Begin wook vol3 配信

ソロキャンプ七つ道具

デイパにスッポリ♪ではじめる
ソロキャンプ七つ道具[テント編]

某ピン芸人の動画が話題になったりドラマなんかでフィーチャーされたりと、最近何かと気になる「ソロキャンプ」。「他の人を気にする必要がなくて気楽なんです」とスタイリストの近澤さんは語ります。

「キャンプと言えば大荷物で車必須と思われがちですが、ソロならオーバーナイトだってデイパでOK! 最近はどんなギアもコンパクト化が著しく、普段使いの35リットルデイパさえあれば電車→バスでサイトまで楽々行けちゃうんです」。

例えば定員2名のゆったりテントの他、野外でテント泊するために必須の七つ道具を揃えてもご覧の通りデイパにスッポリ♪ あとは随時、現地のアクティビティに応じて必要なものを加えていけば、誰にも邪魔されない一人の時間が存分に堪能できちゃいます!

スタイリスト 近澤一雅さん

スタイリスト
近澤一雅さん

小誌のアウトドア特集で毎回凄腕を発揮するスタイリスト。服飾はもちろんアウトドアへの造詣も深く、テン泊はもっぱら仕事でとか。

 

七つ道具がデイパにスッポリ♪

mont-bell モンベル デイパ
モンベルのデイパ4800円(モンベル・カスタマー・サービス)

1.テント

MURACO ムラコ ラピードX 1-2P
金属加工工場のプライドを積んだ盲点グレーが周囲を出し抜く!

MURACO[ムラコ]
ラピードX 1-2P

0.01mm単位の精密さを追求する、金属加工の工場から生まれた気鋭ブランドのテント。居住性と耐久性をバランスよく追求した。使用時W255×H120×D220cm。収納時W49×H19×D16cm。4万8000円(シンワ ムラコ事業部)

2.寝袋

Hilander ハイランダー ダウンシュラフ400
ハイフィルパワーだからなし得るコンパクトでも3シーズン対応

Hilander[ハイランダー]
ダウンシュラフ400

680gと軽量ながら650FPのダウンは保温力抜群! 使用時W80×H210cm。収納時Φ16×W32cm。9090円(ナチュラム)

3.ライト

GOALZERO ゴールゼロ ライトハウスマイクロフラッシュ
遠くも近くもしっかり照らす一台二役のコンパクトボディ

GOALZERO[ゴールゼロ]
ライトハウスマイクロフラッシュ

側面のLEDの他、懐中電灯のようにヘッドも点灯。ランタン&ヘッドライト代わりに活躍する。Φ37.75×H93mm。3900円(アンバイPR)

4.テーブル

SOTO ソト フィールドホッパーL
開けば自動で組み上がるA3サイズのローテーブル

SOTO[ソト]
フィールドホッパーL

A3サイズのテーブルは縦半分に折り畳み可能。飛び出す独自構造で組み立ての手間もなし。使用時W42×H11×D29.7cm。収納時W42×H3×D15.5cm。9500円(新富士バーナー)

5.マット

NEMO ニーモ フライヤー レギュラーマミー
エアとフォームのイイとこ取りで野外でも雲上!?の睡眠

NEMO[ニーモ]
フライヤー レギュラーマミー

フォームパッドのような弾力性、膨らますとエアパッドのような厚みを兼備。軽量で携行しやすいのに寝心地は◎だ。使用時W51×H183×D5cm。収納時Φ17×W25cm。1万1000円(イワタニ・プリムス)

6.ガスバーナー

SOTO ソト マイクロレギュレーターストーブ
華奢に見えて安定感バッチリだから料理がメッチャしやすい!

SOTO[ソト]
マイクロレギュレーターストーブ
FUSION Trek

シンプルなデザインながら、耐風性能の高いすり鉢状の火口や小さく収納可能な3本の五徳など、必要十分な機能を搭載。9000円(新富士バーナー)

7.クッカー

PRIMUS プリムス イージークックNS ソロセットM
重ねる浅&深ワンセットなら夕食も朝食もお手のもの♪

PRIMUS[プリムス]
イージークックNS ソロセットM

900mlと400mlのクッカーセット。中にガスカートリッジがすっぽり収まる。収納時Φ12.5×H14.5cm。3600円(イワタニ・プリムス)

お一人テント泊がもっと楽しくなるコツ

 

周囲を気にせず寛げるソロ人気のキャンプ場を選ぶ

滝沢園キャンプ場
滝沢園キャンプ場

最寄りのバス停から徒歩10分で、神奈川は丹沢の大自然を楽しめるこのキャンプ場は、知る人ぞ知るソロキャンプの聖地。一人でまったり過ごすには格好の穴場だ。

滝沢園キャンプ場
川沿い/林間で選べるフリーサイトは1泊1100円(税込)。車の場合は別途要駐車料。
住所.神奈川県秦野市戸川1445
☎ 0463-75-0900

 

スマホをオフして名作片手に星空観賞

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』

せっかく大自然のなかに身を置くなら、スマホは電源オフにしてデジタルデトックス♪ 例えば宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』片手に、満天の星観賞なんてどう?
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2021年3月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「アクティブ「はじめる」七つ道具」の最新記事

車がなくたってテント泊も超余裕! ソロキャンプ七つ道具[テント編]

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ