フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

ブリーフィングNEO B4 LINERモデル使用画像

作りは本気ミリタリーなのに、“ビジネス使い”前提の色選びが好き。

ブリーフィングの何が好きって、一番は“仕事で使える”ってことじゃないかと。今でこそみんな当たり前に持ってるけど、本気のミリタリーをビジネス使いできるのって、結構スゴイことですよ?

これまでもカーキだミッドナイトだと、絶妙な色のチョイスに、さんざん悶絶させられたモンです。そこにきて、この新色“スティール”。一言で表現すると、ズルイです。その名のとおり、金属を思わせる硬質なグレーは、当然ビジネスにどんぴしゃフィット!
 
ブリーフィングNEO B4 LINER記事拡大画像
 
今まで別注では存在しましたが、定番バリスティックのインラインでは初めてのグレー系。コレなら、たとえ「黒系以外はNG」な堅めな会社にお勤めでも全然アリでしょう。

タフだけど洒脱なカラーは、ブリーフィングの真骨頂。ビジネスマンは皆都会で闘う戦士ですから、仕事=勝負の場にはうってつけの鞄なんですね。

モデル着用/都会的なグレーがスーツスタイルにもしっかり馴染む。ラルディーニのスーツ12万8000円、エディフィスのシャツ1万3000円、ブリュワーのタイ1万3000円(以上、エディフィス 新宿) その他はスタイリスト私物。

 

ブリーフィングNEO B4 LINER画像
硬派だけど無骨さ控えめ。

これまたスーツに合うナイスカラーがお目見え♪
NEO B4 LINER

ブランド随一の定番ブリーフ。B4サイズ書類に対応し、メインの収納部は蛇腹のマチ付きで2室に分かれているため機能的だ。ショルダーストラップも着脱可。W46×H31×D12cm。4万9000円(BRIEFING GINZA SIX店)

 

ブリーフィングNEO B4 LINER内部画像
仕事道具を整理しやすい内装が◎

 

ブリーフィングNEO B4 LINERバックル部分画像
キャリーケースにセットアップするバックルも

 

“STEEL”LINE-UP

 
ブリーフィングトートタイプ画像

BS TOTE TALL

上の人気ブリーフのディテールを踏襲したトート。安定感のある長めのハンドルで、大容量ながら持ちやすい。W33×H35×D9 cm。4万7000円(BRIEFING GINZA SIX店)

 
ブリーフィングショルダータイプ画像

DAY TRIPPER S

開口部が体に自然にフィットする人気のショルダー。ストラップは2か所で調整でき、左右どちらでも掛けやすい。W23×H27×D1cm。2万円(BRIEFING GINZA SIX店)

 
ブリーフィングボディバッグタイプ画像

TRIPOD

アクティブに動けるボディバッグ。長財布から文庫、500mlのペットボトルまでしっかり収まる実用的なサイズ。W42×H15×D7cm。1万6000円(BRIEFING GINZA SIX店)

 

VOICE of BRIEFING LOVER

吉田 巌さん写真
ライター
吉田 巌さん

使い勝手は言わずもがな、さらに出番が増しそうです!

「自分のような普段スーツを着ない職業の人間にも、ブリーフィングは重宝します。ミリタリー由来だから当然カジュアルに合うし、インタビュー取材などでちょっとピシッとした格好の日にもぴったり。しかもコレならスーツも文句なし。死角のない新色です」(吉田さん)

吉田さんプロフィール/1966年生まれ。愛知県出身。本誌をはじめメンズファッション誌を中心に、長年執筆を手掛ける。時計やバッグほか、多ジャンルに精通する腕利き。

 

これでも一部です(汗)20年を彩った名“色”アーカイブ

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「ボクらがBRIEFINGを好きな理由(ワケ)」の最新記事

無敵の新カラー! 待望のグレー系“スティール”が出たッ!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ