WOOLMARK COMPANY

MYSTERY RANCH ミステリーランチのアーバンアサルト 21 DPM カモ

ラギッドな森林パターンの迷彩をスタイルの仕上げに!

森林消防隊やハンター、プロ登山家らも御用達のワーク&アウトドアパックのブランド、ミステリーランチ(MYSTERY RANCH/2000年、米国北西部モンタナ州ボーズマンにて創業)は2004年以来、ネイビーシールズ(米国海軍特殊部隊)のミルスペック・パックを手がけるなど、ミリタリーの分野とも浅からぬ関係をもってきました。

そのミステリーランチがこのほど、人気の7モデルにDPM カモを取り入れたコレクションを発表しました。これは1960年代初頭に英国でデザインされ、英国軍の特殊部隊が最初に採用し、’68年には英国軍の標準迷彩に指定されたという歴史をもつ、由緒正しき(?)カモ柄。世界で最も有名な迷彩のひとつとして知られております。ちなみにDPMとは「Disruptive Pattern Material」の略称で、直訳すると「破滅的なパターン素材」という意味。なんかめちゃ強そうな素材って感じ、しますよね? で、今回、ミステリーランチが採用したのは、そのDPMの中でも最も標準とされているブラック×ブラウン×サンド×グリーンの組み合わせ。これは森林対応パターンとのことです。

前述したとおり、7モデル(バックパックやショルダーバッグなど)にこの柄が採用されたワケですが、ここではミステリーランチの本懐ともいえるバックパックのうち、街使いにちょうどイイ容量&サイズ感の「アーバンアサルト 21」(トップ写真)をイチオシしましょう。ミステリーランチ独自の3Wayジップが採用されたモデルで、Y字の交錯する位置からジップを引き上げると上部の被せ部分が開き、さらにセンターのジッパーを引き下げればコンパートメントがフルオープン。奥に収めたモノとか大きな荷も楽勝で取り出すことができる、使い勝手の良いパックです。しかもミリタリーのエッセンスを備えつつ、PC&タブレット用スリーブや、アダプターなどを収めるのに重宝なインポケットなどイマドキなニーズにもしっかり応える機能を併せ持つ傑作モデルなのです。

世の迷彩好きにとり、なんともウレシイ、この「アーバンアサルト 21」のニュー・バージョン。DPM カモが醸し出す「これぞ、ザ・カモフラ!」なカッコ良さはハンパなく、使いやすさと堅牢性も相まってキャンプやライト登山などにはもちろん、都会のジャングルでのサバイバル(?)でも超オススメです!

MYSTERY RANCH ミステリーランチの2 デイアサルト 21 DPM カモ

コチラは「2 デイアサルト」のDPM カモ・バージョン。「アーバンアサルト 21」(トップ写真)よりひと回り大きいタイプで、モールシステム(ポーチなどを取り付けるための規格)などのミリタリー由来のディテールは残しつつ、PC用のフローティングスリーブ(底面を高い位置に設け、バッグを床に置いた際の衝撃からPCを守る構造の収納部のこと)などを搭載し、街使いに適った仕様になっている。W30×H53×D28cm。27L。1.4kg。2万9700円。

ミステリーランチの
「アーバンアサルト 21 DPM カモ」

メイン外装素材:500デニールコーデュラナイロン(表面:高耐久性撥水加工 裏面:PUコーティング加工)
後ろ身頃素材:高通気性「エアロスペースメッシュ」
ジッパー:YKKウレタンコートジッパー
収納部:3Wayオープン式メインコンパートメント1室(最大15インチのラップトップPC収納に対応するフローティングスリーブ1室、オープン式大ポケット1室、ジップ付きアクセサリーポケット2室内蔵)、ジップ付きトップポケット1室
サイズ:W25×H51×D22cm
容量:21L
重量:0.9kg
価格:1万9250円

問い合わせ先/エイアンドエフ ☎03-3209-7575
https://www.mysteryranch.jp/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ