string(38) "https://www.e-begin.jp/article/371935/"
int(1)
int(1)
  

SEIKO セイコー キネティック クロノグラフ スポーチュラ SBCG001

GMT 横瀬秀明さんの俺的名作時計
【セイコー】キネティック クロノグラフ

スイスの名門勢の機械式もいくつか持っていますが、一番着用してきたのがこの“4つ目キネティック”です。今のスプリングドライブのルーツとなる、自動巻きとクォーツのイイとこ取りしたムーブメントや、何よりポルシェのメーターパネルを思わせるデザインを気に入っています。

でまた、クロノグラフの動きが痺れる。スタートボタンを押すと9時位置の10分の1秒計がビュンビュン回りだし、リセットボタンで全ての積算計の針が真上を向いてピタッと整列。その精密なメカニカル感もいかにも日本らしくてたまらない。

じつはこの時計を買ったのは、ビギンがきっかけ。“時計は機械式だけじゃないぞ”なんて熱のある文章で煽ってくれまして(笑)。たちまち欲しくなりアチコチ電話をかけましたが、1000本限定ということでどこも予約完売。でも一店だけ奇跡的にキャンセル待ちが実って買えたんです。

おかげさまで大満足です。仕事柄、海外によく行くのですが、とくにイタリアでは食いつきがすごく、ずいぶんといいカンバセーションツールになってくれました。

20年以上ハードに使ってきて一度も故障しないのも驚き。精度は持っている時計の中でいまだダントツだし、ブレスレットのガタつきも全然ない。こういう時計としての本質がしっかりしているのはさすがセイコーだなと。

じつはいまグランドセイコーも気になっているんですが、まだまだコイツには現役で頑張ってもらいますよ。

SEIKO セイコー キネティック クロノグラフ スポーチュラ SBCG001

セイコー
キネティック クロノグラフ スポーチュラ SBCG001

1999年に突如誕生し、僅か数年で絶版となった通称“4つ目キネティック”シリーズ。横瀬さん所有モデルはサードモデルにあたり、2000年に発売。当時の発売価格は25万円だった。最もデザイン的完成度が高いとされ、今も探しているファンが多い幻の名作だ。

Beginや時計Beginの激アツな紹介記事
Beginや時計Beginの激アツな紹介記事で物欲スイッチがON!

愛車ポルシェ 911カレラ
愛車ポルシェ 911カレラのメーターに通じる、独立多眼式デザインに痺れる

横瀬秀明さん

GMT代表
横瀬秀明さん

94年にGMTを創業。トリッカーズなど名靴ブランドのインポートを行う。なお同社では勤続10年の社員に高級時計を贈るのが伝統!
 
[おいしい時計選びの極意]いつか誰かに譲ることを想像しながら選ぶ

 


[ビギン2023年8月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2023年8月号

Begin 2023年8月号

センスがエグい腕時計ガイド

定価820円(税込)

詳しくはこちら

特集・連載「SEIKO」の最新記事

「機械式だけじゃない! と気付かせてくれた唯一の国産モノ」セイコー

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ