string(38) "https://www.e-begin.jp/article/360096/"
int(1)
int(1)
  

メローピープル アーキテクト

メローピープル アーキテクト

知る人ぞ知るツウなブランド、メローピープル。2017年に誕生した日本のカジュアルブランドで、トリップクチュールをテーマに、さまざまなフィールドで活躍するアイテムをつくっています。アウトドアテイストをブランド名通りにまろやかにしたベーシックなデザインが特徴で、全アイテムがこだわりの日本製。熟練の職人による高品質、かつ優れた快適性や機能性がウリというブランドなんです。

そんなメローピープルが、アウトドアスタイルを得意とするスタイリストの近藤有倫氏とコラボレート。「メローピープル アーキテクト」という新レーベルが誕生しました。スタイリストを“服の設計士”と捉え、ニューベーシックを提案。朝起きて、気付けば手に取ってしまっている、そんな服を目指しているのだとか。

スタイリストの近藤有倫氏
ファッションやアウトドアのメディアで活躍しているスタイリストの近藤有倫氏。

今回発売されたのは全4アイテム。ニューベーシックということで、カラバリはブラックオンリーというクールなコレクションになっています。注目は37.5テクノロジーという素材を採用したこと。アメリカのココナ社が開発した吸水速乾性に優れる繊維で、人間の理想的な深部体温37.5℃と、人間が快適と感じる湿度37.5%を維持するように働きかける機能性がキモです。

メローピープル アーキテクトの37.5テクノロジー
日常生活に必要な機能性を考えて選んだという機能性素材の37.5テクノロジー。

その秘密は繊維に練り込まれたミクロの活性粒子。暑いときは湿気をすばやく蒸発させ、寒いときは体の熱を放出しないようにすることで暖かさをしっかりキープ。さらに、汗を体液化する前に蒸発させたり、ニオイを閉じこめて洗濯時に放出する機能もあったり、至れり尽くせり。数ある機能性素材の中でも、これぞ高温多湿な日本の気候にぴったりな素材ではないでしょうか。原料は火山灰などの天然資源なので、イマドキのサスティナブルな考えにもマッチしているというワケです。

さて、トップバッターで紹介したいのはコックジャケット。ミリタリーのコックジャケットをモチーフに、ダブルの前立てをシングルへアレンジ。小さめのラペルが付いた2ボタンで、ビジカジがOKな職場なら問題なくハマりそうです。ボタンを上まで留めるとマオカラーになり、違った気分も味わえちゃいます。

メローピープル アーキテクトのコックジャケットコックジャケット3万800円

お次のスナップティーは、もちろんアウトドアの定番アイテムが元ネタ。37.5テクノロジーを使用し、オールブラックで統一したためアウトドアっぽさはあまり感じられませんが、機能性はお墨付き。TOPを問わない万能トップスといえるでしょう。

スナップティー2万4200円

ダブルニーパンツはその名の通り、アウトドアやワークを彷彿とさせるダブルニーのディテールを採用。クライミングパンツでお馴染みのガゼットクロッチや、深めにデザインされた大容量のバックポケットなどのおかけで毎日がラクチンです。

ダブルニーパンツ1万9800円

そして、最後に紹介するのがアルパイン5ポケットパンツ。登山用パンツのパターンを拝借し、5ポケットという王道のスタイルでアレンジしました。あえてスリムなシルエットにすることで、ワイドが主流の今に対して新鮮な印象をアピールします。

アルパイン5ポケットパンツ1万9800円

4つのアイテムを組み合わせることで、さまざまなシーンに対応できるメローピープル アーキテクト。どれも普遍的な魅力に満ち溢れているので、ニューベーシックなスタイルに活躍してくれること必至です!

 

(問)メローピープル
https://slowtempo.online/collections/mellow-people

※表示価格は税込み


文/トライアウト

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ