string(38) "https://www.e-begin.jp/article/355692/"
int(1)
int(1)
  

革イイ2作

物価高の今こそ気になる! 3万円台のよくデキ靴大賞[本格靴入門編]
「革イイで賞」

革に一家言持つ靴じゃないと可愛く思えない!ってことで、良心価格と反比例する質を感じさせる力作を表彰。
 

編集部員&革博士&スタイリストが認定!

四方章敬さん

スタイリスト
四方章敬さん

ドレス分野の超敏腕スタイリスト。靴単体の魅力を見抜く力はもちろん、服と合わせたときの未来図も想像できるプロ中のプロ。

山田純貴さん

ライター
山田純貴さん

ビギン歴約30年の超ベテラン。革やカバン、靴に関する深すぎる知識から、部員&スタッフ一同から神のごとく崇められている。

編集部 タケイ

編集部
タケイ

これまでにビギンマーケットで紳士靴に触れてきてはいたものの、3人のなかではまだまだひよっ子。

Entry No.1【バーウィック】

Berwick バーウィック Uチップ4477BCVIBK
2万9700円

Berwick[バーウィック]
Uチップ4477BCVIBK

山田 デュプイ社の革だけあってキメが細かい。履き込んだときのシワには期待できそう。

四方 つまみ縫いが美しく、革質のよさを感じます。バスクシャツなど、オーソドックスなフレンチスタイルに合わせたい。

タケイ もはや3万円を切っていますが、このクオリティは3万円、いや5万円はしそうな高見え具合。

(伊勢丹新宿店)
 

カーフの最高峰との呼び声も高い仏の名門デュプイ社製

Berwick バーウィック Uチップ4477BCVIBK

編集部 タケイ

デュプイ社製でこのコスパ!(タケイ)

Entry No.2【パドローネ】

PADRONE パドローネ 7358‐2100
3万800円

PADRONE[パドローネ]
7358‐2100

山田 牛革なのにゴートやカンガルー革かと錯覚するほど風合いが柔らか。シボも均一で良質な革だなと。

四方 革質も加工も素晴らしくてシワまで美しく見える。だからこそ変化球な靴でもしっかり高級感があるんでしょうね。

タケイ オイルとワックスを駆使して履き込まれたような表情に仕上げているのが面白い。

(伊勢丹新宿店)
 

オイリーなのに艶もある!

オイリーなのに艶もある

四方章敬さん

シワすら美しく見える加工はホントに凄い!(四方さん)

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年10月号

Begin 2022年10月号

本格靴会議2022

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「本格革靴会議」の最新記事

良心価格と反比例する質を感じさせる「革イイで賞」2作

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ