wook vol.8

経年変化するのがシルバーアクセサリーの醍醐味!…ってことで、お気に入りの相棒と末長~~~くお付き合いするための基本メンテ術を公開します!

 

シルバーアクセサリーの基本メンテ術
自宅にあるアイテムのみでもピカらせ可能!

シルバーアクセは渋~く変色した姿も確かに味わい深いけど、あまりに黒ずんでしまうと不潔に見えちゃうもの。

で、そんなときに頼れるのがアルミホイルと塩と重曹。この三種の神器を使ってグツグツ&ゴシゴシすれば、ご覧の通り新品並みの輝きを復活させられちゃうのだ! ピカり具合を調整して味を残すことも可能なので、ぜひお試しあれ。

 

【1】鍋にアルミホイルを敷く

鍋にアルミホイルを敷く

まずは手持ちの鍋にアルミホイルを敷いて、愛用アクセ全体が浸かるだけの水を張る。フライパンなどを代用してもOKだ。

 

【2】水を沸騰させ塩を適量入れる

水を沸騰させ塩を適量入れる

水が沸騰したら、塩適量をササッと入れる。水の量にもよるが、全体に満遍なく行き渡る程度に入れよう。

 

【3】10分程度煮る

10分程度煮る

塩を投入後、再沸騰したら愛用のシルバーアクセを投入! 熱くなりすぎないよう注意しながら、弱火にして10分ほど煮込むべし。

 

【4】それだけでココまでキレイになる!

それだけでココまでキレイになる!

10分経ったら、アクセを引き上げてOKだが、かなり熱いのでヤケドに注意。この工程だけでも黒ずみはだいぶ落ち、鈍~く輝くはず。

 

【5】さらに重曹と水で磨く

さらに重曹と水で磨く

後は重曹と水を使ってゴシゴシ磨くだけ。満遍なく磨いたら、から拭きで仕上げれば完了だ。所要時間はたった20分程度!

 

After

シルバーアクセの基本メンテ術After
ど~です、このピカり具合! 新品同様の輝きを放ってるでしょ!? 味を残したい場合は、ラストの磨き工程を省いてもよし。

 

ユーロフラット 代表宮崎滋史さん

ユーロフラット 代表
宮崎滋史さん

メンテナンス達人

シルバーやゴールドから各種天然石ものまで、多彩なアクセを揃える東京・表参道の人気店代表。アクセのケア術にも精通しまくり。

 


[ビギン2018年1月号の記事を再構成]
写真/植野 淳 文/山田純貴 間中美希子 礒村真介 黒澤正人 スタイリング/佐々木 誠

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ