いつものジャケットに白のバンドカラーシャツを取り入れれば、品格あるノータイ出勤スタイルの出来上がり! ですが、休日のカジュアルセットアップにあわせるなら、ここでさらに奥行きを出したいところ。となれば、あわせるならこんなバンドカラーはいかが? カジュアルアイテムを上手に取り入れて脱・無難な胸元に!

JOURNAL STANDARD ジャーナル スタンダード セットアップ

「“正統”に奥行きを出すならストライプバンドが正答」

バンドカラーSTYLEで差をつける!!
ストライプバンド

一説によると最古のシャツとされるバンドカラー。定番の白はノータイ出勤派の仕事着としても市民権を得はじめてますが、カジュアルセットアップにインするならもう少しだけ洒落っ気を出したいはず。

ってことで推奨するのがストライプバンド。効能は上を見れば一目瞭然。もとより品と抜け感を両得するバンドカラーに、ストライプが嫌みなくコク増し。

無策にインするだけ~♪なのに大きな違いを生んでくれちゃうんです。
 

BASIC[白バンドカラーシャツ]

ジャーナル スタンダード セットアップ グリーンレーベル リラクシングの白バンドカラーシャツ

グリーンレーベル リラクシングの白バンドカラーシャツ6900円(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店)

 

UPSET!

JOURNAL STANDARD ジャーナル スタンダード セットアップ

JOURNAL STANDARD
ジャーナル スタンダードのセットアップ

伸縮性抜群で自宅で洗濯可能♪という優秀生地のセットアップは楽好きに◎。明るめなネイビーの色みもいい。ジャケット1万4000円、パンツ1万円(以上、ジャーナル スタンダード 表参道) フェリージの鞄4万9000円(ビームス 六本木ヒルズ) パラブーツの靴2万7000円(パラブーツ 青山店) 

SHIPS シップス アイクベーハー製バンドカラーシャツ

SHIPS
シップスのアイクベーハー製バンドカラーシャツ

かのアメトラ御大ブランドのOEMを請け負っていたことでも知られる名門に製作を依頼した米国製シャツ。超長綿製双糸で織られたカラミ素材は、肌触りが滑らかで柄も精緻。

ジャケットのVゾーンだけじゃなく、袖からのぞかせるとより洒脱な出で立ちに。緩めのシルエットに仕立てているのでアウターとしても活躍してくれる。1万5900円(シップス 銀座店)

+α LESSON
よりドレスな印象の単色サックスIN

ジャーナル スタンダード セットアップ BEAMS PLUS サックスバンドカラーシャツ

やっぱりカジュアルだけじゃなく、ビジネスでもバンドカラーでUPSETしたい!って人は、無地のサックスバンドが最良。ストライプより主張は控えめだけど、白よりは洒落っ気がある。ビズに対応しながらオシャレに攻めたい服好きにはドンピシャのアイテムだ。

こちらはペルー産ピマコットンにリネンを混紡した上品生地を使用した、ビームス プラスのプルオーバーバンド。1万2500円(ビームス プラス 原宿)

BEAMS PLUSのサックスバンドカラーシャツ
BEAMS PLUSのサックスバンドカラーシャツ

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年7月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。
問い合わせのないコーディネートアイテムは、すべてスタイリスト私物です。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ