array(35) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(15) "/article/35619/"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "RpnPj1Jh3HhMT6riUCSBxUHPLIyIsyvANZ3jB3_KcHD_FBDuvw0USw=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 097fbf718c1b805deaed8941b59761cc.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(12) "66.249.66.46"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["HTTP_FROM"]=>
  string(26) "googlebot(at)googlebot.com"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(13) "34.195.252.87"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "53752"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/35619/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1547989795"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
肉厚自慢の白無地Tシャツを人気4ブランドで比較|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

白無地Tシャツ人気4ブランド
この夏も白無地Tシャツは活躍必至。「一枚で着る」前提ならやはり肉厚ボディが一番です。ここでは、ヘインズのビーフィーT以上のオンスを誇る肉厚自慢のブランドを比較。しなやかTもいいけど、やっぱ男は黙って肉厚T! でしょう。

オンスとは?…簡単にいうと生地の厚みを示す単位のこと。数字が大きいほど厚い。Tシャツでは、6オンス(oz)以上がヘビーオンスに分類される。

 

ヘインズ(Hanes)のビーフィーT(6.1oz)

ヘインズ(Hanes)のビーフィーT

ビーフィーTはコットン100%の6.1オンスボディ。これでも十分ヘビーウエイトで、型崩れしにくく「一枚で着る」には十分なわけだが、北米市場にはまだまだヘビー級の実力派がズラリ。1枚1500円。(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)

 

ヘインズで最も肉厚なビーフィーT

ヘインズはコットン100%の6.1オンスボディ

ヘインズのブランドロゴ

[BRAND]
ヘインズ
創立/1901年 国/アメリカ

1947年にパックTを開発した元祖ブランド。衣類をパッケージするという画期的なアイデアと手頃なプライスが受け、世界的な定番に。今もなお世代を問わずに愛される存在だ。

 

ギルダン(GILDAN)のハンマーTシャツ(6.1oz)

ギルダン(GILDAN)のハンマーTシャツ

この春から発売される“ハンマー”は、膨大なバリエーションを展開するギルダンのなかで最もヘビーな一枚。予定価格1000円。(ジャヌー・ツー)

 

北米トップシェアメーカー ギルダンが誇る一枚

ギルダンの生地

ギルダンのブランドロゴ

[BRAND]
ギルダン
創立/1984年 国/カナダ

1984年にカナダで創業したボディメーカー。家族経営からスタートし、今やカナダ&アメリカ市場でトップクラスのシェアに。

 

グッドウェア(Goodwear)のクラシックネック ポケットTシャツ(7.2oz)

グッドウェア(Goodwear)のクラシックネック ポケットTシャツ(7.2oz)

ネックリブ太め、ゆったりめフィットのクラシックネックTは、男っぽい着こなしになる一枚。USAコットン100%の、ややザラッした風合いもGOOD! 5500円。(スタンレーインターナショナル)

 

グッドウェアはザラッとした風合いのUSAコットン100%

グッドウェアの生地はUSAコットン100%

グッドウェアのブランドロゴ

[BRAND]
グッドウェア
創立/1984年 国/アメリカ

1983年、マサチューセッツ州で創業。今なおアメリカ製を貫く硬派ブランドだ。

 

キャンバー(CAMBER)のマックスウェイト クルーネックポケットTシャツ(8.0oz)

キャンバー(CAMBER)のマックスウェイト クルーネックポケットTシャツ(8.0oz)

ガッシリ感満点の8.0オンス極厚Tは、着用&洗濯を繰り返してもヘタレ知らずのタフネスっぷり! 6000円。(ハイ!スタンダード)

 

極限までキツく編まれたヘビー級王者の風格

キャンバーの生地はガッシリ感万点の8オンス

キャンバーのブランドロゴ

[BRAND]
キャンバー
創立/1948年 国/アメリカ

1948年、ペンシルベニア州で創業。生地工場として誕生した背景を生かし、ヘビーウエイトにこだわったカットソーやスウェットを手掛けている。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年5月号の記事を再構成]
写真/大嶽恵一(BOIL) 文/押条良太(押条事務所) 吉田 巌(十万馬力) いくら直幸 秦 大輔 礒村真介 桐田政隆 黒澤正人 トロピカル松村 伊藤美玲 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/HACHI(Bello)

facebook facebook WEAR_ロゴ