string(38) "https://www.e-begin.jp/article/373172/"
int(1)
int(1)
  

Snugpak スナグパックのテントブーツ オリーブ

先端素材の採用により、ムレにくく、軽く、柔らかい履き心地を実現

英国中部ウエストヨークシャーに工場を構え、究極の環境下でも機能するアウトドアギアを製造しているスナグパック(Snugpak/1977年創業のブレット・ハリス社のブランド)。シュラフ(寝袋)がことに有名ですが、ほかにもテント、ハンモック、トレッキングジャケットなどのアウター、高機能アンダーウェアといったさまざまなアウトドアプロダクトを展開しており、英国軍やNATO軍などが同ブランドの製品を公式採用していることで、その品質の高さに信頼が寄せられているブランドでもあります。

そのスナグパックから11月23日に発売された「テントブーツ」は、冬キャンプにおけるテント内の足元を快適にしてくれるフットウェアです。柔らかく、肌ざわり心地よく、撥水性、透湿性、防風性を兼ね備える次世代型繊維「パラテックス ライト(Paratex Light)」を表地&裏地とし、縮毛加工の超極細ポリエステル繊維により軽量で、再膨張力にすぐれ、高い保温性をもつスナグパック独自の素材「ソフティー(Softie)」を中綿として全面に使用。これにより、靴中はつねにサラッと快適で暖かく、厳しく冷え込む夜間においても足の冷えをしっかり防いでくれます。

また、ロング丈だから膝下まで暖かく、室内履き専用とあってソールは薄くて柔らかく、ゆえに履き心地は超ソフト。限られたスペースでの作業においても動作の妨げにならず、テント内の作業をスムーズなものに。しかも、耐久性の高い素材を使用しながらもコンパクトに収納できるので、移動時の持ち運びにおいてもストレスフリーなのが大助かりです。

こうした冬のテントライフにお役立ちなのはもちろんですが、自宅用のルームブーツにするのもアリ。たとえば、リモートワークで「1日中、座って仕事してると足が冷えてツラい」という人にもオススメです。と、コレ1足があればキャンプでも、家ナカ時間でも足元はいつもホッカホカ。このキモチよさを一度体感しちゃうと、もうコレなしで冬が越せなくなるかもです。

Snugpak スナグパックのテントブーツ ブラック

ソフトな生地を使用し、ソールも薄く柔らかいから小さくたためて、その状態で付属の収納袋に入れれば持ち運びが楽勝だ。写真上のブラックのほか、オリーブもあり(トップ写真)。

スナグパックの
「テントブーツ」

表地:ナイロン(「パラテックス ライト」×420デニール・オックスフォードナイロン)
裏地:ナイロン(「パラテックス ライト」)
中綿:ポリエステル(「ソフティー」)
サイズ:S、M、L
重量:S=190g、M=230g、L=270g
カラー:ブラック、オリーブ
付属品:特製収納袋
価格:各6380円

問い合わせ先/ビッグウイング ☎ 06-6167-3005
https://www.bigwing.co.jp/
https://bigwing.shop/?pid=152581169

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ