アーバンリサーチ

シチズンコレクション アナデジテンプ 鉄道開業150周年記念モデル

1号機関車、中央線201系、山手線E235系を文字盤で表現!

シチズン時計が「時計の基本性能とデザインが備わった実用ベーシックウォッチ」をコンセプトに展開しているブランド「シチズンコレクション」の大人気モデル「アナデジテンプ(ANA-DIGI TEMP)」に、鉄道ファン垂涎のスペシャルバージョンが登場しました!

日本の鉄道開業は1872(明治5)年10月14日に東京・新橋と神奈川県横浜(現・桜木町駅)の両停車場で開業式が行われ、その翌日に新橋〜横浜間の旅客列車の運転が始まったのが事始めでした。これによって日本の交通事情は急速に発展していき、時間の使い方に対する人々の意識も大きく変わっていったのです。ということで、今年(2022年)の10月14日はジャスト、鉄道開業150年目ということになるのですね。

ここに紹介する「アナデジテンプ」は、その150周年を記念する、とてもおめでたい限定モノ。1世紀半の歴史の中であまた存在してきた車両のうち、新橋〜横浜間の鉄道開業時にイギリスから輸入された1号機関車、1979年から約30年間にわたって中央線に使用されていた中央線201系、2016年から営業運転されている山手線E235系の、計3車両をモチーフにした3モデルがラインナップされ、それぞれが実車両のカラーや外装の特徴を文字盤デザインなどに反映したものとなっております。

と知れば、鉄道ファンならずとも「絶対欲しい! すぐ欲しい!」となりますよね? が、じつはこれら3モデルは、どれもがすぐには入手ができません。というのも、時計の世界では珍しいことに受注生産の商品だからなのですね。すなわち「シチズンウオッチ オフィシャルサイト」か「トレニアート(TRAINIART)JRE MALL店」にてネット予約することで生産が始まって、来年6月頃に購入品が入手できるというシステムです。えっ? そんなに待てない? いえいえ、そんなに急いではイケマセン。むしろ1号機関車が走った頃に思いを馳せて、その時代の人々のようにのんびり気長に出来上がりを待つことを存分に楽しんでくださいな。

1号機関車 品番:JG2135-68E

シチズンコレクション アナデジテンプ 鉄道開業150周年記念モデル JG2135-68E

1号機関車

新橋〜横浜間の鉄道開業時にイギリスから輸入された1号機関車をモチーフとし、シックなブラックカラーをベースに、ゴールドとレッドをバランス良く配色したモデル。実車の車両正面に描かれていた形式番号「1」を文字盤上部中央にあしらい、左上のアナログ表示の時分針は車両正面の煙室扉のハンドルに見立てている。その右側のディスク型秒針は機関車の動輪を、また、左右下部の黒いドットでは緩衝器(連結器と車体の間で、車両間の衝撃を緩和する装置)を表現。「ANA-DIGI TEMP」の銘板は二重枠と、その左右のドットで車両側面の製造銘板をイメージできるものにしている。3万8500円。

中央線201系 品番:JG2130-61E

シチズンコレクション アナデジテンプ 鉄道開業150周年記念モデル JG2130-61E

中央線201系

1979年のデビュー以来、約30年にわたって中央線を駆け抜けた201系をモチーフとし、そのオレンジバーミリオン色を文字盤全体にあしらったモデル。上部にヘッドライトをイメージした夜光を配置。左上のアナログ表示は国鉄職員に支給された腕時計「シチズン ホーマー」がモチーフで、右側の秒表示は運転台のメーターを模したデザインになっている。また、各デジタル表示部の上に記されたアルファベット表記は、編成札の白赤・白緑色の配色に由来。「ANA-DIGI TEMP」の銘板では、側面方向幕(車両側面にある行先などを記した表示部分)のフォントをモチーフにしている。3万6300円。

山手線E235系 品番:JG2130-61F

シチズンコレクション アナデジテンプ 鉄道開業150周年記念モデル JG2130-61F

山手線E235系

2016年から営業運転を開始した山手線E235系がモチーフ。車両正面の装飾を忠実に再現する、ウグイス色×ブラックのドット柄グラデーション文字盤が特徴だ。上部左右にヘッドライトを模したスクエアドットを配置。左上のアナログ表示は運転台のメーター(色は反転)を、その右のディスク型秒表示は山手線の路線図をイメージしている。「ANA-DIGI TEMP」の銘板では行先表示器(車両写真の「山手線 Yamanote Line」表示部)と同様、フォントとともにウグイス色のラインが記されている。3万6300円。

シチズンコレクション アナデジテンプ 鉄道開業150周年記念モデル JG2130-61F

裏ブタに、JR6社が共通使用している「鉄道開業150年キャンペーン」のロゴマークが刻印されている。ちなみにJRグループによると、橋梁を走行するSLがモチーフの、このロゴマークには鉄道が人々の「会おう」という気持ちをつなぐ架け橋であり続けたいという思いを込めているのだとか。

白手袋

商品サンプルの実見、ならびに試着は、「シチズン フラッグシップストア 東京」、「シチズン フラッグシップストア 大阪」、「JRE MALL Cafe」の3ショップにて可能(展示期間は下記参照)。ちなみに展示のみのため、これらのショップでの購入は不可だ(購入方法は下記参照)。また、このうちの「シチズン フラッグシップストア」両店では、3モデルのいずれか1本以上を撮影してTwitter、もしくはInstagramに「♯シチズンと鉄道開業150年」のハッシュタグを付け、その場で投稿すると、車掌や運転士が実装している白手袋(写真)が進呈されるキャンペーンを実施中。ただし数量限定のため、なくなり次第終了となるので、投稿前、まずは店舗係員に確認を!

シチズン時計の
「シチズンコレクション アナデジテンプ 鉄道開業150周年記念モデル」

3モデル共通仕様
駆動方式:クォーツ
ムーブメント:Cal.8989
防水性能:日常生活防水
ケース幅:32.5mm
ケース厚:8.0mm
ケース素材:ステンレススチール
ガラス素材:クリスタルガラス
バンド素材:ステンレススチール
主な機能:温度計、クロノグラフ(1/1000秒・12時間)、デュアルタイム表示、日付表示、曜日表示、アラーム
 
購入方法:受注生産にて、下記オフィシャルサイトにて予約受け付け中。
〇「シチズンウオッチ オフィシャルサイト」(https://citizen.jp/collection/tetsudo_kaigyo/index.html
〇「トレニアートJRE MALL店」(https://www.jreastmall.com/shop/c/c01/
購入申し込み受付期間:2022年12月7日23時59分まで ※場合により、これ以前に受付を終了する可能性あり。
納品予定日:2023年6月下旬
 
サンプル展示店舗:
〇「シチズン フラッグシップストア 東京」(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 1F/展示期間2022年12月7日まで)
〇「シチズン フラッグシップストア 大阪」(大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-1-5/展示期間2022年12月7日まで)
〇「JRE MALL Café」(神奈川県横浜市西区高島2-16-1 JR横浜駅中央北改札内/展示期間2022年10月1日〜同10月16日)

問い合わせ先:シチズンお客様時計相談室 ☎ 0120-78-4807
https://citizen.jp/collection/tetsudo_kaigyo/index.html

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ