string(38) "https://www.e-begin.jp/article/368545/"
int(1)
int(1)
  

ユニオンワークス銀座店 店長 鳥海悠介さん

一生靴として愛用するなら、ソールのリペアについても気を払うべし。ユニオンワークスの鳥海さんが極意を伝授してくれました!
 

直しのプロに聞く

ユニオンワークス銀座店 店長 鳥海悠介さん

ユニオンワークス銀座店 店長
鳥海悠介さん

以前は青山店の初代店長を務め、ユニオンワークスの顔としても知られるお方。「靴を長く愛用するには、いい状態をコツコツと長く保つことが大事。大きな損傷でなくても、気になる箇所があったら気軽に質問してみてください」

見た目はそのまま!
“ハーフ&ハーフ”にすればずっと美味しいと覚えよう

本格靴

靴の修理の花形(?)といったら、アウトソール全体を交換する「オールソール」。ソールの種類によっては靴の雰囲気もガラリと変わり、気持ち新たに履けますから。

しかしながら、長~く履くという点だとその選択は考えもの。というのも、オールソールは靴の内部への負担が大きく、グッドイヤー製法でも2回~3回程度が関の山。

そこでオススメは、ソールが半分擦り減った段階で上部半分に蓋をするようにソールを足していくリペア方法。元のソールの土台を残したまま、擦り減った部分を補強していくので靴の負担が少なく、半永久的に交換することができるのです。

長く履くことが見直された今日、このハーフ&ハーフオーダーこそ最適解ではないでしょうか。
 

出会った頃のときめきを忘れたくないから……

見初めた本格靴

 

オリジナルのソールを守る“ハーフラバー”トッピング

ハーフラバー

ユニオンワークス銀座店 店長 鳥海悠介さん

コソコソソコにつける、それが大事!(鳥海さん)

【5000〜6000円で出来る】ハーフソール付け

ハーフソール付け

土台のソールが擦り減る前に、ハーフラバーでの補強が何かとオススメ。写真右、ユニオンワークスのオリジナルはグリップと耐久性に優れる英国製。ビブラムソールなども用意している。5500円~(ユニオンワークス)

鳥海悠介さん

ソールが半分擦り減ったら補強を(鳥海さん)

ハーフソール付けが一番イイ「3つの理由」
1.見た目に支障なし
2.靴への負担が少ない
3.Tシャツ1枚、我慢するだけ!

心配性の人は……[トウスチール付け]

トウスチール付け

つま先は靴のなかでも負担がかかりやすい箇所。減りすぎるとのちのリペアに影響が出やすいため、早めの修理、もしくは新品時からのスチールトウの保護がオススメ。4400円~。

うっかりさんは……[オールソール替え]

オールソール替え

もう穴が開きそう……、なんて愛用しすぎたうっかりさんは、オールソールでの修理が必要。同店では靴それぞれの仕様や特徴を踏まえて、仕上げてもらえる。1万3200円~。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年10月号

Begin 2022年10月号

本格靴会議2022

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ