Begin Market

Ray-Ban レイバンのオリジナル ウェイファーラー カラーブロック

軽やか色&トランスペアレントフレームが夏カジュアルをお洒落アップ!

レイバンは、アイウェア史におけるエポックメイキングな名モデルがさまざま擁していますが、Beginでもおなじみの「ウェイファーラー(Wayfarer)」もそのひとつです。

1952年、ミッドセンチュリーデザイン(1950年代の米国で発祥した、近未来を志向するシンプル&機能的なプロダクトデザイン)のデザイントレンドから誕生した、このウェリントンシェイプ(丸みを帯びた逆台形リム)のセルフレームサングラスは、さまざまな顔だちに違和感なくマッチするうえ、そこにクールな表情をもたらすとあって、時代を超えて多くの人々に愛され続けてきました。ことにロックカルチャーとのつながりは強く、’60年代にボブ・ディランが自身のアイコンにし、’70年代にも多くのロックミュージシャンたちが愛用。’80年代になると映画「ブルース・ブラザーズ」で使用されたり、マイケル・ジャクソンも愛用したことで再ブレイクし、’90年代にはヒップホッパーたちの定番アイウェアになりました。

と、そんな永世定番サングラスがこのほど、リゾートやタウンライフにふさわしい鮮やかカラーになって、この夏を盛り上げてくれることに! その「カラーブロックコレクション(COLORBLOCK COLLECITON)」は華やぎを感じさせるカラーレンズ、トランスペアレント(英語で「透明な」「透き通った」の意)のセルフレーム、そしてそのフレームとマッチングカラーのグラスコードの3者が組み合わされたスペシャルな「ウェイファーラー」です。全5色が展開中で、うち4色では意外性あるトランスペアレントカラーを採用。残る1色は、レイバン公式オンラインストア限定のレッドフレーム×クリアトランジションレンズ(調光レンズ)タイプとなります。

昨年&一昨年の夏は例の感染症流行による行動制限でイマイチ気分が盛り上がりませんでしたが、今夏はその状況からようやく解放されそう。ということで「ビーチに!」「キャンプに!」「フェスに!」と、この夏をアクティブに楽しむためのアイテムとして、コチラをオススメする次第です。

Ray-Ban レイバンのオリジナル ウェイファーラー カラーブロック

いずれもが意外性あるバイカラーの全4色で展開中の「オリジナル ウェイファーラー カラーブロック」。写真上から/ブルー×レッド(トップ写真も)、グリーン×ダークグレー、レッド×サファイアブルー、パープル×オレンジ。各2万5080円。

Ray-Ban レイバンのオリジナル ウェイファーラー カラーブロック トランジションズ

コチラは、紫外線量に応じて色濃度を変化させることで、常に最適な明るさをキープするクリアトランジション(調光)レンズが採用された「オリジナル ウェイファーラー カラーブロック トランジションズ®」レッドフレームモデル。レイバン公式オンラインストア限定。3万8280円。

レイバンの
「オリジナル ウェイファーラー カラーブロック」 共通仕様

フレーム素材:アセテート
サイズ:スタンダード
レンズ縦寸:42.7mm
テンプル長:150mm
付属:ケース、クリーニングクロス

問い合わせ先/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス ☎ 0120-990-307
https://www.ray-ban.com/japan

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ