string(38) "https://www.e-begin.jp/article/360096/"
int(1)
int(1)
  

創立161年目となる今季、ついにブランド初のビジネスウェアを発表したマムート。山から街へ、そして山へ。ライフスタイルの新たなサイクルを生むべく、山岳アクティビティで培った技術の裾野を都市部へと広げた新たなアパレルとは。これまで多くの偉業を成し遂げてきたマムートが、新たなウェアカテゴリーへの第一歩を踏み出しました!

100字(ちょい)でおさらい!What’s “MAMMUT”?

 

 

登山家、トレイルランナーetc.プロを支える本格派!

 

1862年にクライミングロープメーカーとして創業したスイスのアウトドアブランド。現在はプロ御用達のシェル、フットウェア、バッグまでトータルでギアを展開。マムートは独語でマンモスの意で、マンモスロゴでもお馴染み。

ついに誕生!161年目にして初のビジネススーツそのままフィールドでも快適に過ごせるドレスマムート

目玉はなんといってもこちらのセットアップです。テーラードの仕立てによるクリーンなジャケットとパンツに、マムートが誇るアウトドアテクノロジーをふんだんに取り入れた本作は、スイスデザインの遺伝子を強く感じさせる仕上がり。ル・コルビュジエやマックス・ビルなどに象徴されるように、スイスデザインはあくまで機能第一。そのうえで先鋭的かつ、その後のスタンダードとなるような普遍的な作品を生み出してきたのです。その流れを汲むスイス生まれのマムートのよるセットアップは、2月に発売されるやいなや人気が爆発! ルックスはベーシックで都会的なジャケパンながら、そのままフィールドに出掛けられるほど快適な機能が満載なのです。カラーは写真のスティール(グレー)とブラックを展開。ジャケット「Active SO Set-Up Jacket AF Men」3万3000円、パンツ「Active SO Set-Up Pants AF Men」2万3100円。

山岳スペックの機能性!

命の危険を伴う過酷な山の環境をサバイブするための機能を追求してきたマムート。その彼らが今回満を持してデビューさせた本作は、いわば“命を守るための機能”をタウンユースへと転用した画期的なプロダクトです。その質実剛健な背景こそが、巷にあふれる機能性セットアップとの決定的な違いと言っていいでしょう。その山由来の機能・ディテールをピックアップして解説します!

山岳スペックを応用!【テックなスペック解説】アウトドアのテクノロジーを搭載したビジネスウェアとは

山スペック①「ストレッチ性抜群!」

生地にはマムートの大人気アイテム、ソフトシェルのファブリックを転用。抜群のストレッチ性があり、防風性にも優れている。しなやかでいながら、型崩れしにくく摩耗性が高いメリットも。

山スペック②「撥水・透湿生地で快適♪」

軽い雨ならへっちゃらなマムートのソフトシェル。生地にはPFCフリーの耐久撥水加工が施されており、撥水透湿性に優れ、梅雨時にも大活躍間違いなし。汚れにくく、速乾性にも優れている。

山スペック③「防寒トランスフォーム」

ジャケット右のラペル裏には隠しボタンが付属。写真のように衿を立ててラペルを閉じると、フラワーホールでボタンを留めることが可能。なんとソフトシェルばりの保温性も発揮してくれるのだ。

山スペック④「安心の収納力」

 

 

胸ポケのないすっきり顔と思いきや、左のラペル裏にジップポケットを用意。両ウエストには、荷物の紛失防止にも安心のジップポケットを用意。内ポケも2つを備え、収納性もバッチリだ。

山スペック⑤「“山”を象徴するカラビナベルト」

パンツにはあらかじめウェビングベルトが付属。ベルトいらずで、他のスーツやパンツからベルトを付け替える手間がなく快適♪ そして留め具はアウトドアブランドとしての矜持を感じさせるカラビナ型ってトコもいい! さらに股下にはガゼットクロッチも備え、機能はまさにクライミングパンツ。仕事帰りのボルダリングにもそのまま使えそう♪

コート、シャツ、バッグもシティ顔!山スペックが街に下りたNEWコレクション

ビジネスからフィールドまでシームレス!

ビジネスにピッタリなクラシカルなコートに見えるも、素材は防水透湿仕様のゴアテックス3レイヤー! 通勤や外回りでの急な雨天には、レインウェアとしても機能してくれる。フードは着脱可能。フードを外すとシックなステンカラー顔に。比翼の前立て、ウエストポケットには止水ファスナーを使用。「GORE-TEX Utility HS Convertible Coat AF Men」5万3900円。

モードなブラックもイケてる!

 

こちらがセットアップのブラック。ソフトシェルはナチュラルで落ち着いた素材感で、シンプルに白Tに合わせるだけでモードな雰囲気に。ジャケット「Active SO Set-Up Jacket AF Men」3万3000円、パンツ「Active SO Set-Up Pants AF Men」2万3100円。

ドレッシーな白シャツも!

クリーンな白シャツも、生地はストレッチと速乾性に優れるイージーケアなポリエステル素材。ただポプリン調のナチュラルな質感で、ビジネスにも違和感なく溶け込む。ボタンは開閉楽チンなスナップボタン、背中のヨークにはベンチレーションを備え、フィールドユースにも快適! ホワイト、スティール(グレー)、ブラックの3色展開。「Seon Longsleeve Shirt AF Men」1万6500円。

スマートなトートに見えて細部に気が利いてる!

遊びも仕事もシームレスで大人気、セオンシリーズのトート。外装にはナチュラルでスマートに見えるも、タフで撥水性に優れたバリスティックナイロンを使用。メイン室にはクッション入りのPC、タブレット2つのスリーブを用意。サイドにボトルホルダー、肩掛けと手持ちに適した2つのハンドルを設け、オンオフに使い勝手が抜群だ。こちらのベージュは今季登場のNEWカラー。サバンナ(ベージュ)、ブラックの2色展開。「Seon Tote Bag」約W30×H38×D14.5㎝。1万4300円。

山から街へ、そして山へ。山が主戦場のマムートが、161年目にして街へ下り立った理由とは

161年目にしてマムートが本格的にビジネスウェアに着手した理由は、やはり“山”が基点でした。というのも、多くの登山者は普段それぞれに仕事をしています。彼らの平日のストレスが軽減されれば、休日の山登りがより充実したものになるはずですからね。今回の“下山”は、そんな山⇔街の新たな循環を生み出す試みでもあるってワケ。もちろん登山者でなくても、マムートが長年培った山岳スペックを普段着として享受できるのは嬉しいかぎり! これからも、“やっちゃえ、マムート”ですね♪

 

問い合わせ先/マムート スポーツグループジャパン  ☎03-5413-8597
https://www.mammut.jp
※表示価格は税込


写真/若林武志 取材・文/桐田政隆 スタイリング/宮崎司(CODE) ヘアメイク/TOYO(Bello)

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ