そもそも日本人と欧米人は身体的特徴が違うわけで、その体を着飾る服飾品も“ジャパナイズ”するに越したことはなし。微調整してポテンシャルを最大発揮させるだけで印象激変!

テーラリングが活きるジャスト袖丈に!

ubr ウーバーのレギュレーターコートⅡ 商品

UBR
ウーバーのレギュレーターコートⅡ

これぞ北欧デザイン!なウーバーのコートは、アウトドアスペックの素材やディテール、テーラリングの技術に定評あり。体に吸い付くようにフィットする独自のストレッチ素材=レギュレーターを表地に使用しているからこそ、袖丈はジャスト丈のほうがきれいなはずで。

日本人向けに袖丈を短くしたら、本場欧州のユーザーのようにジャケットの上に着たときのバランスも改善し、本当の意味でスーツ姿がスマートに。6万8000円(デルタ)

ubr ウーバーのレギュレーターコートⅡ 着用

2018年秋冬から仕様変更に。ウーバーのコー上記下参照。ビームスFのスーツ10万円、フランコ バッシのタイ1万6000円(以上、ビームス 六本木ヒルズ) トラディショナル ウェザーウェアのシャツ1万7000円(トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店)
 

甲が隠れないからスッキリ!

ubr ウーバーのレギュレーターコートⅡ 袖丈
 

北欧発のアーバンアウトドア

ubr ウーバー ロゴ
(UBR/ウーバー)
Since 2009/Norway

鼻が低い人でもベスポジキープ!

 moscot モスコットのレムトッシュ 商品画像

メガネの老舗によるまさかの日本人仕様

ビームス プラス別注
MOSCOT
モスコットのレムトッシュ

日本人は鼻が低い……。この事実に目を向けたモスコットが、レムトッシュに目からウロコな仕様変更を敢行。それはノーズパッドを写真のような金属アームのクリングスタイプにすること。

それだけでフィット感向上はもちろん、掛けたときの見た目も見違えるようにスマートってわけ。半世紀以上不変の仕様を1か所だけ、WOW,MINOR! チェンジだね。ちなみに本作は金属パーツの色を変えたプラス別注。3万2000円(ビームス プラス 原宿)

moscot モスコット ロゴ
(MOSCOT/モスコット)
Since 1915/America

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年5月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「人気ブランドのうまいな~チェンジ」の最新記事

“ジャパナイズ”されたコートとメガネでポテンシャルアップの期待大!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ