エイジングされたパラブーツイメージ

他の高級ドレス靴みたいに磨き込んでもピッカピカになるわけじゃないし、凹凸の強いシワも出ます。でもね、パラブーツ履きはそこにこそ逆説的魅力を感じるのです。

派手なエイジングはしませんが、ガシガシ履くほどに愛嬌たっぷりの表情になる、言わばワークブーツのごとき経年変化。

ここでは、そんなパラブーツの虜になったファッション界の重鎮4名と10年以上履いた相棒を紹介します。

 

[10年愛用]
窪 浩志さんのウィリアム グレインエヴェン

窪 浩志さんのウィリアム グレインエヴェン画像

無骨さは増してもエレガントな雰囲気は変わらず

「格式とカジュアル感が同居し、モードからワーク、ミリタリーまで難なく合わせられる魔法の靴。最初は早く柔らかくするためデリケートクリームを使い、足に馴染みだしてからは天然100%のホースオイルで深みあるマットなダークブラウンを出してます。

履くほどに無骨さが増すのにエレガントさを失わず、愛嬌たっぷりになるのがウィリアムのよさですね」

SHOES DATA

■着用頻度/購入当初は冬場のみ週2、現在は通年で2週に一度。

■お手入れ方法/毎回履くごとにクリームを入れる。購入当初はデリケートクリーム、現在は天然成分100%のホースオイルを使用。

 

窪浩志さん写真
ビームス クリエイティブディレクター 
窪 浩志さん

1962年生まれ。大学卒業後、ビームスに入社。ビームス ボーイ初代ディレクターなどを経て、現在は社長室室長も務める。横浜生まれで、生粋の横浜DeNAベイスターズファン。

 

[10年愛用]
栗野宏文さんのシャンボード リス・カフェ

栗野宏文さんのシャンボード リス・カフェ画像

歩き倒してもボロくならず“かわいく”なる

「あえて言えば、パラブーツの魅力はブサイクなところ(笑)。冗談じゃなく、機を追求した飾らない姿形が逆に美しいんです。海外出張でよく履くのはこのシャンボード。一日6時間以上歩き回るのですが、ストレスはほぼ感じません。

結果、全体的にヤレてはきましたが、決してボロくなったとは感じない。新品時よりかわいくなる靴なんてパラブーツくらいです。」

SHOES DATA

■着用頻度/多いときは週に一度程度。海外出張時によく着用。

■お手入れ方法/履いたらブラッシングし、革の傷み具合を見てクリームを塗る。無色のナチュラル系デリケートクリームを使用。

 

栗野宏文さん写真
ユナイテッドアローズ クリエイティブディレクション担当上級顧問
栗野宏文さん

1953年生まれ。スズヤ、ビームスを経て1989年、UA設立に参加。バイイング、PR、クリエイティブディレクションを担う。現在はクリエイティブディレクション担当上級顧問。

 

[11年愛用]
林 芳亨さんのシャンボード ヌバック グリンゴ

林 芳亨さんのシャンボード ヌバック グリンゴ画像

磨き倒したら、コードバンみたいに輝いた

「シャンボードは何しろジーパンに合うのがいい。一番ヘビロテしてるのが、10年ちょっと前に買ったこの一足。見えないかもしれませんが、じつはヌバック素材なんです。

何も気にせずクリームを塗り倒してたら、コードバンみたいに光ってきた。毛足が潰れて、何の革かわからないけどね(笑)。パラブーツの姿形で、この光沢感ってところに愛着が湧くんだよね。」

SHOES DATA

■着用頻度/購入からしばらくは3 日に一度。最近は雨の日にも着用。

■お手入れ方法/履いたらシューキーパーを入れ、ブラッシングの後、クリームを塗る。現在はパラブーツの純正クリームを使用。

 

林芳亨さん写真
ゾルト デザイナー 
林 芳亨さん

1956年生まれ。「ドゥニーム」デザイナーとして国産デニム界を牽引。同社退社後の2010年「リゾルト」設立。デニム作りを始めてから欠かさない週1の工場通いがライフワーク。

 

[20年愛用]
田中利彦さんのミカエルフォック リス・マロン

田中利彦さんのミカエルフォック リス・マロン画像

時を経て廃れないどころか、存在感を増した

「27年前、パリコレで訪れたパリで購入したシャンボードが最初のパラブーツ。以来、50足以上履いてきましたが、アザラシの毛皮を甲に使ったミカエルフォックには“こんな靴あるのか!”と驚きました。

キズやシワ、色ムラができても味になるし、20年経った今も時代遅れにならず、モードでもアウトドアでも着こなしに差が出る。そんな靴ほかにないですよね。」

SHOES DATA

■着用頻度/購入してしばらくは3日に一度。最近は2週に一度。

■お手入れ方法/履いたらシューキーパーを入れ、革が乾いてきたらクリームを塗る。パラブーツ純正ニュートラルクリームを使用。

 

田中利彦さん写真
コレクションブランド シニアマネージャー
田中利彦さん

1961年生まれ。大学卒業後、革新的デザインで知られる国内モードブランド入社。ブランド責任者などを務め、現在は品質管理部部長。同社では過去にパラブーツとの別注も。

 

※このページに掲載されているアイテムは一部仕様変更されている場合があります。


[ビギン2018年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「パラブーツを極める!」の最新記事

重鎮“パラブー通”が語る。パラブーツ10年後のパラドックス

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ