Begin Market DAN-TEN

「迷迭香(マンネンロウ)」というブランドをご存じでしょうか。2020年春夏シーズンにスタートした日本のアパレルブランドで、国内外の有名ブランドやショップを渡り歩いたデザイナーが、自らのライフワークである“ガーデニング”における機能性を反映させたプロダクトが特徴です。で、何がスゴイかと言いますと、ラフに見えて計算された立体シルエット、そして庭いじりや山遊びを想定した高い機能性が、無理なく無駄なく両立されたデザインワーク。適度に肩の力は抜けているのに、プロダクトとしての質が実に高いんですね。だから一見普通っぽく見えても、よく見ると、何なら着てみると、そのよさがよ~くわかるんですね。そんなところがオシャレ偏差値の高い玄人たちのハートをわしづかみしてるってワケ。例えば、今や押しも押されもせぬ人気店となった青山の「レショップ」でも展開されている、というのがわかりやすい例でしょうか。また、プライスも安いというほどではありませんが、そのクオリティを鑑みればどう考えてもお値打ち。“気張らずお洒落”を極めるとこうなるのか~、と感心させられる素晴らしいブランドです!

迷迭香とは?


迷迭香(マンネンロウ)とは、中国語でローズマリーを意味する単語です。それをブランド名に採用した理由は、デザイナーが山の暮らしから街の暮らしに戻るとき、山で育てていたローズマリーの心地よい香りが、どこからともなく漂ってきたからなんだとか。ロマンチックなエピソードだし、豆知識として知っておけば洋服への愛着も高まりそう!

一気に秋めく大人のフィッシングシャツ●マンネンロウ/キャンバス フィッシングシャツ

旬なアイテムと比べると、見過ごしがちなシャツ。ですが、マンネンロウには思わずうまい!とヒザをうつアレンジが! ブランド定番ゆえの安心感はそのまま、フィッシングがベースのディテールが効いた新作がこちら。

しなやかなライトオンスのキャンバスを採用し、シャツの仕様で仕立てた、アクティブシーンからカジュアルまで合わせやすいフィッシングジャケット。フィッシングのための大容量ポケット、ロッドホルダーは日常でも便利。

またややゆとりがあって、シャツアウターとしても着られるというのに、大人でも品よくリラックスできるシルエット、立体的なパターンもお見事! >>>商品はコチラ

秋のオシャレはキャップから♪●マンネンロウ/TCスエードキャップ

秋のレジャー、街へのお出掛けにとシームレスに使えるキャップが登場。ぱっと見ラフなスエード素材、でも実際はコットン65%、ポリエステル35%のT/C。メンテナンスが簡単(洗濯も可)なうえに、スエード調ならではのウォーム感があり、秋らしい着こなしにもバッチリ。

後頭部の漢字刺繍もアクセント♪ >>>商品はコチラ

機能中綿“ソロナ”は薄手でも暖かい
●マンネンロウ/Quilted shawl coat


キルティングコートといえば、冬の定番アイテムのひとつ。カジュアルにも上品にも振れる着まわし力の高さが魅力ですが、その反面、個性を演出しづらいという難点も。しかし!こちらの1着には、ふたつのNEWな要素が盛り込まれており、脱ありきたりのキルティングコートに仕上げられているんです。

芯まであったかい♡

ひとつ目のNEWなポイントは、植物性由来樹脂を使用した環境に優しい“SORONA®”を中綿に封入しているということ。米国の化学メーカー“デュポン社”が開発した新素材とあって、薄手ですが寒い時期でも温かく、着用感はふんわり軽い仕上がり。アウターとしての機能は十分確保されています。

シンプルに潜む違和感がミソ


ふたつ目のNEWなポイントは、シンプルを追求しながら違和感を持たせる天邪鬼なデザイン。たとえばキルトステッチを生地と同色に設定し着まわし力を上げているのに、前身頃にはチャイナボタンをあえて採用しオリエンタルなムードを注入しているというように。


ただこの絶妙な天邪鬼デザインが、無理せずオシャレな雰囲気を身に纏えるミソ。言葉にすると着合わせが難しそうですが、上品なショールカラーのシルエット×ブラックボディだから変な小細工をせずとも無地のアイテムの上に羽織るだけでサマになります。つまり定番のキルティングコートと同様の着回し力を確保しながら、着こなしの決め手になる存在感&保温性が格段にUPしているってわけです。世にも新しい魅惑のコート、その使い勝手の良さをあなたもぜひ体験してみて!<<<詳しくはこちら

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ