WOOLMARK COMPANY

patagonia パタゴニアのライトウェイト・シンチラ スナップT・プルオーバー

Benza(便座カバー)
フリースの最先端はいつだってパタゴニアだ!

創業者イヴォン・シュイナード氏は探していた。ウールに代わる革新的な素材はないのかと。そこで白羽の矢が立ったのが、なんと便座カバー!! 当時便座カバーに使われていたポリエステル製パイル地がウールより軽く、速乾性に優れる点に目をつけたのです。

その後モルデン・ミルズ(現ポーラテック)とともに改良を重ね、フリース素材(通称シンチラ)が完成! しかし、ここで終わらないのが同社。石油由来の繊維が環境に与える影響を慮い、1993年に業界初となるペットボトルが原料のリサイクル・ポリエステル・フリースを開発。SDGsが浸透してきた今から30年も前に行動に移していたとは、アッパレ!
 

どこまでもエコ意識が行き届いた名品!

patagonia パタゴニアのライトウェイト・シンチラ スナップT・プルオーバー

patagonia[パタゴニア]
ライトウェイト・シンチラ スナップT・プルオーバー

日常で着やすい8オンスのライトモデル。リサイクル・ポリエステル・フリースに加え、胸ポケのフラップにはバギーズショーツのリサイクルナイロンを使用。1万4300円(パタゴニア日本支社 カスタマーサービス)
 

ご起源フリースは便座カバーを手本にした!?

patagonia パタゴニアのライトウェイト・シンチラ スナップT・プルオーバー
①便座カバーをヒントにしたパイルジャケット

patagonia パタゴニアのライトウェイト・シンチラ スナップT・プルオーバー
②フリースの前身となる“バンディング素材”を採用

patagonia パタゴニアのライトウェイト・シンチラ スナップT・プルオーバー
③アウトドア界初のペットボトル再生フリース

 

フワフワ♡の柔らかい肌触り

patagonia パタゴニアのライトウェイト・シンチラ スナップT・プルオーバー
ペットボトル再生フリース

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年6月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年6月号

Begin 2022年6月号

靴&鞄ブランド大研究

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ