コンバース

Traditional Weatherwear トラディショナル ウェザーウェアのヒートツイードシリーズ ロングコート

[待ち時間が結構寒い……][電車よりも車内が狭い……]
バス移動が基本の人にオススメなのは……

防寒性の高い、薄軽で暖かいアウター。待ち時間も快適で、体の負担も少ない。狭い車内でも嵩張りません。

【BEST ANSWER】トラディショナル ウェザーウェアのコート

Traditional Weatherwear トラディショナル ウェザーウェアのヒートツイードシリーズ ロングコート

Traditional Weatherwear[トラディショナル ウェザーウェア]
ヒートツイードシリーズ

渋めのブラックウォッチ柄ゆえ大人っぽく着られる。6万9300円、(トラディショナル ウェザーウェア 青山店)

裏面に吸湿発熱機能糸を使用したツイードコート。それゆえ防寒性は十分で、着用すれば意外や軽量。ナチュラルなストレッチ性があるため通勤時、長時間の着用も負担が少ない。

Traditional Weatherwear トラディショナル ウェザーウェアのヒートツイードシリーズ ロングコート

J.プレス オリジナルズのジャケット5万8300円(J.プレス & サンズ 青山)インディビジュアライズド シャツのシャツ2万6400円(メイデン・カンパニー)ユナイテッドアローズのタイ1万3200円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)ビームス プラスのパンツ1万9800円(ビームス プラス 原宿)パラブーツの靴7万1500円(パラブーツ青山店)マッキントッシュ×ポーターの鞄5万3900円(マッキントッシュ青山店)

《解説》

  • “発熱するツイード”ゆえ早朝バス待ちも寒くない
  • ツイードながら軽量で長時間の着用も負担小
  • 薄手でも暖かいから通勤スタイルもスマートに

【others】これらは休日のバス移動に便利

 

ライトなシエラ

SIERRA DESIGNS×BEAMS PLUS シエラデザインズ×ビームス プラスのニュー インヨーパーカ

SIERRA DESIGNS×BEAMS PLUS[シエラデザインズ×ビームス プラス]
ニュー インヨーパーカ

全体的にはクラシックな印象を踏襲しつつ、着脱式だったフードは収納できる一体型に、ポケットフラップと袖口はベルクロからスナップボタンに変更。フードも中綿入りで見栄えよし。4万1800円(ビームス プラス 原宿)

冬の防寒といえば、ダウンは外せない。加えて本作は薄めの設計で、車内で嵩張らず、立ち姿もスマートにキマる。

 

暖かいプリマロフトシャツ

FILSON フィルソンのHYDER QUILTED JAC-SHIRT

FILSON[フィルソン]
HYDER QUILTED JAC-SHIRT

着るほどに味を増すドライワックス仕上げの4オンスコットンを使用し、少々の雨ならへっちゃら。プリマロフトのシルバーインサレーションをたっぷりキルティングし、防寒性も非常に高い。3万9600円(アウターリミッツ)

休日サッと羽織れる薄軽シャツ型アウター。中綿入りで防寒性も高く薄いため、車内でも邪魔にならない。

【+α】ムレ防止にインナー使いしたい

 

適温Tシャツ

nanamica ナナミカの光電子シリーズとGoldwin ゴールドウインのRe-poseシリーズ

左/Goldwin[ゴールドウイン] Re-poseシリーズ
右/nanamica[ナナミカ] 光電子シリーズ

左/健康医科学の専門家監修のもと開発されたリカバリー用ウェア。柔らかいダブルフェイスボディを採用。7700円(ゴールドウイン 丸の内) 右/パイル素材で肌触りもよい「光電子」素材のロンT。1万6500円(ナナミカ 東京)

防寒性は高いが透湿性を備えていないアウターに合わせたいのが、コチラ。常に体温に近い温度に保温してくれるため、電車内でのオーバーヒート防止策としてうってつけだ。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年12月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「モノすごい機能で選ぶ冬の服」の最新記事

バス移動が多い人にベストな「機能性のある冬アウター」は?

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ