array(34) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(15) "/article/41180/"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "BLTjICbM9ANWa9TMGF-cqqB4mgRHTun1pDE13lNwfXbv8ISp332d7A=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 48c70f7a0c91fc5e8cb64d6c71ad9827.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(14) "54.146.206.127"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(13) "34.195.252.68"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "13590"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/41180/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1548043248"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
あの「安くていい」傑作は今!? 往年の名品が密かに進化を遂げていた…!|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

ビギンで紹介してきた安くていいモノには、もはや殿堂入りともいえる傑作があります。そんな名品を振り返ると、またまたビックリ! 人気にあぐらをかくことなく、秘かにアップデートしているではありませんか!? とっておきの目ウロコネタをお届けします!

 

1000円国産サンダルで隠れた人気のギョサンは…

1000円国産サンダルで隠れた人気のギョサン
Begin 2007年7月号

 

ベンハー型で人気になっていた!

ベンハー型で人気になっていた!

隠れた名作と、定番トングに迫る人気ぶり!

滑りにくくタフな日本製で、なんと1000円台! とビギンが紹介したら、すっかり全国区になったギョサン。

由来の小笠原諸島では’60年代から愛され、じつは日本各地でも普通に売られてましたが、改めて日本人にフィットする傑作と見直されました。

定番はトング型ですが、今ではベンハー型も大人気。持ち前のタフさと開放感、プラス親指を固定できる安心感も備えたことで、ファンが急増してるそう!

 

ギョサンのベンハー型

ギョサンのベンハー型

小笠原諸島にて、漁業関係者が履いてる、漁協で売ってる、ということから、ギョサンと呼ばれるようになった奈良県丸中工業所の製品。甲を覆うストラップはメッシュ状で、通気性と水はけもいい。各850円(ぎょさんネット)

 

100円ライターを高級ライターにした
BICのライターケースは…

100円ライターを高級ライターにした
BICのライターケース
Begin 2008年8月号

 

モノトーンカラーで高級感が加速していた!

モノトーンカラーで高級感が加速していた!

これまた人気に火がつきそう!

ビックのライターはそのままのポップな姿もいいけど、たった500円の投資で、銀座のクラブでも恥ずかしくない高級感に!?

そんな変身術で熱い支持を誇ったビック純正、シルバーのライターケース。じつは生産終了→完売で、今は買えません。

マジ!? 失くしたら…と心配の諸兄、ご安心を。現在はモダンな高級感漂うモノトーンカラーが登場。シックな質感でお値段据え置きなのもいいですね。

 
BICのライターケース

BICのライターケース

以前は鏡面仕上げのシルバーだったが、完売後はマットなブラックとホワイトの2 色にリニューアル。使いやすさ、リーズナブルなプライスに変わりない点も嬉しい限り。W32×H65×D15mm。各500円(BICジャパン)

 

足拭き革命を起こしたソイルのバスマットは…

足拭き革命を起こしたソイルのバスマット
Begin 2014年8月号

 

性能がUPして世界中で愛されていた!

性能がUPして世界中で愛されていた!

見た目はさほど変わりませんが、じつは…

まさかの土!? でもグングン水を吸い、速攻で乾いて洗濯も不要と、バスマットに革命をもたらしたソイル。ビギンでもたびたび紹介してますが、じつは2016年発売のGEMシリーズから性能がさらにUP!

素材の珪藻土にひる石を独自のバランスで配合することで、吸水性がより向上、足がひっつきにくくなりました。

この新シリーズが大好評で、今では欧米、アジアでも引っ張りだこなんだって!

 

ソイルのバスマット

ソイルのバスマット

従来の珪藻土に、ひる石を配合したことで、多孔質構造が複雑になり、吸水性が向上。凹みのラインによって吸水面が増え、肌触りもより爽やかになった。GEMバスマットL。約880×530×9.5mm。1万2000円(コンセント)

 

穴のあかないダーンタフのソックスは…

穴のあかないダーンタフのソックス
2015年7月号

 

スニーカーソックスになっていた!

スニーカーソックスになっていた!

費用対効果最強のフットカバーが新登場!

衣類で一番消耗するものといえば、ソックス。またこれからの季節に多用するフットカバーは、ことさら穴があく。もはやひと夏の寿命と、諦めてる方も多いかと…。

でも、待望の救世主登場です。あのダーンタフからフットカバーが発売! ココといえば、従来のアウトドアソックスの7倍の耐久性を持つ鉄人ぶり。

この技術の転用はフィットにも活かされ、脱げにくいのもありがたい。街でも最強の一足になりそうです!

 

ダーンタフのソックス

ダーンタフのソックス

全製品、生涯保証もしている米国のアウトドアソックス。この技術をそっくり活かして、今季からフットカバーが登場。素材のメインはメリノウールで、ムレにくく防臭抗菌効果まで備えるのも嬉しい。米国製。1700円(エイアンドエフ)

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年8月号の記事を再構成]
写真/上野 敦(プルミエジュアン) 植野 淳 藤沢徳彦 武蔵俊介 中島里小梨 文/礒村真介 秦 大輔 桐田政隆 黒澤正人 星野勘太郎 宮嶋将良(POW-DER) 名知正登 スタイリング/武内雅英、飯塚 俊(CODE) 佐々木 誠 ヘアメイク/HACHI(Bello) イラスト/ウシオダヒロアキ 田中 斉

facebook facebook WEAR_ロゴ