アーバンリサーチ

Sponsored by Allbirds

ここ数年、生活様式と共にモノ選びのマインドも一新され、スニーカーを取り巻く環境も激変。ひと昔前はトキめいていたはずの“オン/オフ兼用”や“快適”という謳い文句も、いまやありふれたストロングポイントになってしまいました。代わりに新たな“買い”の指標として、メキメキ頭角を現しているのが、“サステナブル”でしょう。
何を隠そうこのオールバーズは、まさにそのエコ分野におけるスニーカー界のトップランナー! でいて、かの米TIME誌をして「世界一履きやすい靴」とも言わしめる、いわば全米が泣いた級の注目株なんです。……そう。同社の凄さは、このエコをしっかり効能に結びつけているってとこ! 実用的なのに地球にも優しい。これこそが令和のオンオフ靴の理想像でしょ! ってことで、オールバーズを知って、足元からサステナブルを見直そうじゃありませんか。

100字でわかるオールバーズ


元ニュージーランド代表のサッカー選手だったティムさんと、バイオテクノロジー専門家のジョーイさんが、2016年に米国サンフランシスコで創設。天然由来の素材を使った、地球と人間に優しい靴作りで注目の的に。

【“BUY”BLE①】
丸ごと一足サステナブル!?な
5つの重要ポイントを学ぼう

代名詞とも言えるのが、スニーカーとしては極めて珍しいメリノウール製のアッパー。フワッとした暖かさに加えてこのなんとも言えない“品”が、オン/オフ兼用力を高める一助になっているのは疑いようもありません。で、すごいのはその調達先。動物愛護を恒久的に維持する努力を行っている農家にしか認められない、ZQ認証の農家とだけ提携し、あらゆる意味で最良のメリノウールを仕入れているんです。さらにそこに天然由来の撥水シールドまでイン! おかげでなんとこの面構えで、少々の雨ならへっちゃらな撥水性まで確保してくれてるってワケ。

続いてフォーカスしたいのがミッドソール。一般的なスニーカーには大抵EVA素材が使われているが、同社はここにもテコ入れ。なんとEVAの代替素材が見つからないということで、サトウキビ由来の世界初カーボンネガティブミッドソール“スウィートフォーム®”を、独自開発しちゃったんです! し・か・も、それに加えてヒマシ油を使ったふっかふかのクッションフォームと、前述のZQウール地をドッキングしたインソールもプラス。見事“世界一”とも称される履き心地を実現してるんです。

さすがにシューレースくらいはいいんじゃない?……な〜んて妥協しないのが、サステナ界の新星としても注目される、同社のすごいとこ。リサイクルプラスチックボトルを利用してシューレースでもサステナ度の向上を追求してるんです。ちなみに1本のボトルが、大体1組のシューレースに相当するとのこと。

同社のアイデンティティともいえるのが、このカーボンフットプリント。これは原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのサイクル全体を通して排出されるカーボン(温室効果ガス)の量を、CO2に換算して表示すること。一般的なスニーカーが一足あたり平均約14kgCO2eと言われるなか、オールバーズは一足あたり平均約9㎏CO2e! すでに十分に思えるが、同社では2030年までにほぼ0にまで減らすことを目標にしているんだとか!

環境への貢献度は世界で認められてます


オールバーズは米国の非営利団体“B Lab”による国際認証制度“B Corporation”の認証も受けています。これは厳格な審査のもと、環境や社会に配慮した公益性の高い企業にだけ与えられるもの。その環境への貢献度は、世界で認められているんです。

【“BUY”BLE②】
ロゴに頼らないミニマルフェイスで
仕事から休日までオン/オフ不問の365日対応!

ど〜です? およそスニーカーとは思えない、この厳か〜な佇まい! 一切の装飾を省いたミニマル顔とメリノウールアッパーの相乗効果で、オンスタイルにもきっちり対応してくれてるじゃありませんか。もちろんオフのキレイめカジュアルに合わせても、まったく違和感なし。マジで仕事から休日まで週7=365日履けちゃいますね、これは。

【“BUY”BLE③】
タイプ別! エントリーモデル
四天王を知っておこう

2016年スタートの新鋭ながら、すでにラインナップは多彩。次代のオン/オフスニーカーの定番と目される秀作がバシバシ開発されてるんですが、ここでは特にエントリーに相応しい、4つの代表モデルを頭に叩き込んどきましょ!

まず外せないのが今回題材にした“ミズル”という名が冠されたシリーズ。これは本来“霧雨”という意味だが、同社では「どんな天気でも、足元を濡らさずに暖かく保つ」という意味として使ってるそう。ZQメリノウールアッパーに天然由来の撥水シールドを施すことで、その決意表明通り、雨天時でも活躍する機能派に。上はそのハイカット版。上/1万9000円。下/1万6000円。

こちらは上の“ミズル”ファミリーの強化版。ZQメリノウールアッパーに、天然由来の撥水シールドを施しているのにプラスして、アッパー下部全域を覆うように、25mm幅の泥よけ加工も採用。より雨天時での貢献度が高い一足に。2万1500円。

フワモコ仕様のZQメリノウールを使用した、“ウールランナー フラッフ”シリーズも、暖をとりたくなるこれからの時季にはうってつけ♪ 他シリーズと同様に、 “スウィートフォーム®”ミッドソールや、ヒマシ油を使ったクッションフォームも採用しているので、見た目と同様、履き心地もフワッフワ♡ 上/2万円。下/1万5000円。

オールバーズの記念すべき初号機にして、エコと実用性を矛盾させない!という同社の意思を最も色濃く反映している看板モデル。ZQメリノウールアッパー、スウィートフォーム®ミッドソール、サトウキビ由来のクッションフォームとZAメリノウールをフュージョンさせたインソールなど、象徴的ディテールが全部入り! 1万4000円。

 

 

 

靴紐&靴箱がショッパーに!?
ショッピング後もサステナブルです

購入時にはひと組み(2本セット)の替え紐が付属。なんと同社は箱の持ち手として、その内の1本を利用! 買った後まで徹底してる〜♪

問い合わせ先/Allbirds tel:0800-080-4054 オールバーズ公式オンラインストア ミズルコレクションはこちら!
店舗情報/Allbirds丸の内仲通り Allbirds原宿竹下口駅前 Allbirdsグランフロント大阪 南館5F
写真/若林武志 文/黒澤正人 スタイリング/武内雅英 ヘアメイク/北村達彦 編集/増井友則(Begin NEWS)

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ