array(37) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(15) "/article/56911/"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "WedI2CkpT1Yu0Qqyb32bDhV4f545hstsBwcEmAXbltiH-EiZ6LQGKg=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 9742923607374c982a5b7e9258144eab.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(13) "40.77.167.149"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["HTTP_PRAGMA"]=>
  string(8) "no-cache"
  ["HTTP_FROM"]=>
  string(24) "bingbot(at)microsoft.com"
  ["HTTP_CACHE_CONTROL"]=>
  string(8) "no-cache"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(13) "34.195.252.97"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "31822"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/56911/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1547828423"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
'70sブローバのイバリ文句を聞いてくれ!|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

70年代ブローバのイバリ文句を聞いてれ!

ちょっとやそっとの時計じゃ満足できなくなってしまった人へ

時計はアレコレ持ってるけど、よく見りゃどれもみんなが知る無難なモデルばっか。デザイン的にもウンチク的にももう少し攻めた一本はないものか……。な〜んて人にうってつけなのがブローバ珠玉の3本です。周囲の目を引くレトロなデザインなのは、米国はもちろん、世界の時計史にとってもエポックとなった’70sモデルの復刻のため。それでいてディープな時計好きじゃないと元ネタを知らないってところが、逆にツウ心をそそるんですよ。「その時計どこの?」なんて食いつかれた際のイバリ文句も教えときますので、どうぞ狙ってくださいまし〜!

オーシャノグラファー“デビル ダイバー”

“デビル ダイバー”と呼ばれた’70年代の名作を復刻。レーダーの照準のような文字盤の赤十字もクール。666ft(約202m)防水。自動巻き。径44mm。SSケース&ブレス。8万4000円。

ぜ“デビル ダイバー”なる名称なのか? 秘密は防水性能を示す“666”の数字にあり。オリジナルが登場した1972年は、300フィート(約90m)防水が一般的で、666フィート(約202m)はまさに悪魔的な数値。加えて聖書の黙示録で666は“獣の数字”とされる不吉なナンバーゆえ、そんな愛称がついたんです。ちなみに今復刻は、海外のアンティーク時計サイトの人気投票結果を受けて実現。たしかに回転ベゼル付きのクッションケースやクラゲのように輝く立体的な夜光インデックスなど、随所で現行時計にないレトロなムードを発散し、超カッチョよし。時計好きの心を今なお悪魔的に虜にする傑作デザインです!

クロノグラフ C

高精度なハイパフォーマンスクォーツムーブメントを搭載。径46mm。SSケース&ブレス。レザーベルトと替え工具付きのスペシャルボックス入り。9万円。

ローバは宇宙船の計器に音叉時計(アキュトロン)の技術を提供するなど、米国宇宙計画をさまざまな面から支えたことで知られます。今作のオリジナルもじつはNASA宇宙飛行士用に開発。惜しくも選定から漏れたため1年間のみ一般販売したところ、当時としては極めて大きな 43mmケースや、星条旗イメージの配色が話題を呼び、大ヒットしたそう。今作ではその意匠を忠実復刻しつつ、現代でもメガなインパクトを放つべく径を46mmに拡大。袖口で最強のアクセントになってくれます!

 

ルナ パイロット クロノグラフ

復刻作では通常のクォーツの8倍にあたる262kHzの高振動クォーツクロノグラフムーブメントを搭載。径45mm。ブラックPVD加工SSケース。レザーストラップ。7万1000円。

に降り立った時計というとあのモデルを思い浮かべる人も多いと思いますが、どっこいブローバにも同様の栄誉を与えるべきモデルがあるんです。それが今作のオリジナル。1971年8月2日、アポロ15号船長は公式時計とは別に私物のブローバも持参。月面に着陸して探索車を運転した際にも帯同し、大気条件の変化などに見事に耐えることを実証したのです。なおそのオリジナルは、2015年に米国のオークションにて約1億9700万円で落札! この歴史上唯一の“個人所有の月面着陸時計”の末裔、欲しくなりましたよね?

’60年代のブローバ会長とNASAの技術者

 

問い合わせ先/ブローバ相談室
☎0570-03-1390 
https://www.bulova.com/

※2018年11月15日~2019年1月14日の期間中にブローバ正規販売店で時計を購入すると、「ブローバ オリジナル ミニタオル」をプレゼント!

※表示価格は税抜き


写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/吉田 巌(十万馬力)

facebook facebook WEAR_ロゴ