アーバンリサーチ

PENDLETON ペンドルトンのチーフジョセフ ブランケット

Pendleton(ペンドルトン)
150年以上続く伝統は今も色褪せることはない

昔も今も“ペンドルトン=あの柄”と誰もがパッと思いつく、まさに唯一無二の存在。ネイティブ・アメリカンとの関係構築や功績から“アメリカの良心”と賛辞され、その代表作が「チーフジョセフ」のブランケットです。

大首長ジョセフが永遠の不戦を誓い、その平和への想い・勇気・決断を称えて作られたのが始まりというエピソードも、オトコ心にグッと来るでしょ?

またブランケットのみならず、ファッションでも雑貨でも、伝統のネイティブ柄を用いると、馴染むどころかシャレ感がグッと格上げ。そんな不思議な魅力、もうタダモノじゃありません。
 

ネイティブ・アメリカンとの交流がペンドルトンの歴史を物語る

PENDLETON ペンドルトンのチーフジョセフ ブランケット

PENDLETON[ペンドルトン]
チーフジョセフ ブランケット

1877年、ジョセフ首長にちなんでチーフジョセフと呼ばれるブランケットが誕生。1920年代にお馴染みの柄で織られ、以降、実用的なアイテムとしてファンを魅了し続けている。W163×H203cm。5万3900円(エイアンドエフ)

フレンドリースコット
1928年以降、ブランドアイコンとして使われてきたビジュアル、通称“フレンドリースコット”

 

1920年代、自動車の登場によりブランケットが重宝される

PENDLETON ペンドルトンのチーフジョセフ ブランケット

PENDLETON ペンドルトンのチーフジョセフ ブランケット

柄研究

サンタフェ サキソニー
サンタフェ サキソニー

1860年代にメリノウールを使って発達した、ナバホ族のブランケットに着想を得た柄。

ノース スター
ノース スター

ネイティブ・アメリカンにとって重要な、信頼できる目印とされる北極星をイメージ。

ジェローム
ジェローム

先住民族に伝わる、伝統の幾何学模様がコレ。ペンドルトンでもメジャーな柄の一つである。

コヨアカン
コヨアカン

メキシコ先住民族のアートに着想を得て作られた柄。ナワトル語で「コヨーテの地」の意。

アローヘッド
アローヘッド

先住民族の間で生命や魂を意味する、アローヘッドを巧みに組み合わせた幾何学模様の柄。

キャニオンランド
キャニオンランド

本社で発見され商品化。ユタ州キャニオンランズ国立公園の荘厳な景観を反映したとされる。

アビキュー サンセット
アビキュー サンセット

女性画家ジョージア・オキーフも愛した、ニューメキシコ州アビキューの日没を描いた柄。

チーフジョセフ
チーフジョセフ

大酋長ジョセフを称えたブランケットの柄で、この柄自体は1920年にデザインされたもの。
 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年6月号

Begin 2022年6月号

靴&鞄ブランド大研究

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「傑作アウトドア事典 Ato Z」の最新記事

“アメリカの良心”と称されるペンドルトンの「チーフジョセフ」ブランケット

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ