wook vol.11

業界でもお洒落感度が高く、一目置かれる重鎮たちが、一体どんな財布を使っているのか、興味ありません? 財布は持つ人の性格を表すといわれているだけに、ファッションリーダーたちは、きっとこだわり満載なはず。で、聞けばやっぱり、さすが! と頷くことばかり。十人十色の財布事情、ぜひご覧あれ!!

 

和田 健さん

ベイクルーズ 上級取締役
和田 健さん

一歩先を見据えたアイテムを次々と仕掛ける、業界の重鎮的存在。過去に財布をなくすも、すべて見つかったという神がかり的な逸話を持つ。

 

電子マネー決済がしやすい表裏異なる革の柄がキモ

電子マネー決済がしやすい

買ってみて気がついた!? 異なる柄が実用性優秀!!

もともと大きい財布は好みでなかったという和田さん。それはヤンチャなイメージがあるから。でも買い替えの時期に試しに購入したところ、思った以上に使いやすい! と使い勝手のよさにご満悦。

「この長財布のお気に入りポイントは、表と裏で型押しデザインが異なるところ。普段通勤で使う電子カードがどちら側に入っているのかが一目でわかり、スムーズに自動改札を通ることができるのがいい。

またカードや領収書の仕分けもしやすいんですが、できるだけ型崩れしないよう中央に寄せて入れるように心掛けています。そうすればいつまでもキレイな状態を保てますしね。

これまでメゾン系の財布も持っていましたが、使っていくにつれて愛着が……。その点これは使い込むほどに愛着が増して、ずっと持ち続けたいと思える。そんな財布ですね」。

 

仕切りも多く取り出しやすい。

仕切りも多く取り出しやすい。

 

J&Mデヴィッドソンの長財布

J&Mデヴィッドソンの長財布

上質なネイビーカーフに、クロコの型押しを施したラウンドジップ。表裏で異なる柄を施し、程よい光沢感も魅力のひとつ。ベージュの内装にはカード室を多く備えつつ、視認性も◎。6万4000円。(問)J&Mデヴィッドソン 青山店

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年4月号の記事を再構成]
写真/恩田拓治 吉岡教雄 上仲正寿 文/宮嶋将良(POW-DER)

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ