ライカ ゾフォート(LEICA SOFORT)

特徴的なフィルムで写真には“アジ”があり、撮ってスグ出るインスタントカメラ、ライカ ゾフォート。「ならでは」の楽しみ方を知れば愛着も倍増! プロカメラマンの上野 敦さんに楽しみ方を教えていただきました!

インスタントカメラのキホンの“キ”

インスタントカメラの基本、フラッシュは上にして持つ

フラッシュは上にして持つ

フラッシュはレンズに対して上にくるようにしてカメラをホールドしよう。不自然な影が写りにくくなる。

インスタントカメラの基本、フィルムカバーを途中で開けない

フィルムカバーを途中で開けない

光に反応するフィルムは、一度感光してしまうと使い物にならない。カバーはむやみに開けないように注意。
 

【楽しみ方 その1】誰でもアートが作れる!

ライカ ゾフォート(LEICA SOFORT)で誰でもアートが作れる!
同じ位置から数回ズラして撮影

定点から被写体を分割して撮影後、額装するだけで立派なアートに。少しズレてるくらいのほうが雰囲気が増す。風景や大きな建造物を至近距離で撮るのに◎。

少しずらして数回撮影した写真の数々

上野さん

ちょっとズレてるくらいがアジになるよ(笑)

 

【楽しみ方 その2】即席オブジェになる!

ライカ ゾフォート(LEICA SOFORT)で即席オブジェになる!

モノや人を切り抜いて折ると……

お気に入りの観葉植物や人物を撮影して、大まかなシルエットに切り抜くのも楽しい。背景にも奥行きをもたせるとより立体感が強調される。土台となる底面は広めに設定し、一辺だけ切り落とさず残しておくのをお忘れなく。

上野さん

写真にない立体感が◎

 

【楽しみ方 その3】SNSでシェアもできる

インスタントカメラで撮った写真をスマホで撮影

撮った写真をスマホでシェア

データが残らないインスタントカメラの写真をシェアしたいなら、もう一度スマホ撮影すればOK! アジな写真と、その場にいるリアルタイム感を両得できる。

撮影した写真

上野さん

リアルタイムでも楽しめるよ♪

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ