コンバース

蕎麦スス流 SOBA Su Su Ryu

Vol.79

西葛西駅やしま

海老天いか天そば
500円

やしま 海老天いか天そば

西葛西駅

千葉方面からの通勤の足として重要なのが東京メトロ東西線。車両に乗って都心方向へ向かうと荒川を渡る大きな鉄橋が見えてくる。その直前にあるのが西葛西駅。

ちなみに東京メトロ(地下鉄)とはいっても、西葛西から千葉方面はすべて高架鉄道で地下区間はない。

西葛西駅は東西線の西船橋延伸から10年後、1979年の開業とある。需要増にともなう新設だ。駅を新設するくらい勢いのある地域といえる。その勢いが今も衰えていないのは、朝夕の東西線の混雑具合からもうかがえるし、駅周辺に林立する高層住宅群の圧倒的な迫力からも実感できる。

西葛西駅 メトロセンター

江戸川・江東の湾岸あたりはそもそもが埋立でできた地盤が多く、そこに鉄道を通し、住宅を供給して開発した土地柄。そういった「新しい町」で住民に快適な生活を送ってもらうために欠かせないのがインフラとしての商業施設。ちょうどよいことに駅と線路の下には広大な高架スペースがある。ここを活用してできたのが「メトロセンター」で、西葛西駅の開業当時から存在し近隣住民に愛される商店街だ。

やしま

そしてその当時から40年以上にわたって存在するのが今回ご紹介するお店「やしま」。うまいと評判で、東京を代表する立ち食いそば屋のひとつといえる。

ちょっと風変わりな名前にひかれて「海老天いか天そば」を注文。ちょうどタイミングよく、茹でたてほやほやをいただくことができた。頻繁に茹でているから茹で具合のコンディションは良好。

やしま 海老天いか天そば

■そば:生めん茹でたて。細くて長い。コシあり。香あり。
■つゆ:昆布とかつおのマイルドなだし。ほのかに甘めな上品なカエシ。生めんのそばにとてもよく合う。
■天ぷら:揚げ置きで待たせずに提供される。海老は細めだがしっかりと風味あり。イカは歯切れ良く食べやすい。どちらもよく揚がっていておいしい。

やしま 海老天いか天そば

まずはつゆをひとくち含んでみる。だしの効いた柔らかい風味で、いくらでもごくごくいけるうまさがある。そしてそばはコシがありながらも表面がつるつるしすぎず、つゆに良く馴染む。海老天とイカ天はころもの揚がり具合がさらっとして、スルッと食べられる。ちょっとしたおやつ感覚でいただくのにもうってつけだ。なによりもそば・つゆ・天ぷら、全体のバランスがちょうど良い。まさに立ち食いそばの名店といえる貫禄の味わいだ。

やしま 海老天いか天そば

訪問時は昼どきで、あいにくカウンターは満席だったため、ちょっと横の歩道で歩行者の邪魔にならない場所を見つけて食べてみる。道ゆく人を眺めながらこうやって立って食べるのはじつに楽しい。

やしま

とくに電車に乗る用事がなくとも、そばだけを食べにやってくるお客さんが多そうだ。お年寄りのご夫婦が仲良く連れ立ってそばを食べる光景や、家族連れで小さい子供といっしょに食べるお父さん、若い女性のおひとり様といった、都心の立ち食いそばでは見られないお客さんが続々とやってくる。カウンター横の小さなテーブルと椅子にちょこんと腰掛ける小さいお子さんを見るとおもわず微笑ましくなる。

忙しい駅の人の流れのなかにある、ほっとしたひとときを温かいそばで過ごせる空間。40年という長い時間をかけて町の風景にみごとに溶け込んでいる。立ち食いそばこそ地域のインフラになくてはならない存在だと感じさせてくれるお店だ。

■DATA
住所:東京都江戸川区西葛西6-14-31 メトロセンター2番街
アクセス:東京メトロ「西葛西駅」徒歩1分(高架下)
営業時間:平日 6:40~21:00/土日祝 6:40~17:00
定休日:無休
評価:3点 ☆☆☆

※本記事は、2021年12月28日取材当時の情報です。

アプリ「蕎麦道なび」でも配信中! 「蕎麦道なび」のアプリはこちらからダウンロード!
※Google Android/iOS対応


情報提供・監修/ケビン(平林啓一)
オートバイに乗って900軒の立ち食いそば店を探訪。最盛期には年間300軒を食べ歩く。立ち食いそばチェーン店・個人経営店にかかわらず食す。また、生めん・茹でめん・冷凍めんにこだわらず、どれも大好き。

特集・連載「蕎麦スス流~SOBA SuSu Ryu~」の最新記事

まさに名店といえる貫禄の味わい。やしまの「海老天いか天そば」【西葛西】

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ