微差もゆるさない革へのコダワリ

まず最初に訪れたのは革を検品している倉庫。アッパーに使用される革は2.8~3.1mmの厚さのみで、環境に優しいベジタブルタンニンレザーを採用し、さらに磨耗性テスト、通気性テスト、ケミカルテストなどの品質チェックを毎日!行っているとか。表面についたキズなども厳しくチェックされ、合格しない革はすべてサプライヤーに戻してしまう。本当に選び抜かれた革だけで作られている。

この倉庫で選定された革はここから45km離れた保管庫に一旦移され、ドイツ各地にあるビルケンシュトック生産工場へ移送されていく。


ルールを重んじる裁断技術

裁断はコンピューターで行うラインもあるが、いまだ職人によってプレス機で裁断するラインも。均一に仕上がる布地などと違って革は部位によって品質に差があり、キズを避け、無駄の出ない革の取り都合、両足の色がブレない部分を職人が一瞬で判断してカットする。また裁断後にせっかく揃えた両足用の革がバラバラにならないよう、1セットとなる数字も刻印。こういった裁断作業は、その後の品質のクオリティを決める重要な工程だという。

どこをどう切り抜けば品質を下げることなく、より効率的に採れるかを驚くほど一瞬で判断する。


健康の基本は足元から……なフットベッドの実力

ビルケンシュトックのフットベッドといえば90年以上の歴史を持ち、体への負担をソール全体に均一に分配し、足の自然な動きをサポートする定番的ソールだが、じつは難易度の高いいくつもの工程を経てやっと完成する。

原料となるコルクは粒のサイズの異なる2種類を混ぜ合わせ、弾力性を調整。それを上から順にスエード、細かいジュート、コルク、粗いジュート、アウトソールを重ねて70~80℃で10分間圧着する。

ちなみに各層の役割は第1層は素足でも快適なスエード素材で、足裏の汗を吸収するとともに柔らかな足当たりのため。その下の第2層は目の詰まったジュート(麻)で、通気や吸水機能を担う。そして第3層が特徴的なコルクラテックス。柔軟かつ強度が高く、履く人の足の形に馴染んで安定した歩行をサポート。第4層は編み目の粗いジュートで、湿度調整に加え、コルクを挟むことで強度もアップ。そして第5層はEVA混合ゴムのアウトソールで、滑りにくくスムーズな歩行を可能にしている。

無駄となるサイドの余りをカッティング。この作業もかなりの訓練が必要とか。そのスムーズになったサイド部分をグルーで2回コーティング。それによって雨などでも湿気を吸わないソールが完成する。このグルーコーティングのラインは全長240mもあり、全工程70分もかかる巨大なもの。


ん、ん、ん!? 不具合もけっして見逃さない検品

一人の作業員が、なんと一日(8時間シフト)2000足も検品する。ロゴがきっちりに入っているか? ソール部分のコルクとラテックスがきれいにミックスされているか? 左右での色が揃っているか? ナローマークは合っているか? アッパーのズレ、接着剤のハミ出しはないか?などを厳しくチェック。

熟練したスタッフがかなり細かく、そして手際よくチェックしていく。

シュ
宿題を未来に残さないサスティナビリティ

今だけよければいいのではなく、将来的にもずっとよい状態を保てる、安全な素材選び、廃棄物の少ない生産体制のモノ作りがビルケンシュトックの企業理念。足や体の健康を守るのはもちろん、環境にもやさしいというワケ。

フットベッドに採用されているコルクはワインの栓の余剰部分を使用している。

トッ
特化したデザイン力を持つ新作サンダル

ビルケンシュトックの人気が爆発したのはじつはヒッピー文化から。
アメリカで、靴店ではなく健康食品店での販売から人気に火がつき、温暖な西海岸では一年を通して素足で過ごす人が多かったこともあり、履き心地のよさから定番化していった。これは1970年代前半のことで、折しも時代はヒッピーブーム真っ只中。ヒッピー文化を代表するミュージシャンなどに愛用され、ビルケンのサンダルは世界中でブームとなったのだ。

ちなみに2019年SSの新作のテーマはアーバンとウェルビーング。要するに都会的と幸福。
定番モデルには、人気の高いカモフラージュ柄は定番のアリゾナやチューリッヒにて展開し、スポーツテックのシリーズには、ナイロン、ポリウレタン、ベルクロなど素材違いの遊び心のあるアイテムが揃っている。


暮らしを豊かにするベッド&コスメも!!

ビルケンシュトックってサンダルや靴だけを作っているのではない。
じつは本国では寝具やコスメ用品も展開し、どちらも天然のコルクを有効活用しているのがポイントだ。

ビルケンシュトックジャパンTEL.0476-50-2626
https://www.birkenstock.com/jp

※表示価格は税抜き


Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ