アーバンリサーチ

一流日本人デザイナーが別注 本格靴

ドレッシーなレザーシューズもいいけど、たまにはちょい目線をチェンジ。世界も認める日本人デザイナーが別注した本格靴なら、休日オシャレにはイケてるんじゃないの! なぜこの靴を選び、どう別注したのか? そこんところもお伺いしていきます!

①「コレクションブランドの別注も手掛けるシューメーカーです」―ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ デザイナー 渡辺真史さん

BEDWIN&THE HEARTBREAKERS×DOUBLE FOOT WEAR ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ×ダブルフットウェア

BEDWIN&THE HEARTBREAKERS×DOUBLE FOOT WEAR
[ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ×ダブルフットウェア]

ダブルフットウェアの人気モデル、「ヘンドリック」をレースアップにて別注。ブルー×ベージュの斬新な2トーンアレンジは、いま注目のクラシカルなワラビー顔を、確実に差別化できる! マッケイ製法。3万5200円(ベドウィン&ザ・ ハートブレイカーズ)
 

「ワラビー顔を鮮やかな2トーンでフレッシュに」

BEDWIN&THE HEARTBREAKERS×DOUBLE FOOT WEAR ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ×ダブルフットウェア

ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ デザイナー 渡辺真史さん
ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ デザイナー
渡辺真史さん

Begin ダブルフットウェアってどんなブランド?

渡辺さん 靴の産地、浅草のシューズブランドです。スケートシューズのオーダーメイド職人だったデザイナーが、一足ずつ丁寧に生産してます。

DOUBLE FOOT WEAR ダブルフットウェア
(DOUBLE FOOT WEAR/ダブルフットウェア)

Begin どんなところが魅力?

渡辺さん 数々のアパレルブランドの別注を手掛ける実績はもとより、極力シンプルな作りで履きやすい。柔軟なオーダーメイドも魅力でしたね。

Begin 別注のポイントは?

渡辺さん クラシカルだけど目を引く、大胆な2トーンのスエードアッパー。それにボリューム感のあるクレープソールのアレンジも見所です。

②「得意とするアシンメトリーをさらにヒネリました」―エンジニアドガーメンツ デザイナー 鈴木大器さん

ENGINEERED GARMENTS×DR. MARTENS エンジニアド ガーメンツ×ドクターマーチン

ENGINEERED GARMENTS×DR. MARTENS
[エンジニアド ガーメンツ×ドクターマーチン]

定番の3ホール ギブソンを、両足とも向かって左側を外羽根に、右側をエラスティック&Dカンに。非対称な履き口仕様は、マーチンらしい反骨精神にもマッチ。加圧圧着式グッドイヤー製法。4万2900円(エンジニアド ガーメンツ)

ENGINEERED GARMENTS×DR. MARTENS エンジニアド ガーメンツ×ドクターマーチン

Begin なぜ左右非対称に?

鈴木さん エンジニアドガーメンツのシューズではお馴染みのデザイン。今回は一見シンプルに見えて、大胆なアシンメトリーとなっています。

③「本気スペックの無骨さを極厚ソールで加速させたかった」―ホワイトマウンテニアリング デザイナー 相澤陽介さん

WHITE MOUNTAINEERING×Danner ホワイトマウンテニアリング×ダナー

WHITE MOUNTAINEERING×Danner
[ホワイトマウンテニアリング×ダナー]

軍用ゆえの長丈だが、ジッパーユニットのアレンジによって着脱は簡単。ボリューム感はあるも、ゴロキシカットソールは軽量かつ丈夫で、使い勝手も◎。ステッチダウン製法。6万8200円(ホワイトマウンテニアリング)

WHITE MOUNTAINEERING×Danner ホワイトマウンテニアリング×ダナー

ホワイトマウンテニアリング デザイナー 相澤陽介さん
ホワイトマウンテニアリング デザイナー
相澤陽介さん

Begin すんごいボリュームですね!

相澤さん インラインにない軍用ブーツを基に、厚いビブラム・ゴロキシカットソールを使用。EVAミッドソールも特注で増量してるんです。

④「カスれてサビてくたびれた登山靴の凄みを表現しました」―ノンネイティブ デザイナー 藤井隆行さん

nonnative×GUIDI ノンネイティブ×グイディ

nonnative×GUIDI
[ノンネイティブ×グイディ]

ノンネイティブが型から別注。グイディとしては意外なマウンテンブーツのチョイスもさすが! 牛革よりも毛足が多く粗い、ホーススエードの無骨な雰囲気もたまらない。ノルウェイジャン製法。21万3400円(ベンダー)

nonnative×GUIDI ノンネイティブ×グイディ

Begin ユーズドじゃないですよね!?(笑)

藤井さん もちろん加工によるものです。グイディは履き込んだような製品染めも特徴。アイレットもユーズドのような風合いを出しています。

⑤「英国老舗のチャッカに色気をもたせたかった」―サイ デザイナー 日高久代さん

SCYE×Padmore&Barnes サイ×パドモア&バーンズ

SCYE×Padmore&Barnes
[サイ×パドモア&バーンズ]

程よくポインテッドなトウ、ちょい長丈の3アイレット、伊・コンセリア ザブリのスエードを用い、従来のデザートブーツとは異なる上品な佇まいに。ステッチダウン製法。4万700円(マスターピースショールーム)

SCYE×Padmore&Barnes サイ×パドモア&バーンズ

サイ デザイナー 日高久代さん
サイ デザイナー
日高久代さん

Begin もともとこんな型ありましたっけ?

日高さん じつはラストからアッパーのパターンまで、TO&CO.の若林さんが作ってくれたオリジナル。シャープなトウがエレガントでしょ? 

⑥「ありそうでなかった快適ベーシックな靴です」―ソフネット

SOPHNET.×COLE HAAN ソフネット×コール ハーン

SOPHNET.×COLE HAAN
[ソフネット×コール ハーン]

プレーントウのアッパーには程よい光沢のあるカウレザーを使い、カジュアルパンツからキレイめコーデにも万能な一足に。ゼログランドのソールも、つい足がのびる軽さと弾むような履き心地を誇る。4万1800円(ソフ)

SOPHNET.×COLE HAAN ソフネット×コール ハーン

Begin 定番的なプレーントウですね?

ソフネット のように見えるかもしれませんが、ベーシックなプレーントウ×ゼログランドの組み合わせは、コラボならではの仕様なんですよ! 

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年10月号

Begin 2022年10月号

本格靴会議2022

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ