トゥミ=ビジネス鞄……な〜んて思ってるとしたら大間違い! “いつ、どこで使っても快適♪”を極めた「アルファ ブラヴォ」コレクションの黒デイパは、ONとOFF双方に利くスペックが全部入りした、言わば365日仕様。ここでは玄人でも黒デイパの決定版!と唸るであろうその実力を徹底解剖いたします。

【HIGH!スペックpoint①】
ミニマル顔ながら
使い勝手はマキシマム

“装飾性を控えたデザイン“と“多彩な機能”という、相反する要素を鮮やかに調和させた、「アルファ ブラヴォ」コレクションのコアモデル。なにかと擦れがちな両サイドポケットに、耐摩耗性に優れるラバーコーティング素材を用いるなど、痒いところに手の届くトゥミイズムが凝縮! 「ナヴィゲーション」バックパック/W35.5×H40.5×D18.5~25.5cm。7万3700円。

環境に配慮したリサイクル
バリステックナイロン

ガバッと開き
可視性◎のメイン室

ファスナー開閉式の
エクスパンダブル機能

ラゲージにセットできる
背面スリーブ

3Dメッシュを使用した
クッション◎の背負い心地

クイックアクセス!な
スマホポケット

リモートワーク率の上昇とともに自宅⇔会社の荷物量も増加し、今もっとも重宝する仕事カバンとして人気過熱中の黒デイパ。各社から続々と虎の子の黒デイパがリリースされていますが、並み居るライバルを押しのけて、玄人筋を“これ最強じゃね?”と驚嘆させているのが、トゥミの人気コレクション「アルファ ブラヴォ」です。
トゥミといえば、1975年の創業以来、機能美を突き詰めたカバン作りで 、主に“アルファ”コレクションをはじめとするビジネスバッグで耳目を集めてきました。……が、“汎用性ならこっちが上!”と、ビジカジ兼用カバンを欲すモノ好き諸氏の勘所をグイグイ突いているのが同コレクション。2010年の登場以来、“現代的なデザインと実用的なスタイル”というコンセプトをブレずに貫き続けながらも、マイナーチェンジを加えながら時代に即して進化し続け、2022年にはついに第4世代へと刷新。もとより強みであった、“どこに行っても何をしていても”力が、さらに磨き上げられることとなりました。
代表作であるこの「ナヴィゲーション」バックパックは、それを体感できる最良の教材。キモはやはり、ビズスタイルとも休日カジュアルともシンクロするミニマル顔と、その端正な顔つきからは想像もできないほど充実した幕の内スペックにあります。容量豊富かつ細かく荷物を仕分けられる多層構造のコンパートメントや、荷物量に応じてマチ幅を変更できるエクスパンダブル仕様。さらにはストレスフリーな背負い心地を確約する3Dメッシュクッションに、ラゲージとの接合が可能な背面スリーブ等々……。デイリーユースはもちろん、レジャーや出張まで=ライフスタイルを全網羅する機能が全部入り!
し・か・も、外装には工場等の製造工程で生じる廃棄物から作られたリサイクルバリスティックナイロンを、内装のライニングにもペットボトルから再生されたrPET素材を、各々100%使用するなど、サステナブルな物作りにまで注力してるんです。黒デイパが氾濫する乱世でもハッキリと断言いたしましょう。これ最強じゃね?

【HIGH!スペックpoint②】
ON/OFF問わず
7DAYS使える

“いかにもビズ鞄”じゃないミニマル顔のおかげで、ご覧の通りON⇔OFF双方のコーディネートにアジャスト。セットアップに合わせてもラフに見えないのに、反対にカジュアルに合わせても四角四面には見えない。この摩訶不思議な万能力こそが、玄人からブラヴォ!と称えられる要因かも。

個性豊かな
デイパバリエーション

「ロジスティック」バックパック/ロールトップタイプながら、サイドや背面からもメインコンパートメントにアクセスできる機能派。同コレクションの他モデルと同様に、クッション材で保護されたラップトップ収納(15インチ)も完備。W35×H42×D16cm。7万3700円。「ダイナミック」バックパック/荷物量がそれほど多くないユーザーには、サイドポケットを省略して、よりコンパクト性に秀でた今作がうってつけかも。W28.5×H41.5×D14cm。6万3800円。「サーチ」バックパック/反対に荷物量が多いユーザーに適しているのが、ミディアムラージサイズの今作。旅使いにも効果特大。W35.5×H43×D21cm。8万2500円。

【HIGH!スペックpoint③】
「TUMI+」をプラスして
自分専用にカスタムできる

「アルファ ブラヴォ」を筆頭とするトゥミのバッグに組み合わせて使用できる、アクセサリー類「トゥミプラス」も、ご覧の充実ぶり。自分のライフスタイルに合わせてちょい足しして、目指すは完全無欠の黒デイパ! Aジップ・アラウンド・ケース/W20.5×H11.5×D5.5cm。1万4300円。Bモバイル・オーガナイザー/W28×H15~37.5×D3.25cm。1万1000円。Cフォルダブル・モジュラー・ポーチ/W8.5×H10.25~20.5×D1.5cm。8800円。Dトゥミ・カラビナ/W8×H4×D0.75cm。7700円。Eスモール・モジュラー・ポーチ/W18×H3.75×D8.5cm。6600円。Fパッカブル・レイン・カバー/W17×H12.75×D3.25cm。1万1000円。

実践例①
~モバイル・オーガナイザー編~

本体をクルッとまとめて留められるオーガナイザー。モバイルと名乗っているものの、2つのファスナーポケットや4つのループを備えているので、使い道は多彩。Gフックを駆使すれば、「アルファ ブラヴォ」コレクションの黒デイパの内装にも素早く着脱可能。収納力を底増しするためのバッグインバッグとして使ってもよし。

実践例②
~ジップ・アラウンド・ケース編~

複数のファスナーポケットを設けたケースは、ガジェット類は言うまでもなく、上の通りグルーミングキットや洗面用具等、細かなコスメ類の収納にも効果◎。旅行時の強〜い味方に。Gフックでバッグ本体のデイジーチェーンにラクラク着脱できるのも嬉しいとこ。

実践例③
~フォルダブル・モジュラー・ポーチ編~

ライニングに防水加工が施されているので、ペットボトルや水筒、折りたたみ傘なんかの持ち運びにも対応する折り畳み式ポーチ。カラビナ付きだからバッグへの着脱もイージー♪

ミニバッグもめっちゃHIGH!スペック

「アルファ ブラヴォ」コレクションには、黒デイパと匹敵するほど秀逸なミニバッグ類があり。こちらの「プラトーン」スリングは、ガバッとL字に開くメイン室の他、折り畳み傘やペットボトルが入るフロントポケットも設けている。また、左右にDカンが設けられているので左掛けor右掛けも自在だ。W30.25×H15×D10.25cm。4万7300円。

問い合わせ先/トゥミ・カスタマーセンター☎0120-006-267
トゥミ公式オンラインストアはこちらから。

写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/黒澤正人 スタイリング/佐々木 誠

特集・連載「TUMI」の最新記事

トゥミの黒デイパは玄人も唸るHIGH!スペックだった

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ