string(38) "https://www.e-begin.jp/article/360096/"
int(1)
int(1)
  

Sponsored by Hanes

アメリカのベーシックウェアブランド、ヘインズといえばリーズナブルでパッケージもモノ好きに響くパックT。ロングセラーの3枚入りパックT・赤パックやビーフィー、そしてインナーにもTイチでも絵になるHanes Japan Fit。これらは男のワードローブに欠かせないレジェンドです。正直、ここクラスの名品ってそうそう出るものじゃありません。

が、近頃ビギン界隈では「これもそうだろ~っ!!」と、ギンギンにデイリー名品の予感漂うアイテムがあります。それが2022年に本国アメリカより上陸したアンダーウェア‶ポーチボクサー”のトータルサポートポーチ。このヘインズの次世代の永世定番をぜひ知ってもらいたいと、ヘインズをこよなく愛用するスタッフ3名がそのワケを語り合いました!

Detail
ポイントを解説!
特許を取得した
ハンモック構造「トータルサポートポーチ」


POINT①:トータルサポートポーチ
ヘインズの‶ポーチボクサー″はいわばボクサーブリーフです。ただ他のそれとは一線を画す、デイリーにちょうどいいコンフォートな機能がてんこ盛り! 最大のポイントはなんといっても、特許取得のポーチ構造「トータルサポートポーチ」です。いわゆるムスコをスポっと収納するポーチなんですが、深すぎず浅すぎないハンモック状の空間と、ポーチ入口サイドの通気性と肌触りに優れたメッシュ素材のライナーで、心地よ~く収めます。「ムレない スレない 動かない」の3拍子揃った、最高の着心地を実現しています。詳しくは、のちほどのスタッフ3名の声を聞いてみてください!

ポーチ構造だけじゃない…!
細かな部分にも嬉しい心遣いが!

ポーチボクサーは特許取得の「トータルサポートポーチ」以外にも気配りが盛り沢山。特に注目したい4つのポイントを解説します!
POINT②
暑い日でも安心! 吸汗速乾・抗菌防臭

生地にはヘインズ独自の抗菌防臭加工「FreshIQ」をプラス。なおかつ吸汗速乾性にも優れ、一日中快適な着用感が続きます。暑くなってくるこれからの季節にもサイコーですよ♪

POINT③
ソフトで滑らかな肌触り!
生地はポリエステル×テンセル×ポリウレタン素材による、ストレッチの効いた天竺。ただ化繊メインとは思えないほど滑らかでソフトな肌触りで、デイリーウェアとしても最適。リサイクルポリエステル、ユーカリ由来のテンセルを使い、サステナブルな心配りもなされています。

POINT④
伸縮性抜群なウエストバンド

ヘインズ独自の「コンフォートフレックス ウエストバンド」は伸縮性が抜群。締め付け感がないのも快適な一因です。
ベーシックな「Hanse」ロゴに、赤のラインもアクセントに効いています。

POINT⑤
股下設計で不快感を軽減!

太ももまで届く、やや長丈の股下設計も嬉しい作り。太もも部分の汗をしっかり吸収し、運動時でもめくれ上がりしにくいメリットも嬉しい。

Impression
使ってみてわかった! ポーチボクサー“3つ“の魅力

ここまで、ポーチボクサーの知っておくべきポイントを解説しましたが、実際穿いてみたらどうなの?ってのが一番気になるポイントでしょう! というわけで、ここからは愛用者の3名のリアルボイスをお届け!


左から
メインはトランクス派代表 
ライター 桐田政隆氏
アンダーウェアの原稿を書く機会も多く、そのため実際にさまざまなアンダーウェアを着用。普段はトランクス派だが、ヘインズのポーチボクサーを着用して、心変わりの予感も! ヘインズのビーフィーTは20年来の大好物だとか。

日本で一番パンツを見てきた!?男
スタイリスト 佐々木 誠氏
ビギンのアンダーウェア特集でもお馴染みのスタイリスト。他のメディアでも活躍し、アンダーウェアのタイプやトレンドにも精通。スタイリングから自身のコーディネートでも、パックTのヘインズジャパンフィットTを重宝しているそう。

パンツはコスパ重視派
編集部 タケイ
毎月スニーカーを買い過ぎて予算が回らず、アンダーウェアはコスパのよさが最優先のストリートマインドな25歳。空手で鍛え上げた下半身には自信あり。

佐々木 いや~、ヘインズのポーチボクサーには驚かされたね。
タケイ 個人的にはここ最近の最大級の発見でした!
桐田 もとは2021年に本国アメリカで発売。ヘインズのボクサーブリーフのなかでも一番人気となって、2022年秋に日本にも上陸したんだよね。こうした説得力のあるモノの背景もいいよね。
佐々木 ヘインズのボクサーは本国のアメリカでも支持が高かったそうだけど、そのなかでもあっという間に一番人気になったんだからすごいよね。でも正直いうと、実際に穿いてみるまで、ここまで高機能なボクサーだとは思っていなかった。ヘインズってやっぱり普段着っていうイメージがあるじゃないですか?
桐田 ああ、そうですね。普遍的なベーシックウェアってイメージがありますからね。
佐々木 それが予想以上の機能性と穿き心地のよさにビックリ! 他にも機能的なボクサーってたくさんあるけど、毎日ヘインズのポーチボクサーでいい!って思いましたもん。
タケイ 日本一パンツを見てきた男と称される、佐々木さんにそこまで言わしめるのはすごい! どんなところがよかったですか?
佐々木 スタイリストという仕事柄、撮影で洋服を置いたり持ち上げたりと、屈んだり立ったりすることが多いのね。ポーチボクサーはいわゆるフツーのボクサーと違って、「トータルサポートポーチ」に収めることによって、全然右往左往しなくなる。しかもがっちりキープがずーっと続く。これがめちゃくちゃ快適なのよ。ストレスにならない。
タケイ たしかに、ずっとポジションキープしてくれるのは快適ですよね。
佐々木 ただね、いわゆる陰嚢分離型でポジションキープするボクサーって、今までにもあったじゃん? 個人的には面倒な部分も感じてて、あんまり得意じゃなかったんだよね。ムスコをよっこいしょと、手にしてポーチに収めるワンテンポが手間に感じてね……。トイレのたびにめんどくさいな~って。
桐田 あー、たしかに。トイレのときに出し入れするの、めんどくさいですよね(笑)。
佐々木 それがポーチボクサーのポーチは、よっこいしょのワンアクションがいらず、スポっと穿くだけで収められるんですよね。これが独自の深すぎないハンモック状、サイドのメッシュライナーの賜物だと思うんだけど。
タケイ たしかに! ワンテンポのストレスなく、快適にポジションキープって嬉しいですね。
佐々木 分離じゃなく、サポートって感じがいいんだよね♪

タケイ 仕事柄でいうと桐田さんは、原稿を書くためにいろいろなボクサーを穿いたと聞いてます。
桐田 そうだね。メインはトランクス派なんだけど、専門ブランドからアウトドアブランドなど、結構いいお値段をするボクサーも穿いてるかも。でもポーチボクサーはそういった高機能な一枚とも、全然ヒケを取らないと思ったよ。
タケイ へ~、そうなんですか!
桐田 取材や撮影で一日中歩き回ることもあるんだけど、そんな日にポーチボクサーは最高だね。佐々木さんのいうようにポジションキープも快適だし、ムレないのがいい。
佐々木 たしかに、それは僕も感じました。だからより快適に感じたんだろうな。
桐田 ずーっとサラっとしてますよね。夏場の移動にも助かるだろうな~。それにコットンライクな滑らかな生地感もいいんですよ。
佐々木 そうそう。僕、最初、コットンかと思いましたもん。それが素材表記を見てビックリしましたね。ポリエステルメインとは思えないほど、ナチュラルな素材感も特筆すべき点です。
タケイ 僕も運動で使ったんですけど、マジでムレないのにビックリしました!
桐田 あ、運動時にも絶対いいよね!

タケイ 家で筋トレとかストレッチをよくするんですが、その時に穿いたんですけど、めちゃくちゃ快適でした! 以前から運動時にボクサーを穿いていたんですけど、動いているうちに裾がめくり上がって、股に食い込んでくるのが、すごく嫌だったんですよね。
佐々木 あ~、わかる! オレも仕事中に、そのストレスを感じてた。
タケイ でもポーチボクサーは程よい長さなので、動いてもめくり上がってこないんですよね。ホントちょうどいい長さだな~って思いました。生地自体も伸縮性に優れてしなやかなので、そもそもめくり上がりくい気もしますね。
桐田 ショート丈のタイプもあるけど、こっちもめくり上がりにくかったよ。あとオレ、普段はトランクス派なんだよね。ボクサーも持ってるんだけど、穿くのは海に入ったり、スーツを着るときくらい。でもポーチボクサーは普段使いしたくなったのよ! こんなボクサー、今までなかったよ。
佐々木 そうなんですか!
桐田 というのも、ポーチボクサーは穿き心地もいいんだけど、前開きがあるんですよ。陰嚢分離型やサポート付きのボクサーで、前開き付きって珍しくないですか?
佐々木 ああ、たしかに。あんまり見ないかも。
桐田 トランクスって前開きが付いてるじゃないですか。だからトイレのとき、ポーチボクサーでも違和感がなかったんですよ。佐々木さんのワンアクションと似てて、陰嚢分離型ってトイレのとき出すのが面倒だから、普段使いしたくなくなるし。
佐々木 なるほど~! たしかにトランクスみたいに前開きが付いてるのもメリットですね。あと個人的にはヘインズらしく、ベーシックを地で行くデザインも好き。高機能なアンダーウェアって、ちょっと主張があるものが多いじゃないですか? あれが苦手なんだよな~。
タケイ わかります! 勝負パンツ感があるモノも多いですもんね(笑)。
佐々木 4、5000円とか、値段も張るから、どうしても主張のあるデザイン性に作らなきゃっ、てのもあるんだろうけどね。でもポーチボクサーは高機能なのにあくまでベーシック。これはビギン読者にも絶対に刺さると思う。
桐田 そうですよね。値段の話が出たけど、ちなみに僕、はじめはタケイくんから「試しに穿いてみてください」ってポーチボクサーをもらって穿いたんですよ。だからたまたま、はじめは値段を見ずに穿いたんですよね。穿いてみてめちゃくちゃ快適だったんだけど、この手の機能的なアンダーウェアって高いからな……。スケールメリットのあるヘインズでも、3000円くらいはするのかな……って思ってたんです。

佐々木 ですよね!? 値段にビックリですよね!?
桐田 あとで1100円って知って、仰天でしたもん。これ、何枚も持てるじゃん!って。
タケイ ホント、「全米が穿いた」的な感動モノ(笑)。機能的なボクサーっていいんだけど、いかんせん高くて、毎日穿けるものじゃなかったですからね。持てても2枚とか。
佐々木 でも懐に優しいポーチボクサーなら何枚も持てる。毎日、機能的なボクサーを穿けるって画期的だよ。
タケイ パンツはコスパ重視だった僕にとっては、ホント、夢のようです!
桐田 ホントだよね。コスパのよさも、トランクスから機能的なポーチボクサーに乗り換えようかと思った理由なんだよね。
佐々木 1100円でこのクオリティって、一度穿いたら絶対クセになる。元に戻れなくなる。
タケイ これはマジでパックT、ビーフィーに次ぐ、定番になりそうですね!

超ベーシックブランドが作った次世代定番ボクサー!


COMFORT FLEX FIT® トータルサポートポーチ ポーチボクサーブリーフ
日本では2022年9月から本格展開。一度穿いて虜になる人が続出している新定番のボクサー。ネームタグが付属しないプリント表記まで、快適な着心地を追求している。生地は肌触りにも化繊感がなく、ほどよい生地感があり、寒い季節に駅のホームなどの椅子に座っても、ヒンヤリしないのが嬉しい。こちらは股下丈レギュラータイプ。太ももまで届く長さで、着心地にも安心感がある。写真のシルバーグレーのほか、ブラック、グレイッシュライトブルー、ブライトブルー、レッドブリックの5色展開。各1100円。


COMFORT FLEX FIT® トータルサポートポーチ ショートポーチボクサーブリーフ
上の股下丈レギュラー設計モデルよりも丈が短い「ショートタイプ」も用意。短丈派や、これからの季節にショーツを穿いたりする日にもオススメ。レギュラーモデルと同じ3色展開。写真はブラック。各1100円。

問い合わせ先/ヘインズ公式オンラインストア https://www.hanesbrandsinc.jp/pages/totalsupportpouch.aspx/

写真/工藤 恒(アルフォース) 文/桐田政隆 スタイリング/佐々木 誠

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ