英国海軍の艦上用コートとして誕生し、後に米国アイビーの必須アウターとなったダッフル。そんな世界的定番コートが、クラシック回帰の流れを受け、ここにきて復権!
 

ウルトラ万能色“キャメル”

ウルトラ万能色“キャメル”色がゼッタイ得!
基本色=白・黒・グレーに効く

クラシック回帰の流れを受けて、にわかに脚光を浴びるダッフルコート。今季は各セレクトショップに多種多彩なバリエが揃ってますが、コスパ視点で考えれば、キャメル色を選ぶのが正解!なんです。

もちろんダッフルの定番はネイビーですが、一歩間違えると学生っぽくなったりと意外と着こなしが難しいもの。かといって流行の派手色ダッフルは来年になったら飽きちゃいそうで……。

そこでキャメル色の出番です。スマートな着こなしで頼る、白・黒・グレーの無彩色コーデにマイルドに馴染むだけでなく、「冬のコーデはな~んか地味」を一発で解消してくれるんです!

下のモデルが着用しているニットやパンツはいずれもワードローブの定番。手持ちのアイテムが一層輝く、ウルトラ万能色なんです。

トレンドとはいえ、そもそもダッフルは冬アウター界の永世定番。スタンダード型を選べば10年後も間違いなく着られます。そのうえキャメル色を選んでおけば、100%後悔しないと断言できます!
 

GLOVERALL/グローバーオールのエリザダッフル

GLOVERALL/グローバーオールのエリザダッフル

定番のモンティをベースに、モダンなスリムシルエットに仕上げたエリザダッフル。さらにはフードを着脱可能として、フードなしならビジネスでも使えるスマート感に。

メルトンはウール80%×ナイロン20%で、暖かさを損なわずに軽快と、さまざまな角度から汎用性を高めている。なかでも最高はキャメル! 8万2000円(ゲストリスト)
 

無彩色コーデが一発で華やぐウルトラ万能色の実力を見よ!

 

グレーニット+白パンツで、
「冬に白パンツ」でも寒々しさとは無縁!

グローバーオールのエリザダッフル コーディネート1

グレーのタートルニット×白パンは冬だとちょい寒々しい印象だが、キャメルダッフルでウォーム感もUP! モンキータイムのニット1万5000円(モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 原宿店) セラードアのパンツ1万9000円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ターミガンのシューズ2万9000円(フェイス)
 

白ニット+黒デニムで、
白×黒合わせが単調すぎる…を回避!

グローバーオールのエリザダッフル コーディネート2

白ニット&黒デニムに足元はスニーカーでも手抜き感ナシ!に仕上げてくれるのがキャメル色の実力だ。ユナイテッドアローズのニット1万8000円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ブフトのパンツ1万8000円(HEMT PR) アヤメの眼鏡3万円(アヤメ) コンバースのスニーカー5800円(コンバースインフォメーションセンター)
 

黒カーデ+グレーパンツで、
ブラックベースが大人マイルドに!

グローバーオールのエリザダッフル コーディネート3

黒ベースのダークトーンコーデが、品よくマイルドな雰囲気になる。ヤシキのニット2万4500円(ア
ルファ PR) オフィシャル プレイズのカットソー7500円(ハンドイントゥリーショールーム) グラミチのパンツ1万1800円(インス) マネブのシューズ1万9800円(アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店)

 

クラシックダッフルの“キャメル”は他にも!

AURALEE/オーラリー ダッフル

極細ウールにカシミア混で優雅なドレープも

AURALEE/オーラリー

高級スーツ地ばりの極細ウール、スーパー120’s70%×カシミア30%でブレンドした非常に贅沢な素材を使用。

さらにメルトン加工ではなく、生地を縮絨してから刈り込みで毛足を短くするモッサー仕上げを行い、繊細な素材感と相性のいいフンワリとした贅沢な着心地を楽しめる。10万8000円(オーラリー)
 

BUZZ RICKSON’S/バズリクソンズ ダッフル

英国ミリタリー由来のリアリティを追求

BUZZ RICKSON’S/バズリクソンズ

英国海軍採用の通称“アーリーモデル”を再現。トグルはグローブをしたままでも開閉しやすいウッド&リネンロープで、ミリタリーが出自のクラシカルな顔で着られる。

メルトンはウール100%、裾がばたつかない足を通して着用するストラップなど、細部もリアリティ満点だ。5万2000円(ビームス 原宿)
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

facebook facebook WEAR_ロゴ