WOOLMARK COMPANY

THE SCOTCH HOUSE ザ・スコッチハウスのFlowベスト

作業着っぽさとは無縁! 夏場の着るベストはコレがベスト!

真夏に向かって気温&湿度が上昇していく、この季節になると、熱中症対策を心掛けておきたいもの。たとえばエアコンに頼れない野外での活動では、風を送ってくれる小型ファンがあるととても助かりますね? とはいえ、ハンディファンは手持ちが鬱陶しく、ファン付き作業着は概してギア感が過剰なうえに、送風でプックリ膨れちゃうのがカッコ悪くていただけません。ということで、こちらのベストはいかがでしょうか?

スコットランド南西部の街グラスゴー出身の仕立て屋、ガーディナー兄弟が1839年、ロンドンのイーストエンドに店を構えたことから、その歴史が始まったザ・スコッチハウスは、スコットランドの民族衣装に使われていたタータン柄をファッションとして普及させ、さらにはツイードやニットの先駆的ブランドにもなったことでも知られる存在です。日本ではアパレルメーカーの三陽商会(1943年設立。本社:東京)が1973年以来、機能性とファッション性を追求する大人のカジュアルブランドとして展開してきました。

そのザ・スコッチハウスが、変わりゆく現代の生活様式を快適に過ごすことにフォーカスしたプロジェクト「New Normal lab. “纏う”(ニューノーマルラボ “まとう”)」をスタート。第1弾として、年々気温が高まっている日本の夏を涼しく&快適に過ごせるよう、コンピュータ周辺機器メーカーのエレコム(1986年創業。本社:大阪市)とコラボレートして開発したのが「“Flow”」シリーズの、この「Flowベスト」なんです。すなわち、これはエレコムの高機能USBモバイルファン「flowflowflow」をアタッチメントテープで装着することで、首元などに風を当てることができるというもの。ハンズフリーで使用できて楽チンですし、内側に送られた風でプックリとおデブなシルエットになることもなく、ファッション性を犠牲にせずに涼めちゃうってワケです。

例年に比して肌寒い日が多かった4月ですが、(天気予報が当たるのなら)5月は全国的に気温がグンと高くなって暑さが続くのだとか。となれば真夏を待たずとも、すでにこのベストの出番ありき。デートで、ショッピングで、キャンプ、ガーデニングで……と、さまざまなシーンでお役立ちする「Flowベスト」を汗かき暑がりクンにはもちろん、そうじゃない人にも!

ELECOM エレコムのflowflowflow

エレコム社の「flowflowflow」は、USB給電のリチウムイオン電池搭載充電式。独自のフレーム設計により、コンパクトながらも十分な風量が得られ(3段階風量調整可)、付属のネックストラップを活用することで、ハンズフリーで首元をしっかりと涼しくできる。また、本体背面のスタンドを立てることで卓上使いも可能。デスクワーク時にもお役立ちするのだ。

THE SCOTCH HOUSE ザ・スコッチハウスのFlowベスト Flowジャケット

写真手前/「Flowベスト」では首元に風が当たりやすいようノーカラーのデザインとし、未使用時のモバイルファンが収納できるポケットを装備。装着箇所は首の左・右、後ろ、脇下の左・右の計5か所で、それぞれにファン取り付け用アタッチメントテープが設けられている(仕様は下記参照)。写真奥/着心地軽快なシャツジャケタイプ「Flowジャケット」も同時発売。コチラは胸2か所、背中1か所の計3か所にアタッチメントテープが設けられている。生地は麻60%×ポリエステル40%。サイズはM、L。ベージュ、ブルー(写真)の2色展開。エレコム製モバイルファン「flowflowflow」1台付属。3万6300円。

ザ・スコッチハウスの
「Flowベスト」

生地:綿95%×ポリウレタン5%
サイズ:M、L
カラー:ベージュ、ネイビー
付属:エレコム製モバイルファン「flowflowflow」1台
価格:各3万4100円

問い合わせ先/三陽商会 カスタマーサポート ☎ 0120-340-460
http://www.thescotchhouse1839.jp/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ