コンバース

ピーコック魔法瓶のゲーミングタンブラーとゲーミングボトル

ゲーム中だけでなく、リモートワークなどにも活用できます!

休日、自宅にこもってゲーム三昧ってな人は少なくないはず。まっ、いまだ例の感染症流行が収まらぬなか、推奨される巣ごもり生活にゲームはもってこいの遊びですしね。ただし、ゲーム画面に集中しつつコーヒーを飲もうとして、うっかりキーボードにこぼしてしまった(!)なんてことになったら、それはもう大変。こんな悲劇、なんとしても避けねばイケマセン。

ということで老舗の魔法瓶メーカー、ピーコック魔法瓶工業(1950年創業。本社:大阪市)が、世界中で盛り上がりを見せているeスポーツのアスリートたちに向け、このほど開発したタンブラー&ボトルをぜひ有効活用して欲しいと思います。

トップ写真をご覧あれ。向かって左の「ゲーミングタンブラー」では、汗をかいた手でもつかみやすいエラストマー製グリップと、ヘッドセット装着時の使用も考慮した長めのストレートストローを装備。なので、モニターから視線を外さずに水分補給ができちゃうのですね。しかも円錐台形底カバーの採用により、安定感があって倒れにくいうえに、万一、転倒した際にも飲み物がこぼれ出にくい構造のフタも搭載。おまけに炭酸飲料にも対応できるので、たとえばビールを飲みながらプレイ……ってなお楽しみも可能です。

一方、その右にある「ゲーミングボトル」は、大会などで遠征する際の携帯用にできるタイプ。人間工学に基づいて、しっかりとつかめるよう設計されたシリコーン製グリップを備えていたり、スピード感最優先を考慮し、片手でクイックに立ち上げることができるストローが採用されていたりと、ゲームアスリートにとって大助かりの機能が満載です。ちなみに、両モデルともに真空断熱二重構造によって長時間の保冷が可能なうえ、結露の発生もないのもウレシいポイントです。

持ちやすくて、飲みやすくて、かつ安全に使える、このタンブラー&ボトル。ゲーム中の使用はもちろんですが、オフィスやリモートワークなどでも役立ちますので、「ゲームはやらない」という人にもオススメいたします。

ピーコック魔法瓶のゲーミングタンブラー ATX-R55

「ゲーミングタンブラー」は、長めのストレートストロー(ステンレス製ストローの両端にシリコーン製ストローを差し込んで使用する)、握りやすいグリップ、倒れにくい台形底カバーなどにより、モニター画面から視線をそらさずに水分補給が可能。フタとストローを外せば、ホット飲料にも使用OKで、その際に外側が熱くならないのも安心だ。W約9.1×H約16.4×D約9cm(ストロー含まず)。550ml。約310g。ブルーブラック、レッドブラック、グリーンブラック。実勢価格3850円。

ピーコック魔法瓶のゲーミングボトル AKX-R65

こちらは「ゲーミングボトル」。大容量&軽量なうえ、ハンドル付きの止水構造設計であるため、大会時でのプレイ中にはもちろん、外出時にもお役立ち。また、口当たりのいいシリコーン製のストローは未使用時、ボトルトップに格納でき、飲む際にはその根元のレバーを指で押すことで、クイックに立ち上げることができる。W約7.8×H約27.8×D約9.7cm(ストロー含まず)。650ml。約340g。ブルーブラック、レッドブラック、グリーンブラック。実勢価格4400円。

ピーコック魔法瓶の
「ゲーミングタンブラー ATX-R55」&「ゲーミングボトル AKX-R65」

問い合わせ先/ピーコック魔法瓶 お客様相談室 ☎ 0570-094891(9~12時、13~17時) ※土・日・祝・年末年始を除く平日のみ。
https://www.the-peacock.co.jp/gaming/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ