wook vol.11

パタゴニア patagonia メンズ・SSTジャケット

春秋はもちろん冬でもカッコよく着られるシェルを考えた
ちょうどいいビッグがインナーIN時にカッコいいシルエットを保つ!

シェルとあったかインナーの組み合わせは、冬に実践する人も多いはず。ただ街着にしてはちょっとパツって見えることも……。

そこで冬のレイヤードでもカッコよく、秋と春にサラッと羽織っても大きすぎない、ちょうどいいシェルの身幅をリサーチ。Mサイズ相当のインナーダウンとシェルで数値を導くと、こちらのシェルで間違いなしです!
 

オールシーンで短丈ビックの最旬シルエット

パタゴニア patagonia メンズ・SSTジャケット

patagonia[パタゴニア]
メンズ・SSTジャケット

フィッシングシェル、ウェーディングジャケットの定番。それゆえ短丈で身幅が広めなのが特徴。このシルエットが着膨れしにくく、今のファッションにもピッタリ! 裾からのレイヤード感もこなれて見える♪ 5万4000円。(バンブーシュート)

【point】手持ちインナーダウンの身幅+5~13cmのシェルを選ぶ

パタゴニア patagonia メンズ・SSTジャケット

 

インナーダウンなし

パタゴニア patagonia メンズ・SSTジャケット
身幅64cm

 

インナーダウンあり

パタゴニア patagonia メンズ・SSTジャケット タイオン TAION Vネック インナーダウン
身幅64cm

 

今季大人気のインナーダウン

タイオン TAION Vネック インナーダウン

TAION[タイオン]
Vネック インナーダウン

仰天コスパで注目を浴びるタイオンのベストセラー。650フィルパワーのダウンを使い、なんと3900円! デザイン、シルエットもオーソドックスで使いやすい。身幅52cm。(タイオン)
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2021年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「秋冬春の3シーズン使えるアウター探しました」の最新記事

インナーダウンを着ても、着膨れせず美シルエットを保てるシェルはコレ!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ