string(38) "https://www.e-begin.jp/article/368545/"
int(1)
int(1)
  

男が心酔してしまう男たちの酒

[歴史的業績の裏には名品あり!?]

政治や文字、アートからデザイン、音楽に芸能などなど、教科書に登場するような偉人が愛した酒をご紹介。今はなき彼らの偉大な功績を称えるとともに、それを支えた名品にも賛辞を。エピソードも伝記レベルな、“一生モノ語り”をどうぞ。

20世紀最高のジャズ・ポピュラーシンガーとなったフランク・シナトラ
ハードロックの帝王に君臨したレミー・キルミスターの一生モノは……

フランク・シナトラ
フランク・シナトラ

ジャック ダニエルブラック Old No.7

ジャック ダニエル
ブラック(Old No.7)

バーボンより手間のかかる製法でつくられるテネシーウイスキーの代表格として知られ、数々のミュージシャンから愛されてきたジャック ダニエル。英国の伝説的バンド「モーターヘッド」のレミーは、ジャックとコーラを7:3の割合で混ぜて24時間常に飲み続けていたとか。

絶世の美声で世を魅了したシナトラも、ステージ上でたしなむことがしばしばで、亡くなった際にはボトルとともに埋葬された。700ml。2805円。(アサヒビールお客様相談室)

ハードボイルド・スターの地位を確立した
ハンフリー・ボガートの一生モノは……

ハンフリー・ボガート

ドランブイ

ドランブイ

クールでニヒルな名俳優が愛したのは、1745年にスコットランドで誕生した、スコッチにさまざまなハーブやスパイスを配合したドランブイ。この酒が進むにつれて毒舌に磨きがかかり、行きつけのバーではドランブイの減り具合で彼が旅に出ているかどうかを判断したという逸話も。750ml。2750円。(サントリーお客様センター)

エレキギターの常識を覆したジミ・ヘンドリックス
英国首相としてWWⅡを終戦に導いたウィンストン・チャーチルの一生モノは……

ジミ・ヘンドリックス
ジミ・ヘンドリックス

ウィンストン・チャーチル
ウィンストン・チャーチル

ジョニーウォーカー レッドラベル ジョニーウォーカー ブラックラベル

ジョニーウォーカー レッドラベル(右)
ジョニーウォーカー ブラックラベル(左)

スモーキーな味わいで、世界でもっとも飲まれているスコッチウイスキーブランド。伝説的ギタリストのジミヘンは、40種類以上の原酒をブレンドしたレッドラベルのフリークで、バックステージに常備するほど。

無類の酒好きとして知られる宰相チャーチルは、12年以上熟成されたブラックラベルを愛飲し、朝起きるとまず水割りを一杯、さらに昼食時にもあおっていたそう。各700ml。(右)実勢価格1400円前後、(左)2700円前後(キリンビールお客様相談室)

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年9月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年9月号

Begin 2022年9月号

結局得する一生モノ

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「結局得する「一生モノ」」の最新記事

偉人の一生モノ列伝「男が心酔してしまう男たちの酒」

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ