ムーンスターのジェントリー GE206 ミリタリー サービスシューズタイプ

ヴィンテージのミリタリーをオマージュするコンフォートシューズ!

ムーンスター(MOONSTAR/1873年創業。旧・月星化成。本社:福岡県久留米市)のウォーキングシューズブランド、ワールドマーチ(WORLD MARCH/1987年誕生)が2021年に立ち上げた、「紳士になれる靴」がコンセプトのジェントリー(gently)から2023年2月中旬、ヴィンテージのサービスシューズがデザインモチーフのプレーントウダービーが登場しました。

サービスシューズとは、1940年代〜’90年代まで米海軍(US NAVY)が公式採用し、式典のドレスコードとして履かれたレザーシューズのこと。基本デザインは外羽根式のプレーントウであり、木型ではやや幅広トウの丸みに富んだフォルムが特長。軍用とあって、アッパーの革は伝統的には硬く、丈夫な革が使われました。

一方、このジェントリー「GE206」では、そうした往年のサービスシューズのデザインやフォルムを取り入れつつ、アッパーにしなやかなレザーを使い、軽快でコンフォタブルな履き心地を実現。しかも、そのアッパーに撥水性&透湿防水性をもたせたことで、ラバーソールと相まって雨の日にも気おくれなく、快適に履くことができるものとなっています。

また、そのラバーソールもウォーキングシューズ譲りの屈曲性と衝撃吸収性に富むもので、かつ、耐摩耗性については一般的なラバーソールの約2倍という頼もしさ。加えて、インソールにAg+抗菌防臭機能が備わっており、悪臭の発生を抑制してくれるというのも特筆点です。

これまで、どちらかというと靴好きやミリタリー通に好まれてきたサービスシューズですが、じつは裾幅を選ばず、さまざまなパンツと相性よし。しかもカジュアルにはもちろんのこと、今どきのオンスタイルにも違和感なくマッチするとあってコーディネートの守備範囲もすこぶる広い! 誰にとっても1足あると重宝する靴なのですね。それはこのジェントリー「GE206」も同様で、しかもハイテクウォーキングシューズとしての快適性も備わるとなれば、デイリーで履き倒したくなること請け合いです。おまけにプライスがお手頃ゆえ、サービスシューズの入門編にピッタリ! もちろん靴好きにもオススメしたい一足です。

ムーンスターのジェントリー GE206 ミリタリー サービスシューズタイプ

サービスシューズの伝統的な素材&カラーであるスムースレザーのブラック(写真上段)に加え、風格ある質感を醸すシボ革のダークブラウン(トップ写真)、およびレッドブラウン(写真下段)もラインナップされている。

ムーンスターの
「ジェントリー GE206 ミリタリー サービスシューズタイプ」

製法:セメンテッド
アッパー素材:ステアハイド
ソール素材:ラバー
サイズ:24.5~27.0cm、28.0cm
ウィズ:4E
カラー:ダークブラウン、レッドブラウン(以上、シボ革製)、ブラック(スムースレザー製)
価格:各1万1000円

問い合わせ先/ムーンスター カスタマーセンター ☎ 0800-800-1792
https://www.moonstar.co.jp/worldmarch/gently/

※表示価格は税込み

※Begin Marketでもブラックを展開中!


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ