string(38) "https://www.e-begin.jp/article/374816/"
int(1)
int(1)
  

万双の厚コバシリーズ

プレシャスなエイジング革を惜しまず使い、卓越した職人技で製造

品質至上主義に徹し、日本の職人の高い技術力による圧倒的なクオリティの革鞄などを展開して、世の革好きたちを魅了し続けている万双(1995年創業)。Beginでも、すっかりおなじみですね? そこで今回は、同社が新たに投入した渾身の革小物「厚コバ」シリーズを紹介します。

鞄メーカーとしての感性と技術力を革小物に反映させることで、道具としての美しさを追求したという、このシリーズは、同社の象徴的アイテムであるダレスバッグをデザインモチーフに取り入れた、ユニークな全7アイテムのコレクションとなっています。

素材では、定番のオリジナルレザー「双鞣和地(そうなめしわじ)」を表素材のみならず、内造りやライニングにも贅沢使用。なめし職人らと6年にわたって協業して開発した、このプレシャスレザーは日本の湿度の高い気候を想定しながら、純植物なめしを二度にわたって施す「フルタンニン二重なめし」という手間暇を要する製革法で作られており、しなやかにして堅牢。その風合いには品格と厳粛さが感じられ、かつ美しくエイジングするという特色があります。

縫製では、万双が十八番にする菱縫い(縫い糸が斜めになって収まる縫製法。ミの字ステッチともいう)を採用。針先を限りなく研ぎすませた縫い針を刃物で切るがごとく革に刺し入れて、糸を引き締めつつ施すことで耐久性を高め、かつ製品の見た目を秀麗なものにしています。

万双の革鞄を所有する悦びと同等の感動が得られる革小物

そして「厚コバ」シリーズの名の通り、コバは同社の真骨頂たる切り目仕上げ。溶かした蜜蝋を繰り返し切り目に染み込ませながら、徹底的に磨き込むことでシャープ、かつ高級感ある輪郭を表現しています。とりわけ、各製品のトップラインは最注目のディテール。これを約10mmのコバにし、そこに通常の約4倍もの時間をかけた手磨きを施すことで、製品のアイコンとして輝きを放っています(トップ写真参照)。しかも、このトップラインでは革小物では使われることのないミシンが駆使されていて、ダレスバッグの縫製を手掛ける職人によってすこぶる堅牢に縫い合わされているのです。

ところで、この印象的なトップラインが緩やかな流線にデザインされていることがおわかりでしょうか?(下写真) じつは、これもダレスバッグに由来するスラントショルダー(なで肩のトップライン)をモチーフにしたシルエットです。同シリーズの開発を担ったデザイナー兼パタンナーの田中誠氏曰く、「自然界にあるさまざまな曲線からインスパイアされて取り入れた曲線です」とのこと。この流線が人工的な直線と組み合わさって巧みに調和したことで、「厚コバ」シリーズは、他では見ることのできない独創的な造形美に結実しています。ちなみに田中氏はフランスで鞄作りの技術を磨き、デザインセンスと製鞄技術の高さから、同国の某メゾンから採用のオファーを受けたほどです。

なお、同シリーズに採用されているホックは全て、400年以上の歴史をもつドイツの名門金具メーカーであるプリム(PRYM)社の製品。同社の金具製品は耐久性に富む、極めて信頼性の高いものであり、しかも、見た目においては仕上がりの美しさも魅力。と、こうした部材の選択においても、万双らしいコダワリが見てとれることでしょう。

万双の革小物製品は革鞄や革ベルトと同様、その品質の高さに定評がありますが、既存の製品はいずれも、どちらかというとドレッシーな大人の雰囲気です。が、「厚コバ」シリーズは昨今のビジネスのカジュアル化を受けてか、ON & OFFで幅広く使えるセミカジュアルな佇まい。なので、より多くの人々のニーズに応えてくれるでしょう。しかも、個性的ながらも完成度の高いデザインや細部まで手を抜かない作り込みから、鞄メーカーとしての矜持も実感できるはず。万双の“熱い”心意気を“厚い”コバからぜひ感じとってみてください。
 

厚コバ コンパクト財布

万双の厚コバ コンパクト財布

「厚コバ」シリーズの中核モデルで、トランクケースの古典的な技術で作られたもの。縫製に手間と技術を要する通しマチ(両サイドのマチと底マチが切り替えなく、ひと続きの一枚革でできており、かつ各マチの形状がスクエアであるマチのこと。型崩れが起きにくく、耐久性が高い)を取り入れ、前胴→底マチ→後胴がひと続きとなっている本胴が、その底マチを包み込む二重構造に。これにより、底マチの強度をさらに高めているのだ。また、くるみボタン(オス側の頭部を革で包んだスナップボタンのこと)付きのフラップをめくると現れるコイン室には中仕切りが仕込まれ、メインルームにも着脱式の革製中仕切りがあり、紙幣とカードの仕分け収納を可能にしている。W10×H9×D2.4cm。全6色。1万7600円。
 

厚コバ 二つ折り財布

万双の厚コバ 二つ折り財布

「コンパクトを追求しつつも収納力を犠牲にしない」とのテーマから開発されたミニ財布。ハリ感に富む「双鞣和地」2枚をピタッと貼り合わせることで、二つ折り時に胴底にできる曲線を美しく、シャープなものにしている。見開きに3室構造のカード段と折りマチ付きのコイン室があり、そのコイン室の背後には特別な工夫により、カード5枚までが収まる隠しポケットが備わっている。また、札室はスムーズに紙幣の出し入れができるあおりタイプだ。W10×H9cm。全6色。各2万4200円。
 

厚コバ ペンケース

万双の厚コバ ペンケース

「引き出し家具のようなペンケースにしたかった」(田中氏)との意図から、革細工仕立ての技術で製作されたもの。上記の「厚コバ コンパクト財布」と同様に、前胴→底マチ→後胴が切れ目なくひと続きで、それを通しマチを覆う底マチ二重構造に。これにより、デスクに置いても安定感があり、筆記具の出し入れをスムーズなものにもしている。筆記具10本程度が収まり、マルチケースとしても使用できる。フラップ留め金具はプリム社のマグネットホック。W16.5×H7×D6.5cm。全6色。1万5180円。

万双の
「厚コバ」シリーズ

アイテム:計7アイテム(上記3アイテムを含む)
表素材:「双鞣和地」
内造り&ライナー素材:「双鞣和地」
金具:プリム社製スナップホック、または同マグネットホック
カラー:ブラック、キャメル、ダークブラウン、ボルドー、ネイビー、ダークグリーンの全6色
製造国:日本

問い合わせ先/万双 東京店 ☎ 03-3832-6461 万双 神戸店 ☎ 078-331-6661
https://www.mansaw.net

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ