フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

「チャンピオン」vs「ループウィラー」

よ~やく春到来♪ ポカポカ陽気に包まれたら、ダウンやコートなんかに頼らなくても、スウェットをアウターとして活用すればそれでOK!……なんですが、コーディネートの主役を張れるスウェットはそうそうありません。やっぱり服好きの心を満たすスウェットには“語れる”&“使える”要素がマスト! ってことで、ここでは物選びに自信のないビギナーのために、とりあえずココのスウェットを押さえとけば間違いなし!という、2大ブランドの魅力を多角的に解説。パッと見は似ていてイマイチ違いがわかりませんが(苦笑)、実はまったく個性が異なるってのが、スウェットの面白いところ。両者の違いを頭に叩き込んで、思う存分春コーデでスウェットを活用しちゃってください!

まずは両者の代表作を徹底解説

チャンピオン
「リバースウィーブ® メイド・イン・USA(赤タグ)シリーズ」
プルオーバースウェットパーカ

すべての工程を“米国製”にこだわったリバースウィーブ®の主軸

まずはスウェットの王様、“メイド・イン・USAシリーズ”から。チャンピオンの数あるスウェットのなかでも最定番に位置するシリーズで、原材料の調達から、糸の紡績、生地の製作、仕上げの縫製と、全工程をアメリカ国内で行っているってのが驚き! ヴィンテージ好きには馴染み深い“赤単色タグ”が目印になっていて、魅力は何と言ってもそのタフネスぶり。一般的なスウェットが約10オンスなのに対して、12.5オンスという肉厚生地を採用することで、アスレチックウェア由来の耐久性を確保しているのだ。また身頃脇にはリバースウィーブ製法のアイコンとも言える“サイドアクションリブ”を設けているため、型崩れしにくく、伸縮性にも優れ、アウターとして十二分な存在感も発揮。定番力も◎だからモノ好きならとりあえず今作を選んでおけば間違いなし! 1万7000円。(問)ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター TEL.0120-456-042

ループウィラー
「LWベーシック」
LW09

吊り編みの旨みが凝縮した不滅の定番

ヴィンテージスウェットの風合いを再現すべく、日本に現存する希少な旧式吊り編み機で生地を編み立てた代表作。1999年の創業当時から展開されている定番品で、定番好きの間でもリピーター多数! 表糸と中糸に30番単糸、裏糸に6番単糸を使用して編んだやや厚手の生地は、吊り編みスウェットの利点である“もっちりした着心地”を、より濃く味わえるように開発されたもの。通を唸らせる趣深~い杢感もさることながら、やっぱりぷっくりと膨らんだ吊り裏毛生地がもたらす柔らかさと肌触りのよさは、一度着ればもうヤミツキ必至。ラクチン好きから支持が厚いのも頷けるはず。1万9000円。(問)ループウィラー千駄ヶ谷 TEL.03-5414-2350

シルエット&着こなし解説

きも~ちゆったりシルエットのチャンピオン
「リバースウィーブ® メイド・イン・USA(赤タグ)シリーズ」は王道アメカジが成功法

チャンピオンのパーカ1万7000円。(問)ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター TEL.0120-456-042 ビームス プラスのシャツ1万3000円、同パンツ1万6800円。以上(問)ビームス プラス 原宿 TEL.03-3746-5851 センスオブプレイスのカットソー2900円。(問)センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 TEL.03-6433-5548 ザ ・ノース・フェイス パープルレーベルのキャップ6900円。(問)ビームス 原宿 TEL.03-3470-3947 ブルーオーバーの靴2万5000円。(問)ストラクト TEL.06-6447-6030

存在感のある肉厚生地といい、ほんのり緩めのシルエットといい、やっぱりチャンピオンの定番パーカには王道のアメカジスタイルがベストマッチ。小難しいテクを駆使する必要は一切なし。BDシャツなんかをインして、カーゴパンツや白スニーカーなどを合わせる……なんてベーシックなアイテム同士の合わせでも不思議と“わかってる”を醸せるのは、やっぱりひと目で“定番”とわかる米国製リバースウィーブだからこそ。

 

スタンダードシルエットのループウィラー
「LWベーシック」はキレイめカジュアルと相性◎

ループウィラーのパーカ1万9000円。(問)ループウィラー千駄ヶ谷 TEL.03-5414-2350
ビームス プラスのニット9800円、同パンツ1万3000円。以上(問)ビームス プラス 原宿 TEL.03-3746-5851 ユニバーサル オーバーオールのカットソー4600円。(問)フリークス ストア渋谷 TEL.03-6415-7728 クラークスの靴2万3000円。(問)ビームス 原宿 TEL.03-3470-3947 その他はスタイリスト私物。

定番パーカ「LW09」は、太すぎず細すぎないベーシックシルエットも飽きずに愛せる理由のひとつ。体に自然に沿ってくれるから、スウェットにありがちな部屋着感もゼロ。合わせるニットやパンツの色をホワイトで統一すれば、品よく着こなすことが可能だ。カジュアル一辺倒になりがちなスウェットを、大人っぽく取り入れる秘訣は、シルエットと色使いにあり!

 

両者の歴史もしっかりオサライ

Champion’s History
「創業100周年を迎えるキング・オブ・スウェット」

 

Loopwheeler’s History
古きよき“吊り編み”を復権させた国内スウェット界の旗手

 

名門の“今”が詰まった新作も充実

ループウィラーの
LWライト吊り裏毛
LW290

ファンの間で”LWベーシック”に次ぐ新定番として親しまれているのが、この“LWライト”シリーズ。その名の通り軽くて春向きながら、吊り編みならではのもちもち感はしっかり残っているのがすごいところ。こちらは同シリーズでも随一の人気を誇るハイジップパーカで、適度に細身のシルエットが魅力的。各1万9000円。(問)ループウィラー千駄ヶ谷 TEL.03-5414-2350

 

【珍】別注もバリエ豊富

 

※表示価格は税抜き


写真/若林武志 構成・文/黒澤正人 スタイリング/宮崎 司 ヘアメイク/sachi

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ