ティンバーランドのヘリテージ 6'プレミアムブーツ

ティンバーランドのド定番、イエローブーツが誕生45年!
ここまで変わらないロングセラーは偉業です

イエローブーツこと、ティンバーランドの代名詞である6インチプレミアムブーツが、今年で45周年を迎えます。今ではファッションのいちアイコンですが、もともとそうした狙いはまったくありませんでした。出自は雨や雪の多い、米国・ニューイングランド地方の人々のためにと作られた、世界初の完全防水ブーツ(※完全防水のレザーブーツとして。公式サイトの表現に基づく。https://www.timberland.co.jp/yellow-boot/)なのです。

’80年代に入るとヨーロッパで一大ブームを巻き起こし、今日に至るまでにストリートの象徴的な一足に。ここまで愛される理由は、タフで高い実用性がブレないからではないでしょうか? 今回の45周年記念モデルも、完全防水のヌバックや自慢のラバーラグソールといった独自のベースは不変。誕生時の姿からほぼ変わることなく、ダークサファイアの差し色を随所にプラスし、モダンな進化を遂げています。新たに足を通す人がまたイエローブーツの虜となり、50年、100年目もきっと祝福されていることでしょう。

 

ネイビーを随所に配したアニバーサリーの特別仕様

6’プレミアムブーツ
ティンバーランドヘリテージ
6’プレミアムブーツ

発売当初のブランド名である、「ティンバーランド」の名がつけられた代表作。近年にはアッパーとライニングの間にプリマロフトのインサレーションが入り、冬場の着用がより快適に。2万4000円の良心価格もアツい!

 

名作モデルをベースに、記念仕様へアレンジ!

名作モデルをベースに、記念仕様へアレンジ!
45周年のシンボルカラーであるダークサファイアが、細部に差し色として効いているデザインが見所だ。履き口のパッドはスムースレザーからダークサファイアのヌバックにアレンジ。トラ紐のシューレースもさりげなく、イエロー×ダークサファイアの2トーンになっている。

 

ここでおさらい「イエローブーツはここから始まった!」

ティンバーランド前身のアビントン・シュー・カンパニーの創業者の息子シドニーシュワルツ氏
前身のアビントン・シュー・カンパニーが1973年にニューハンプシャー州に移転。創業者の息子のシドニー・シュワルツ氏が世界初の防水レザーブーツ「ティンバーランド」を発表。これがイエローブーツの原点となった。

1980年代にヨーロッパで大ブームを巻き起こす

1980年代の中頃になり、イタリア、英国、ドイツなどでイエローブーツの一大ブームが巻き起こる。写真のようなダウン、デニムにイエローブーツを合わせるスタイルが流行。日本や香港にも飛び火し、ヒップホップスタイルやストリートのアイコン的な存在となった。

 

時代が変わっても本質は変わらない。それがイエローブーツの人気の所以だ!

時代が変わっても本質は変わらない。それがイエローブーツの人気の所以だ!

①足首にフィットするパッド
イエローブーツのアイコン的ディテールである足首のパッドも、誕生時から不変。足首に優しくフィットして快適な歩行性をサポート。

②ウィートヌバック
イエローブーツの語源であるウィート(小麦色)のヌバックは、上質なフルグレインレザーのみを使用。独特のマットな質感がお馴染みだ。

③グリップ力の高いアウトソール
耐久性とグリップに優れた、オリジナルのラバーラグアウトソール。アッパーとインジェクション製法で接合し、高い防水性を発揮する。

 

他にもある! 45周年モデルの兄弟たち


ウィートヌバック以外にも注目のモデルがラインナップ。中央のネイビーヌバックは、アッパーを45周年記念のシンボルカラー、ダークサファイアで統一。右と左、ブラウンとグレーのモデルはアッパーにオイルドレザーを使い、より味わいのある骨太な表情に。各2万4000円。

 

問い合わせ先/VFジャパン カスタマーサービス
☎0120-953-844
https://www.timberland.co.jp/

※表示価格は税抜き


写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/桐田政隆

facebook facebook WEAR_ロゴ