アーバンリサーチ

スマホ料金

SIMフリーが定着し、キャリアに縛られない時代。料金を見直してお得に楽しみた~い!ってことで、スマホのプロ、石川 温さんに取材を敢行。最新事情やプラン見直しのポイント、話題のサービスを教えてもらいました。

スマホジャーナリスト 石川 温さん

スマホジャーナリスト
石川 温さん

「今こそプランを見直すべき!」
日経電子版の連載「モバイルの達人」ほかラジオパーソナリティも務めるなど様々なメディアで活躍。業界に精通するスマホの達人。

ちゃ~んとわかってますか? まず覚えよう
1.現代のキャリア最新事情

まずはキャリアの最新事情と料金についてサラッとおさらいを。転機となったのは2014年頃、3大キャリアから回線を借りて通信サービスを提供する「格安スマホ」(MVNO)が登場し、料金値下げへのニーズが高まります。

大手もUQモバイルやワイモバイルといったサブブランドで追従し、さらに菅 義偉官房長官(のちに首相)の「携帯料金引き下げ発言」もあって、その流れは加速。

2020年には第4の刺客として楽天モバイルがサービスを開始し、続いて3大キャリアもahamo、povo、LINEMOといったオンライン専用ブランドを次々リリース、群雄割拠のスマホ料金値下げ戦国時代に突入したってわけ。 

石川さんも「ここ2年で全体的に料金はすごく下がっているので、見直していない人は絶対に損してる!」と語るほど。

とはいえサブブランドやオンライン専用ブランドはギガに制限があることが多いので、まずは自分が毎月どのくらいデータ容量を使っているかを把握することが第一歩。

数ギガしか使ってないのに割高な3大キャリア、な~んて人は、「ただのスライムを倒すのにメラじゃなくて、メラゾーマやメラミを使っている」ようなもの(笑)。それってMPのムダじゃない!?

現代のキャリア最新事情

※1 その他、さまざまな格安スマホ(MVNO)も/mineo、OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、イオンモバイルなど
※2 第4勢力として登場。月々0~3278円の1プラン、手頃な価格で人気。ただ、使えるエアは「3大」に比べてまだ狭いのが実情みたい。
※3 ちなみにスライムのHPは5

自分の“ギガ使用量”を確認しよう
2.目安は“月20ギガを使っているか”
使ってなかったら、月額を安くできる可能性〈大〉

見直すとはいっても、具体的にどうすればいいの? そのとき目安となるのは、オンライン専用ブランドの多くが基準にしている「20ギガ」。

月々の使用量がそれ以下ならメラミやメラで十分、料金も5000円以上支払っていたら、通信会社やプランを見直すことで大幅に節約できる可能性アリ。ちなみに、高校時代からずっとドコモを使い続けているスマホ弱者、編集部セキグチの見直しケーススタディが以下。

選択肢は数々あれど、3大キャリアより後発の楽天モバイルはまだまだ使えるエリアが限られているし、格安スマホ勢は混み合う時間帯の通信環境が不安定……ってことで、やはり3大キャリアのサブブランドやオンライン専用ブランドに乗り換えるのが今、最も賢い選択といえるでしょう!

《docomo妄信》編集部セキグチの場合……

編集部セキグチ

高校から20年使っているんだから一番安いハズ。家族割もしているし……

現在の支払い
現在の支払い【月々7000円弱】

継続年数20年以上、家族割もしている、となれば、どう考えても現状の契約が一番イイと妄信。内心めんどくさいってのも、正直かなりありました(笑)。

1.ギガチェック

ギガチェック

えっ、月6ギガも使ってないの!? 使用ギガを見ると驚愕の6ギガ弱。えぇ~、こんなに使ってないの!?驚きでした。ってかDMM動画、いつ外で見たんだ(笑)!?

《Point》Wi-Fiがあるから、意外とギガを使っていないと気づくべき!

2.ってことはアハモでも全然余裕じゃん!

月6ギガ使用ならば、docomoのahamo(月々2970円)に変えても余裕。電話代(とDMMダウンロード)に気をつければ、確実に支払いが浮くゾ!

《注意》とはいえ、電話はLINEを活用するなどしないと危険!

3.つまり……

約7000円-約3000円
月々4000円お得に!!

4.年間4万8000円!? お得だなんて!

肉球レッドウイング
「肉球レッドウイング」買えるじゃ~ん♡

年間で考えると4万8000円くらい浮く♪ 「レッドウィングのアイリッシュセッターに肉球がついたよ♡」で気になったレッドウイング(4万2790円)も余裕で買えた……。一刻も早く見直さないと損するだけ!と確信しました(汗)。

これからフツウになる?
超上級ワザも一応知っとく

【ギガ活】
目指せ無料! お店やサービスの利用でギガをゲット

 
povoが提案する「新しいギガのチャージ活動」。ローソンやすき家などでauPAYを使って500円以上購入すると300MBもらえるほか、街なかやバーチャル空間でギガを探したり、サービスを利用すると抽選でギガが当たったり。これを使えば、夢の月額料金無料が実現できるかも!?
【デュアルSIM】
複数の通信会社を使い分けて月額1000円台も!?

 
一台のスマホに2枚のSIMカードを挿入し、通信の使い分けができる機能。最近では物理的なカードが存在しないeSIMも登場し、さらに一般的に。石川さん曰く「1ギガまで無料の楽天モバイルをどう組み合わせるか」も大事で、格安スマホを活用して2枚で月額1000円台なんて猛者も!

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年7月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年7月号

Begin 2022年7月号

スニーカー 新・レトロ主義

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「スマホのパワーアップ名品」の最新記事

大至急「月20ギガを使っているか」を確認!! 意外とスマホ料金で損してるかもよ?

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ