array(34) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(15) "/article/26390/"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "I2f7fjkzxn3_2lhyrJzzRLuya58wZAOBD_CjPKKl0C-T0vtvB9zKlg=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 1812e89bb1ca19afd4131733a1457d85.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(13) "52.87.253.202"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(13) "34.195.252.97"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "42438"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/26390/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1547833157"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
あらためて見直そう! カーフ靴の基本メンテナンス術|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

カーフ、オイルドレザー、スエードにエキゾ革など、革靴と一口に言っても素材ごとにそのメンテナンス法は少しずつ違うんです。靴のアッパー素材別に基本のメンテ術を伝授。今回は、カーフ靴のデイリーケア~保管方法をご紹介します。

酷使を余儀なくされる靴は、ことにメンテが重要。ってことでビギンは、これまで何度も靴のメンテを取り上げてきましたが、その道の達人によると、まだ「じつは」な意外性ある秘術があるのです!

 

靴のアッパー素材別基本メンテ術

 

靴のアッパー素材別基本メンテ術

 

デイリーケア

汚れが目立たなければ、アッパーに馬毛ブラシを、コバ周りに豚毛ブラシかコバブラシを使いホコリ除去。ウエスで軽く磨くか、仕上げ用のブラシでブラッシングするだけでOK!

 

汚れセルフクリーニング

汚れセルフクリーニング

シューツリーを入れ、豚毛ブラシで砂などを落とし、必要ならクリーナーで汚れと古いクリームを除去。クリームを塗布し、ブラシでクリームを行き渡らせたら、ウエスで磨いて仕上げる。

ブートブラック「ツーフェイスプラスローション」は汚れを落としつつ、モイスチャー成分で潤いも!100ml。1200円。

 

雨の日プレメンテ

雨の日プレメンテ

外出前に防水スプレーを噴霧しよう。また、職場に1缶控えておくと、急な雨にも対処できる。なお「防水スプレーは革によくない」との噂があるが、皮革用を正しく使えば問題はない。

外出の約20分前に噴霧すれば、防水&防汚効果がUP!ブートブラック「ウォータープルーフスプレー」。180ml。1600円。

 

雨の日アフターメンテ

雨の日アフターメンテ

丸めた新聞紙(ティッシュでくるむとベター)を入れ、通気性のよい場所で新聞紙の上に置き乾燥。新聞紙は数度にわたり交換を。半乾きになったらツリーを入れ、数日の乾燥後、保革する。

 

アッパーやコバに傷がついたら

アッパーやコバに傷がついたら

カーフは同色のクリームで、コバはコバクレヨンで隠す。防水スプレーも、傷で目立った色の差を見えにくくする。オイルド革はワックスを塗り、傷に沿ってのばして、布で磨く。

コバインクよりも簡単&手軽にコバの補色&ツヤ出しができるブートブラック「エッジクレヨン」。ブラウンもあり。10g。800円。

 

保管方法

保管方法

ツリーを入れ、湿気を吸う紙の靴箱や湿気がこもりやすいビニール袋には入れず、そのまま部屋の隅の日が当たらない場所に置くのが、じつは理想的。もしシューロッカーに保管するなら、ときどき扉を開けて、中の湿気を取り除こう。

 

NG

保管方法NG

高級家具や楽器にも使われるメープル材で製作されたブートブラック コレクションズのシューツリー。英・スプリングライン社製。2万円。

 

(問)リファーレ
TEL.03-5768-1373
http://www.rifare.jp/

 

ワールド フットウェアギャラリー日髙竜介さん

ワールド フットウェアギャラリー
日髙竜介さん

メンテナンス達人

同店バイヤー。靴磨きが趣味だった母親の影響で靴好きになる。20年前、独自に鏡面磨き法を編み出すなどし、超絶メンテの先駆者に。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年1月号の記事を再構成]
写真/植野 淳 文/山田純貴 間中美希子 礒村真介 黒澤正人 スタイリング/佐々木 誠

facebook facebook WEAR_ロゴ