wook vol.7

アシックスランウォークシリーズのアシックスランウォークリード ローファー ♯1231A161

やさしい履き心地とスムーズな足運びを提供する高機能ローファーです

1970年代後半のランニングブームに続き、1980年代前半、ランニングより身体への負荷が少ない健康法としてウォーキング人気が起こり、ウォーキングシューズというカテゴリーが生み出されました。聞けば、アシックスも1983年からウォーキングシューズを展開していたとかで、歩くための機能シューズについても、同社は長年にわたりノウハウを培ってきたのです。

その成果のひとつが、1994年にスタートした“走れるビジネスシューズ”の「アシックスランウォーク(ASICS RUNWALK)」シリーズです。昨年(2020年)8月には、同社のスポーツシューズに採用されている機能を多く取り入れたうえで、多様化するワーク&ライフスタイルに対応できるようモダナイズが図られた最上位ライン「アシックスランウォークリード(ASICS RUNWALK LEAD)」も導入。その第1弾はプレーントウタイプでしたが、このほど、春夏の足元にふさわしいローファーが登場です!

アウトソールに衝撃緩衝機能「ゲルテクノロジー」と「トラスティック」構造を搭載したことで、高いクッション性とやわらかい履き心地を高めつつ、歩行時のシューズの過度なねじれを抑えて安定した歩行を実現。ミッドソールにはクッション性と反発性にすぐれた独自開発のスポンジ素材「アンプリフォーム」を全面採用し、中敷きではパンチング加工により、通気性を高めています。

と、スポーツシューズ顔負けの多機能ぶりであるわけですが、一方、アッパーに使われている肌目繊細な上質キップレザーがやさしいフィット感をもたらしつつ、この靴全体をドレッシーで品あるたたずまいにもしております。

スニーカー慣れで「今さら硬い革靴を履くのはシンドい」というビジネスマンに絶対イチオシのコチラ。ローファータイプとあってオンではスーツともジャケパンとも相性良く、しかも春夏の大人カジュアルの足元にも秀逸マッチ! クセになるほどに快適な履き心地に加え、この履き回しの良さもあって大助かりするコレは、費用対効果ハンパなしの1足なのです!

アシックスランウォークリード ローファーのソール

前足部の周囲、および踵(かかと)部の周囲に、歩行動作に適った形状&大きさで衝撃緩衝機能「ゲル」テクノロジーを搭載したことで、高いクッション性とやわらかい履き心地を実現。一方、中足部では「トラスティック」構造が歩行時のシューズの過度なねじれを抑え、スムーズで安定した足運びをサポートする。

「アシックスランウォーク」シリーズの
「アシックスランウォークリード ローファー ♯1231A161」

アッパー素材:キップレザー
アウターソール:合成底×ゴム底
サイズ:24.5~29.0cm(0.5cm刻み)
カラー:ブラック×ストーングレー
製造国:日本
価格:4万9500円

問い合わせ先/アシックスジャパン お客様相談室 ☎ 0120-068-806
https://walking.asics.com/jp/ja-jp/mk/runwalk_lead

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ