イメージ

日常のほとんどのシーンはこの3足でOK

ここぞに履く一張羅の靴はさておき、ガンガン履く主戦力の靴は、どこを見て買うのが賢いのでしょう?

ビギンの結論は、求めやすい価格はもちろん、扱いやすくて長持ちし、さらに快適な靴が正義!ということ。すると答えは自ずと、矯正靴をルーツとする3大名門の“じゃないほう”になるのです。

1足目はオールデン「タンカー オックスフォード」の、あの馬尻のほうじゃなくクロムエクセルのほう。オイルをたっぷり含むコレなら、急な雨も恐れずガンガン履けるというもの。オン⇔オフいける高い汎用性もあり、投資分の元はすぐに取れることお墨付きです。

続いて2足目、スニーカー通勤にも活躍必至なのがニューバランス「CM997H」。エンキャップじゃなくてEVAグランドコンタクトソールを備えた最新仕様のコレなら、加水分解を気にせず履き続けられます。

そして3足目、週末をのんびり過ごすには、ビルケンシュトックの天然皮革じゃないほう=頑丈で水や汚れに強い“ビルコフロー”アッパーのモデルが適任。

これら3足さえあれば、日常のほとんどのシーンに対応可能と、今後10年は靴に困りません!?
 

オールデンのコードバン“じゃないほう”
クロムエクセルタンカーなら雨の日だってガンガン履ける!

オールデン タンカー オックスフォード

ALDEN[オールデン]
タンカー オックスフォード

オイルをたっぷり含んだクロムエクセルレザー×プランテーションクレープソールのタッグで、雨もへっちゃら。オイリーな艶感やスキンステッチ、鳩目のアイレットがもたらす迫力の面構えに、純然たるドレスシューズにはない唯一無二の魅力がある。9万8000円。(ラコタ)

タンカー オックスフォード

 

ビジネススタイルもグッと男らしく
ビジネススタイルもグッと男らしく

ビームス プラスのジャケット2万9000円、同シャツ1万3000円、同パンツ1万5000円。(以上、ビームスプラス 原宿)その他はスタイリスト私物。

 

ニューバランスのENCAP“じゃないほう”
EVAミッドソールのCM997Hなら加水分解も怖くない!

ニューバランス CM997H CA

NEW BALANCE[ニューバランス]
CM997H CA

1990年デビューの名作「997」をベースに、グランドコンタクトEVAソールでアップデート。底面ラバーの面積を極力抑え、ミッドソールの一部を直に接地させることにより軽量性やクッション性を向上させたモデルだ。1万1900円。(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

かかと CM997H CA

 

現代の技術で名作がより軽やかに
現代の技術で名作がより軽やかに

ビーミング by ビームスのジャケット2万1000円、同ポロシャツ5900円、同パンツ1万1000円。(以上、ビーミング ライフストア byビームス コクーンシティ店)

 

ビルケンシュトックの天然皮革“じゃないほう”
ビルコフロー採用ビルケンなら簡単メンテで長~く履ける!

ビルケンシュトック アリゾナ

BIRKEN STOCK[ビルケンシュトック]
アリゾナ

オリジナルの合成素材、ビルコフローは天然皮革と見紛うルックス。それでいて耐久性に優れ水にも強く、気軽に付き合えるのが魅力だ。こちらは最定番モデルである「アリゾナ」。ソールの張り替えにも対応する。9500円。(ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス)

アリゾナ ロゴ

 

ビルケンシュトック アリゾナ
ホント、レザーにしか見えないのよコレがっ!

ビームス プラスのシャツ1万6800円。レミレリーフのTシャツ7800円。(以上、ビームス プラス 原宿) エディフィス×グラミチのパンツ1万3000円。(エディフィス 新宿)
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年7月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ