シップス×Begin

洗濯用洗剤「アタック」などで知られる「花王」が、2021年春に発売した「サクセス24」のフレグランスワックス。その特徴は朝から夕方まで髪にタッチするたびに、ほんのり甘い爽やかなフルーティフローラルの香りを実感できるということ。しかし、このワックスの開発には部署をまたぐ多くの花王社員のアイデアと努力が必要となったわけで……。

そこで今回は連載初、一度に2人のビギニンに登場してもらい、開発から発売までのエピソードを語ってもらいます。前半ではブランド担当者 上田 紘暢さんから伺った“髪にタッチするたびに香るワックス”のコンセプトにたどり着くまでをご紹介。後編では、そのアイデアを実現させた“香り”の研究員 粕尾 優衣さんから伺った開発秘話と、最後に大人気美容室「AFLOAT」直伝小顔見えが叶うワックスを使ったヘアスタイリング術などもお伝えしたいと思います!

前編はこちら

今回のビギニン


花王 サクセス24 プロジェクトチームの2人

左:花王株式会社 研究開発部門 感覚科学研究所 粕尾 優衣さん。入社4年目。神奈川県出身。趣味は料理本片手にレパートリーを増やすこと。最近はスパイスから作るバターチキンカレー作りに夢中。
右:花王株式会社 コンシューマープロダクツ事業部門 上田 紘暢さん。入社8年目。大阪府出身。硬式テニスをして汗を流すのが休日の定番。練習後のシャワータイムに良いアイデアが浮かぶんだとか。

struggle:
わたし史上、一番男性について考えた日々

粕尾さんは、花王製品「メリット」のシャンプーを使った際、「化学の力によって生活が支えられているのだ!」と気づき化学の魅力にどっぷりハマることに。大学時代には、界面活性剤の研究に没頭し、現在は同社で香りの研究に従事。「サクセス24」のフレグランスワックスのプロジェクトチームには、香り開発の主担当として参加しています。

「開発は、男性の香りの嗜好を知ることからはじめました」

ターゲット世代の男性が香りについてどう思っているかの意識調査や男性向け製品の香りトレンドなどを徹底的に実施。粕尾さんは、シーン別に分けて男性の香りの嗜好を研究されたんだそう。

一番難しかったポイントは、“時間が経ってもふわっと程よく香る”という上田さんからのオーダーに応えること。

一聴すると「香りを強くすればいいのでは?」と解決策を提案したくなる問題ですが、それだとワックスを髪につけた直後の香りが強すぎてしまい、“一日中の清潔感”を提供するというブランドの軸とずれてしまいます。加えて、短髪の人が多い男性は髪と鼻の距離が比較的遠く、自分の髪の香りを感じる機会が少ないという事実にも直面。

「開発期間中は、わたし史上で一番男性について考えていたと思います(笑)」


「まず、男性がワックスを使用したときにどの場面でどのくらい香っていれば、本人実感として「ふわっとさりげなく香る」と感じるのかということを検証し、スタイリングしてから日中、夕方に至るまでの香り方を設計しました」

ただ、時間が経っても「ふわっとさりげなく香る」と本人が実感できる香りを実現できるまでは、毎日がトライアンドエラーの繰り返しでした。

「正直、かなり苦戦しました。でも、良いものを作るために諦めるわけにはいかないと……。気合いを入れました!(笑)」

そして、考案したのが同社の新技術「アロマスイッチテクノロジー」。香りの構成成分から独自設計することで実現されており、髪をタッチした際ワックスの中に閉じ込めた香りがふわっと漂います。

「気分を変えようとお風呂に浸かっていても、つい香りのことを考えてしまって大変でした」と笑う粕尾さん。その後も、創作した香りを実際にワックスに配合して経時での香り方を評価して、香りを微調整するということを繰り返し挑戦し、ついに「アロマスイッチテクノロジー」を搭載したフルーティフローラルという最高の香りにたどり着いたのです。

reach:
タッチしてフワッ!優しく香るワックス

出来上がった香りは、“どこか安心できる甘さ”と“気分をリフレッシュさせてくれる爽やかさ”を兼ね備えたユーザー思いの香り。ベリーやアプリコット、そしてグレープフルーツなど数十種類の香料素材を配合してできています。

「満足のいく香りになり本当に良かったと思います。これからも、研究者目線のみではなく、“お客様にとって本当に良いモノを作る”ということを大切にして開発努力を続けていきたいです」

粕尾さん渾身の香りを使用してできたワックスは全部で3種類。どのワックスでも日中に心地よい香りを感じられるようにの香りの成分はそれぞれ調整されています。1つの香りで統一するからこその手間が存在し、粕尾さんも「改めて、同じ香りにするのは難しいなって思いました。」と当時を振り返られていました。

3種類のワックスは、髪の毛の長さや毛質によって使い分けることが可能。もちろん使い心地も抜群で、ユーザーからは、「スタイリング後の嫌なベタベタ感がなく、ホールド力もかなり高い!」と好評です。ブランド担当者を務める上田さん、インタビューの最後にこれからの抱負を語ってくださいました。

「いま、やっとスタートラインに立てたという気持ちです。このワックスを多くの人に知ってもらい、サクセス24をお客様の生活に寄り添えるようなブランドに成長させることができたらと考えています。」

「AFLOAT」直伝!小顔効果が狙えるワンポイントスタイリング術

全国に6店舗の系列サロンを展開している、大人気美容室「AFLOAT」の協力を仰ぎ、タイプ別のスタイリング法を紹介している同社。取材時、上田さんのヘアスタイルはビシッとキマっていてステキでした。聞いてみると、ピンク色のパッケージの「マットハード」タイプを使ってスタイリングされているとのこと。

「“AFLOAT”では、お客さんから小顔に見えるスタイリング方法をたくさん聞かれるそうなんです。私も教えてもらい、今日も実践しています(笑)。」

わたし(筆者)も「小顔に見せたい!」ということで、その術を上田さんから伝授してもらうことに。小顔効果の鍵を握るのは、こめかみ部分の毛の扱い方なんだそう。

使用するワックスの量は、100円玉くらい。手のひらにまんべんなく伸ばしたら、髪全体にぐしゃっと馴染ませます。この時、前髪にワックスをつけないのがポイント。手に残ったワックスで最後に前髪を整えます。

「小顔に見せるポイントは、こめかみの部分の毛をピタッと押さえてセットすることです。頭のてっぺんの髪の毛を少し盛ると、なおさら効果が高いらしいです。」

なるほど。思いのほか簡単に小顔になれるというわけですね。教えていただいた通りにわたし(筆者)も実践してみると、いつもより心なしか小顔になれた気がしました! ワックスは伸びがよく扱いやすいので、簡単にスタイリングできたのも嬉しかったです。ぜひ、みなさんも一度お試しあれ。

サクセス24
フレグランスワックス

髪に触れると香りを感じる自社開発の「アロマスイッチテクノロジー」を採用。その効果により、朝から夕方まで日中の清潔感を演出できる。香りは、ほんのり甘い爽やかなフルーティフローラル。ワックスの種類はキープ力やツヤ感などで違いのある「マットハード」・「グロッシーハード」・「エアリーミディアム」の3種類。香りは共通。ともに80g 各1,408円(税込)

(問)
花王消費者相談室
☎0120-165-694
https://www.kao.co.jp/success/products/success24/hairwax/

写真/宮前一喜 文妹尾龍都

特集・連載「ビギニン」の最新記事

タッチしてフワッ♡ 一日中香り続けるワックスを開発したビギニン[後編]【ビギニン#07】

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ